年始に当ブログの読者のごまさんからいただいていたコメントに対して、後日回答としていた決算跨ぎ(1泊2日)投資法について書きます。


決算跨ぎ(1泊2日)投資法とは、原則、決算発表当日に株式を買って(または空売りして)、決算が発表された翌日にその株式を売却して(または空売りを買い戻して)、利益を得る投資手法です。

決算発表当日のみでほしい株数を集められなさそうなときは、数日前から買う場合があります。


株価が上昇するために必要な条件はいくつもありますが、代表的なものをあげて挙げておきます。

・業績予想の上方修正(※上振れ着地)
・四季報独自の業績予想を上回る
・前年同四半期比増収
・前年同四半期比増益
・前四半期比増収
・前四半期比増益
・増配
・四季報独自の配当予想を上回る
・株式分割
・自社株買い

上記のすべての条件を満たした決算が発表された場合は、その翌日にはほぼまちがいなく株価は上昇します。

さすがに上記すべての条件を満たす決算を事前に予想することは非常に困難なことですが、4~6個を満たす決算であればなんとか見つけることはできると思います。

満たしている条件の数が多ければ多いほど、翌日に株価が上昇する確率は高くなります。


その逆もしかりです。

・業績予想の下方修正(※下振れ着地)
・四季報独自の業績予想を下回る
・前年同四半期比減収
・前年同四半期比減益
・前四半期比減収
・前四半期比減益
・減配
・四季報独自の配当予想を下回る



とにかく決算によって株価の変動率が急激に上がるため、うまくいけば短期間で大きくお金を増やすことができます。

その逆でダメならあっという間にお金は減りますが…

また、時間軸が1泊2日の超短期であるため、すぐに投資した結果がわかるという利点があります。