紅の鹿の日記

金と女と自由と名声を手に入れられる飛行艇乗りになるために、飛行艇購入資金・操縦訓練費用・当面の生活費として資産2億円を目指す奮闘記です。「株式投資をしない鹿は、ただの鹿だ」

株主優待株

フジオフードシステムの株主優待が到着

一昨日、フジオフードシステムの株主優待が届きました。
(フジオフードの株式は先月に売却済みですが・・・)


フジオフードの株主優待は3,000円相当の自社商品リストの中から好きなものを選ぶ選択制です。

リストを見たところ、なかなか良さげなものが揃っています。



2014-09-13-10-45-28



なんと、今回から新たに「ホノルルコーヒープリペイドカード3,000円分」が追加されていました。


考えること10秒。早っ!(笑)

ホノルルコーヒープリペイドカード3,000円分に決めました!


大阪には現在、ホノルルコーヒーが2店舗あって使い勝手がまずまず良いことと、有効期限がないことが決め手となりました。

プリペイドカードが届いたら、プリペイドカードの消化のために美味しいコナコーヒーとハワイアンパンケーキを食べに「ホノルルコーヒー」を訪問したいと思います。

株主優待株から卒業します!

どうも~。
東京国際フォーラムで開催されている東証IRフェスタで有望企業を発掘中の個人投資家のみなさんを尻目に、中国二季報や中国株投資サイトで有望企業をせっせと発掘している紅の鹿です。


これまで知らなかった会社ばっかりで、ちょっと新鮮です(^^)
まさに玉石混合。

ときどきキラリと光る会社が見つかったりします。




さて、ここで突然ですが、


紅の鹿は本日をもちまして






株主優待株から卒業します!



涙の卒業宣言



紅の鹿、涙の卒業宣言!(爆)





閑話休題。


紅の鹿と株主優待株は長い付き合いで、
一番古くから保有し続けているビックカメラは、2009年7月に購入して4年7ヶ月の長期保有となっています。

株主優待が届いたときの嬉しさが病みつきとなり、株主優待株を少しずつ集めていました。



今年に入って株主優待株を少しずつ売却していましたが、現時点でも十数銘柄保有しています。
これらを週明けに売却して、別の株式を購入する資金にあてるつもりです。




そもそも、紅の鹿は飛行艇乗りになるために資産1億円(=億り人)を目指しています。

しかしながら、まだまだ資産(元本)が少ないことから、年5~10%程度の資産増加では、資産1億円を達成するころにはお爺ちゃんに・・・(-_-;)


金と女と自由と名声を手に入れるために飛行艇乗りになるのだから、

爺さんになってから飛行艇乗りになるのでは遅すぎますよね(苦笑)





そこで、紅の鹿の2014年の投資方針として、


今後3年以内に株価が2倍以上に上昇する可能性が高い企業に投資する。




ことを昨年末に決めました。

そして現在、その方針に適した企業の株式を主力銘柄として10銘柄(コロプラ、アドウェイズ、ソフトバンク、テスラ・モーターズ、アマゾン、プライスライン、フェイスブック、ツイッター、テンセント、スクウェア・エニックス・HD)保有しています。


保有している株主優待株は3年以内に株価が2倍以上に上昇する可能性はほとんどないため、
泣く泣く株主優待株を売却することに決めました。


そして、売却した資金で投資方針に合致する企業の株式を購入します。
(週末を利用してどの企業にするかは決めましたので、のちほど別記事にて報告します。)




なお、例外として、

一番古くから保有しているビックカメラ1株、NISAで購入して暴落中のリソー教育100株は保有し続けます。



「ビックカメラ ありがとう。いつもそばにいてくれて。もう あなただけになっちゃったわね、古い仲間は・・・」



(※主力銘柄に関連する気になったニュースは、紅の鹿のTwitter「https://twitter.com/cervo_rosso」でつぶやいています。Twitterアカウントをお持ちの方はフォロー&解除ご自由にどうぞ。)

【株主優待株】 9861 吉野家ホールディングス

どーもー。
週に1度は牛丼がむしょうに食べたくなる紅の鹿です。


もはや禁断症状ですね・・・(;^ω^)



うまい、安い、早い。
庶民の味方、牛丼。
紅の鹿の味方、牛丼。
280円也。

期間限定のキャンペーンでさらに値下げされている場合もありますよね。




ところでみなさん牛丼御三家って知っていますか。



世間では、吉野家(吉野家ホールディングス)、松屋(松屋フーズ)、すき家(ゼンショー)を牛丼御三家と呼びます。




試験に必ず出るから覚えておくように!!!(笑)





この牛丼御三家には、それぞれ株主優待制度があります。

その中でも総合利回りが一番高く、牛丼が一番おいしい(※紅の鹿調べによる独自の判断)のが吉野家です!



吉野家ホールディングスの株価は1,206円。
年間配当金は20円。
株主優待は、100株保有で吉野家、京樽などの自社店舗で利用できる300円のご優待券10枚(合計3,000円分)が年2回(2、8月)もらえます。


総合(配当+優待)利回りは、6.63%になります。


株主優待の有効期限が1年間あるのがイイですね。
牛丼好きであるなら、吉野家の株を買っておいて損はないですよ~(*´∇`*)


吉野家ホールディングスは、吉野家の牛丼事業では苦戦していますが、はなまるうどんのうどん事業が好調のため、業績が急激に悪くなることはなさそうです。


株主優待は「はなまるうどん」では使用不可のため、早く利用できるようになってほしい~。

【株主優待株】7616 コロワイド

株主優待株記事の第二弾は、
7616 コロワイドです。


優待好き個人投資家の保有率ベスト3に入るであろう人気銘柄。

紅の鹿も当然保有していますよ!!!


現在の株価は、1,056円。
年間配当金は、5円。
優待は500株以上の保有が必要なため、必要資金は528,000円です。
株主優待は、自社グループ店舗で1ポイント=1円で使用できる株主優待ポイント20,000ポイントが年2回もらえます。ポイントは甘太郎、北海道などの居酒屋での飲み食いや、にぎりの徳兵衛でお寿司を食べるのに使えます。
総合(配当+優待)利回りは、8.0%になります。


さらに株主優待ポイントは自社グループ商品と交換が可能です。

先日、最新の商品案内が手元に届きました。



黒毛和牛ステーキ、マグロづくし、生タラバ特盛・・・
よだれが止まりません!!!(笑)



なお、紅の鹿は、ほぼ毎回、福井県産のお米と交換しています。
以前までは、5000ポイントでお米5kgと交換でしたが、これからは2kg×3種類の6kgとの交換になりました。



増量ですね~ (*´∇`*)



40000ポイントをすべてお米に替えると、



ドドーンと





年間48kgのお米をGETできます。




お米LOVEの方にはたまりませんね~。


自炊をして節約生活を送っている人は、コロワイドの株を買ってお米と交換したら、食費をかなり節約できるため、おススメです。
ポイント有効期限内であれば、自分の好きなタイミングでお米を送ってもらえるのも良いですよ。


ただし、優待廃止や改悪のリスクがありますので、そのあたりだけはご注意のほど。

【株主優待株】3048 ビックカメラ

株主優待株記事の第一弾。


記念すべき株主優待株の記事第1弾に選ばれたのは・・・


ジャーーーン、ジャジャーーン!!
それは・・・



3048 ビックカメラ


です。



ビックカメラは、紅の鹿が初めて購入した株主優待株なんです。
1番にふさわしいっっぅ!!!


紅の鹿は、2009年7月に39,400円で1株購入して、現在まで4年5か月保有し続けています。





ビックカメラが恋人だとしたら、結婚しててもおかしくないぐらいの長い付き合いです(笑)






2013年8月時点の株主数は170,173人と多く、個人投資家の人気が垣間見えますね。

このブログの読者のみなさんも保有されている方が多いんでしょう。




ビックカメラは、知らない人がいないと言っても過言ではないほど有名な家電量販店です。
紅の鹿もこれまで何度もお世話になっています。


実は、ビックカメラは株主優待を始める人が最初に買う株として最適ですよ

なぜなら、

・購入資金が小さい
・総合(配当+優待)利回りが高い
・使いやすい(※店舗が近くにない田舎は除く。)
・長期期間保有者に対して株主優待の優遇がある

からです。


現在の株価は、52,100円。(最低購入価格52,100円)
年間配当金は、1,000円。
株主優待は、年間3,000円のお買物優待券です。
さらに長期保有者向け制度として、保有期間1年以上でお買物優待券1000円追加、2年以上で2000円追加となります。

よって、総合(配当+優待)利回りは、7.67%になります。2年以上保有したら、11.5%です。

銀行預金の利息が微々たる現在、この利回りは驚異的ですね!!




ビックカメラでは家電製品だけでなく、ビール、ワイン、リキュール、日本酒などのお酒も売っていますので、店舗が近くにあって酒好きの方にもおススメです



ちょうど数日前に、紅の鹿の手元にもお買物優待券3,000円分が届いたところです。
何を買おうかな~。ムフフ。

スポンサードリンク
自己紹介
紅の鹿。個人投資家。
スタジオジブリの映画「紅の豚」をこよなく愛する。

2005年に株式投資を開始しました。
2013年11月23日にlivedoorブログ「紅の鹿の日記」を開設。

2014年4月11日~2015年4月10日の1年間、「下落相場に強く、好業績が見込める企業に投資する」(※具体的には、以下の投資基準の両方または片方に適合する企業に投資する)という投資方針に基づいて株式投資を行い、1年間のパフォーマンスが+100%超えを記録しました。
・投資基準1:「2014年4月11日の株価が2014年1月1日より上昇している」かつ「今期、過去最高益を見込んでいる」企業に投資する
・投資基準2:「日経平均株価が急落した2014年10月1日~16日までの期間に株価が上昇している」かつ「好業績が見込める」企業に投資する

2014年10月29日から信用取引を開始。
2015年4~5月には、FPG株への投資で失敗。信用取引を封印。

2015年5月22日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を立ち上げ。

2015年7月24日に信用取引を解禁して、地方の食品スーパー5社へ集中投資を行う。

2015年8月24日に、数日前に公募増資を発表していたノジマの株式を買い増しするために食品スーパー5社の株式を売却。8月26日にノジマの公募増資の中止が決定。

2015年10月1日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を「紅の鹿の日記」へ移管・統合。

2015年10月からファンダ個別株投資・ベアETFヘッジ法(※ファンダメンタルズ分析に基づいて個別株を購入したときに、個別株を購入した金額と同額のベアETFも購入する投資手法)を実行に移す。高配当利回り株投資法、決算跨ぎ空売り投資法、アノマリー投資法なども実行に移す。

2015年12月に億り人(=株式投資で1億円を稼いだ個人投資家)になる。

2016年1月から個別株ショート(空売り)の勉強および実践に注力する。

2016年2月下旬から外国株式の高配当利回り株投資(配当貴族投資など)を実行する。
2016年3月末から配当成長株投資を本格化。

2016年6月に配当成長株投資を中止。ファンダ個別株投資に再び資金を集中させる。
年始からの複数のしくじり投資により、2016年8月に資産が8,000万円まで落ち込む。

2016年11月、投資資産1億円に回復(※パートナーエージェント、ゲンキーのおかげ)。
2016年12月31日、株式投資資産額1.07億円。

2017年の投資方針は「優位性がある投資手法」。具体的には、時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株。

2017年3月、株式投資資産額1.16億円。
2017年3月、東証2部新規上場初値買い投資法を実行する。
 ※当ブログはリンクフリーです。
 ※当ブログにはフィクションが含まれています。
 ※株式投資は自己責任でお願いします。

記事検索
お気に入り株式投資ブログRSS
  • ライブドアブログ