紅の鹿の日記

金と女と自由と名声を手に入れられる飛行艇乗りになるために、飛行艇購入資金・操縦訓練費用・当面の生活費として資産2億円を目指す奮闘記です。「株式投資をしない鹿は、ただの鹿だ」

投資日記

「東証2部新規上場初値買い投資法」を実行に移す

本日は、紅の鹿の2017年度の新しい試みである「東証2部新規上場初値買い投資法」について書きます。


「東証2部新規上場初値買い投資法」は、ローリスク・ミドルリターンの株式投資手法であると考えています。
また、ファンダメンタルズ分析やチャート分析の知識がなくてもできるため、間口は広いです。


「東証2部新規上場初値買い投資法」の具体的な手続きは、次のとおりです。

(1) 東証2部に新規上場するすべての会社の株式を上場初値で購入する
 (※マザーズ、ジャスダック市場から東証2部へ市場変更した会社は対象外)
(2) 東証1部指定承認のお知らせが会社から発表された日の翌日前場始値で株式を売却する
(3) 株式を購入するときの金額、会社毎に金額を変えるのではなく、ほぼ同じ金額(一定額)とする



以上の3点です。

ファンダメンタルズ分析やチャート分析の知識はまったく必要ありません。
非常にシンプルかつ誰でも簡単にできる投資手法です。


今回は、2017年に東証2部に新規上場するすべての会社の株式を一定額ずつ買うことから始めますが、この投資手法がローリスク・ミドルリターンの株式投資手法であると考える根拠は、過去3年の実績です。

そこでまずはじめに、「東証2部新規上場初値買い投資法」を2014年、2015年、2016年に実行に移していた場合のパフォーマンスをみてみましょう。

2014年からみていきます。

nibu2014

2014年に東証2部に新規上場した会社(※マザーズ、ジャスダック市場から東証2部へ市場変更した会社は含まない)は、全部で10社ありました。

その中で、2017年3月22日現在までに東証1部指定承認のお知らせを発表した会社は、日本BS放送、丸和運輸機関、OATアグリオ、日本ビューホテル、ヤマシンフィルタ、大冷、綿半ホールディングスの7社です。この7社についてはお知らせ発表翌日の前場始値と上場初値を比較した株価騰落率をのせています。その一方、SFPダイニング、竹本容器、東京ボード工業は、まだ東証2部にとどまっています。これら3社については東証1部指定承認のお知らせを発表するまで株価騰落率は確定せず現在進行中のため、現時点の株価(2017年3月22日終値)で株価騰落率を計算しています。

その結果、2014年の「東証2部新規上場初値買い投資法」のパフォーマンスは、10社単純平均
+22.1%となっています

なお、残り3社が東証1部指定承認のお知らせを発表した時点で、2014年の「東証2部新規上場初値買い投資法」のパフォーマンスが最終確定します。


次に、2015年をみてみましょう。

nibu2015

2015年に東証2部に新規上場した会社(※マザーズ、ジャスダック市場から東証2部へ市場変更した会社は含まない)は、全部で9社ありました。

その中で、2017年3月22日現在までに東証1部指定承認のお知らせを発表した会社は、ホクリヨウ、シーアールイー、土木管理総合試験所、ケイアイスター不動産、一蔵の5社です。この5社についてはお知らせ発表翌日の前場始値と上場初値を比較した株価騰落率をのせています。その一方、冨士ダイス、ラクト・ジャパン、JESCOホールディングス、ランドコンピュータは、まだ東証2部にとどまっています。これら4社については東証1部指定承認のお知らせを発表するまで株価騰落率は確定せず現在進行中のため、現時点の株価(2017年3月22日終値)で株価騰落率を計算しています。

その結果、2015年の「東証2部新規上場初値買い投資法」のパフォーマンスは、9社単純平均
+30.5%となっています

なお、残り4社が東証1部指定承認のお知らせを発表した時点で、2015年の「東証2部新規上場初値買い投資法」のパフォーマンスが最終確定します。


同様に、2016年もみてみましょう。


nibu2016

2016年は、東証2部に新規上場した会社(※マザーズ、ジャスダック市場から東証2部へ市場変更した会社は含まない)は、5社と少なめでした。

しかしながら、パフォーマンスは非常に良好です。

5社すべてが東証1部指定承認のお知らせをまだ発表していませんが、現時点の2016年の「東証2部新規上場初値買い投資法」のパフォーマンスは、5社単純平均で
+83.2%となっています。



以上の過去実績により、

この投資手法は、ローリスク・ミドルリターンの株式投資手法である可能性が高いと考えました。
そこで、2017年から実際に実行に移すことに決めました。

2017年は、本日、東証2部に新規上場したフルテック(※証券コード:6546)が1社目です。

nibu2017

上場初値は1230円、本日終値は985円となり、上場初値から大きく株価が下がっていますが、上場後数日間は株価の値動きが荒くなる傾向がありますので、特に気にする必要はないでしょう。
フルテックが東証1部指定承認のお知らせを発表する翌日まで、まだまだ時間はあります。

また、過去2年の実績例をみていただければわかりますが、すべての会社の株価が上場初値から上昇するということではありません。上場初値より株価が低い会社もあります。

東証2部に新規上場するすべての会社に同金額で分散投資することによって、リスクを抑えつつミドルリターンを狙う投資手法となっていますので、その点はくれぐれも誤解なきようお願いします。
(※例えば、A社の株式を100万円分購入したら、B社、C社の株式も約100万円分購入する。A社は100万円、B社は200万円というように会社毎に購入金額を変えてはいけない。)

1年以上先には良い結果になっていることを信じて、2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」を続けていきます。これからが楽しみです。

なお、今後は当ブログにて定期的に2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の進捗状況をお伝えしていく予定です。

最後に。
くれぐれも株式投資は自己責任でお願いします。

※更新履歴:2017年3月26日に一部加筆しました。

年始の株式ポートフォリオの年初来パフォーマンスと株式資産額

年始に当ブログにて、2017年の投資方針および年始の株式ポートフォリオを公表しました。


2017年の投資方針は、「優位性がある投資手法」。

紅の鹿の優位性は、「買いどきか否か!?」と「紅の鹿投信」。

具体的には、時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株


2017年の投資方針に基づいて構築した年始の主力株ポートフォリオ(※株主優待取得目的株などは除く)は次のとおりでした。


<2017年の年始のポートフォリオ>

2772 ゲンキー
6181 
パートナーエージェント
3193 
鳥貴族
7636 
ハンズマン
6099 
エラン
3093 
トレジャー・ファクトリー
3547 
串カツ田中
9769 学究社
3817 
SRAホールディングス
PM 
フィリップ・モリス
MBT 
モバイルテレシステムズ(ADR)
HSBC HSBCホールディングス(ADR)

以上、合計12銘柄です。

年始の株式ポートフォリオの現時点(2017年3月19日時点)の株価騰落率(=年初来パフォーマンス)を記録しておきます。


<株価騰落率>

2772 ゲンキー  +22.56%
6181 
パートナーエージェント ▲17.96%
3193 
鳥貴族 ▲7.83%
7636 
ハンズマン ▲12.43%
6099 
エラン +41.60%
3093 
トレジャー・ファクトリー ▲8.87%
3547 
串カツ田中 +8.79%
9769 学究社 +10.67%
3817 
SRAホールディングス +18.38%
PM 
フィリップ・モリス +23.51% (※円建て+18.94%、ドル円112.7円)
MBT 
モバイルテレシステムズ(ADR) +16.90% (※円建て+12.58%、ドル円112.7円)
HSBC HSBCホールディングス(ADR)+1.82% (※円建て▲1.95%、ドル円112.7円)


12銘柄単純平均年初来パフォーマンスは+8.09%でした。
※計算式:(+22.56-17.96-7.83-12.43+41.60-8.87+8.79+10.67+18.38+23.51+16.90+1.82)÷12銘柄=+8.09
※同期間の日経平均株価の年初来パフォーマンスは+2.13%


なお、1月30日の当ブログ記事「パートナーエージェントの株式は買いどきか否か!?〔続編〕」で書きましたが、上記12銘柄をすべて保有し続けるということではありません。
また、今年に入ってから新たに銘柄を購入しています。
以上の2点、誤解のないようにお願いします。


ついでに、現時点の株式投資資産額も記録しておきます。

2017年3月19日時点の株式投資資産額は、

116百万円

となっています。



2017年の投資方針は、「優位性がある投資手法」。
投資方針に基づいて株式投資を続けていきます。

取捨選択

さまざまな事情が重なり、先月から株式投資に割くことができる時間が減っています。


株式投資をする上で、時間が多ければ多いほど株式投資のパフォーマンスが良くなるというわけではありませんが、これまで毎週こなしていたルーティーンの時間すら十分に取れなくなってくると、ストレスが溜まります。

そこで最近は、限られた時間を有効に使えるように、株式投資に関する取捨選択を進めています。


具体的には、これまで続けてきた中で、実際に銘柄発掘につながらなかった、パフォーマンス向上(=収益)につながらなかった(つながった記憶がない)ものは捨てていくという作業です。

例えば、これまで紅の鹿は、週間ダイヤモンド、週間東洋経済、週間エコノミスト、AERAを毎週読んでいましたが、この4誌の記事から銘柄発掘をできた記憶がないので、今月から読むのを止めました。

ツイッターも、つぶやきが銘柄発掘につながった記憶がないアカウントはフォローから外しました。
個人投資家の大半がフォローしている有名なアカウントだからという理由だけで漫然とフォローしていた有名アカウントも外しました。
その結果、ツイッターのフォロー数はツイッターを始めて以来最小となる81アカウントまで減少。
タイムラインがすっきりして良い感じになりました。

また、定期的に巡回している投資ブログも同様です。


これからも株式投資に費やす時間の取捨選択を続けていきます。

高配当利回り株の先取り投資法(SRAホールディングスで3か月後に+37.9%の利益期待)

9日にSRAホールディングスが第3四半期決算を発表しました。
※詳細はこちら↓
http://www.sra-hd.co.jp/Portals/0/ir/settlement/tanshin/tanshin1702.pdf


17年3月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比11.2%増の31億円に伸び、通期計画の41.2億円に対する進捗率は75.2%に達し、5年平均の59.5%を上回りました

営業利益、営業利益率、経常利益、経常利益率、四半期純利益は、いずれも第3四半期累計期間としては過去最高の実績でした。好調ですね~。

売上高については、計画より若干未達となりましたが、同時に発表された1月度の月次売上高が前年同月から大きく伸びていたこと、期末に売上高が集中することなどから通期売上高計画の達成の可能性は十分に残っています。


ところで、SRAホールディングスについては、一つの区切りとなる本決算発表まで残り約3か月となりましたので、再度、現在の市況動向や株価水準等を反映させたうえで当ブログで取り上げます。

題して、ローリスク・ミドルリターンの株式投資手法である「高配当利回り株の先取り投資法」(3か月後に+37.9%の利益期待)をご紹介します。



通常、高配当利回りの会社の株価は、ある一定水準の配当利回りにサヤ寄せします。


現在は高配当利回りの銘柄が増えていますが、通常、東証1部上場の高配当利回りの会社の株式は、配当利回り4.00%の水準まで買われています。
(※配当性向100%以上または今期・来期の業績見通しが減収減益であるなど減配リスクが高い銘柄を除く)

そのため、今後、増配によって配当利回りが4.00%を大きく超えると予想される会社の株式を事前に購入しておき、増配が発表された後に配当利回り4.00%の水準にサヤ寄せする形で株価が上昇したときに株式を売却してキャピタルゲインを得ることができます。

まさに「高配当利回り株の先取り投資法」ですね!!

高配当利回り株の先取り投資法では、配当金と配当利回りに着目します。

SRAホールディングスは、一昨年6月に下記の中期経営計画(2016年3月期~2018年3月期)を発表済みです。

中期経営計画の最終年度となる2018年3月期目標は次のとおりです。
・売上高: 40,000百万円 
・営業利益: 5,000百万円
・営業利益率: 12.5%
・経常利益: 5,000百万円
・当期純利益: 3,500百万円
・EPS: 290.83円
・配当性向: 50%

※同社の中期経営計画の詳細を知りたい方は下記をご参照ください。
http://www.sra-hd.co.jp/Portals/0/ir/others/20150624.pdf



SRAホールディングスは、今から3か月後の2017年5月に2017年3月期本決算および2018年3月期業績予想を発表します。

2018年3月期業績予想が上記の中期経営計画の目標どおりであれば、EPS290.83円、配当性向50%となるため、年間配当金は145円になります。(※計算式: 290.83×50%=145.41)

現時点(2017年2月10日終値)のSRAホールディングスの株価は2,667円のため、3か月後の2018年3月期業績予想発表時の配当利回り(予想)は5.43%です。(※計算式: 145÷2,667×100%=5.43%)

配当利回り4.00%の水準にサヤ寄せする形で株価が上昇すると、株価は3,625円になります。
現時点(2017年2月10日終値)のSRAホールディングスの株価は2,667円のため、株価は3か月後に+35.9%上昇していることになります。

また、現時点でSRAホールディングスの株式を保有していると、来月の3月末の配当金を受け取ることができます。期末配当金(予想)は55円のため、配当利回り(インカムゲイン)は2.06%です。


しかしながら、ここでひとつだけ重要な点があります。

それは、今から3か月後に発表される2018年3月期の業績予想が中期経営計画の数値どおりになるのかどうかです。

企業はしばしば公表済みの中期経営計画を事前に下方修正することがあります。
もし、上記の中期経営計画が事前に下方修正されてしまうと先取り投資は失敗に終わってしまいます。
これが先取り投資のリスクです。


けれども、SRAホールディングスについては中期経営計画の下方修正の可能性はほぼありえないといっても良いでしょう。

SRAホールディングスは昨年8月30日に業績連動型有償ストック・オプションの発行を決議しました。

会社の長期的な業績拡大および企業価値の増大を目指すにあたり、会社で働く取締役および従業員の意欲・士気を向上させ、また経営参画に対する意識を高めることを目的に、取締役および従業員に対して有償にて新株予約権(有償ストック・オプション)が発行されるときがあります。

この有償ストック・オプションの中で、取締役および従業員が有償ストック・オプションを行使できる条件に業績目標を設定したものを、業績連動型有償ストック・オプションと呼びます。

昨年8月30日にSRAホールディングスが発表した業績連動型有償ストック・オプションは中期経営計画連動型と書かれており、行使できる条件(※業績目標)は次のとおりです。

・2018年3月期(またはそれ以前の決算期)の経常利益50億円以上または当期純利益35億円以上

※同社の業績連動型有償ストック・オプションの詳細を知りたい方は下記をご参照ください。
http://www.sra-hd.co.jp/Portals/0/ir/others/20160830.pdf


上記の行使条件は、前述の中期経営計画の数値目標と同じものになっています。

中期経営計画連動型のストックオプションのため、当然同じ数値になりますよね。

同社に確認しましたが、中期経営計画達成に向けて全社一丸となるとのことで、今から3か月後に発表される2018年3月期の業績予想は、中期経営計画どおりの数値になるでしょう。




長くなりましたので、そろそろまとめに入ります。

SRAホールディングスが今から3か月後に発表する2018年3月期の業績予想は、中期経営計画の目標数値と同じものになるでしょう。

EPS290.83円、配当性向50%となるため、年間配当金は145円になり、現時点(2017年2月10日終値)のSRAホールディングスの株価は2,667円のため、3月後の2018年3月期業績予想発表時の配当利回り(予想)は5.43%です。

配当利回り4.00%の水準にサヤ寄せする形で株価が上昇すると、株価は3,625円になります。
現時点(2017年2月10日終値)のSRAホールディングスの株価は2,667円のため、株価は3か月後に+35.9%上昇することになります。

また、現時点でSRAホールディングスの株式を保有していると、3月末に配当金を受け取ることができます。今期の期末配当金(予想)は55円のため、配当利回り(インカムゲイン)は2.06%です。

よって、3か月後には+37.9%の利益(※”キャピタルゲイン+35.9%”と”インカムゲイン2.06%”を足した合計)を得ることができると考えます。





さらに、上記に加えて、来期は記念配当が期待できます。

SRAホールディングスグループの中核事業会社SRAは、1967年11月に創業された会社です。

2006年9月に東証1部に上場しましたが、その後に迎えた創業40周年の会計年度である2008年3月期に、SRAグループ創立40周年記念配当10円を行いました。

また、創業45周年の会計年度である2013年3月期に、SRAグループ創立45周年記念配当5円を行いました。


そして、今年の11月にSRAは創業50周年を迎えます。
したがって、来期2018年3月期には、SRAグループ創立50周年記念配当が2017年11月以降に発表・実施されるといえるでしょう。

50周年というのは”半世紀”という大きな区切りであるため、45周年記念配当5円や40周年記念配当10円より少なくなることは考えにくく、最低ラインで創業50周年記念配当10円、気前が良ければ20円~50円の記念配当が期待できるかもしれませんね。

よって、実際には2018年3月期の年間配当金(予想)145円に前述した創業50周年記念配当10円以上が加算されますので、年間配当金155円以上になる可能性があります。

より一層、期待利益が大きくなりますね。


以上、ローリスク・ミドルリターンの「高配当利回り株の先取り投資法」のご紹介でした。

業績予想の上方修正を発表したゲンキーの利益は下半期偏重型

昨日引け後にゲンキーが業績予想の上方修正を発表しました。
※詳細はこちら↓

http://www.genky.co.jp/files/ir/temp/000500.pdf

今期2度目の上方修正ですね!!

通期予想は、売上高86,000万円(前期比+17.0%)、営業利益4,000万円(前期比+50.6%)、純利益2,830万円(+前期比+48.8%)、EPS(一株利益)401.36円となりました。


ところで、昨晩のツイッターでつぶやいたようにゲンキーの利益は下半期偏重型です。



例えば、2016年6月期は、通期営業利益2,655百万円に対して、上半期営業利益1,147百万円、下半期営業利益1,508百万円のため、通期営業利益に占める上半期と下半期の比率は43:57となっています。

同様に、2015年6月期は45:55、2014年6月期は30:70、2013年6月期は29:71、2012年6月期は44:56、2011年6月期は42:58。

上記のとおり、過去の実績をみることで、ゲンキーの利益は下半期偏重型ということがわかりますね。

昨日引け後の業績予想では、通期営業利益4,000百万円に対して、上半期営業利益1,915百万円、下半期営業利益2,085百万円のため、通期営業利益に占める上半期と下半期の比率は48:52となっています。

過去6期の比率と比べると下半期の割合が小さくなっていますので、上方修正した今期の業績予想は保守的な数字であると推測できます。



最後に、1月16日付の日本経済新聞(電子版)のゲンキーの記事について簡単に触れておきます。
※記事はこちら↓

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO11753840W7A110C1DTA000/

昨年10月22日に書いた当ブログ記事ゲンキーの第1四半期決算の分析と薬王堂比較」の中で、「福井県に新規出店したNew300坪タイプは出店後から9か月間は損益分岐点を超えられず赤字店舗、石川県、愛知県、岐阜県に新規出店したNew300坪タイプは出店後から1年間は損益分岐点を超えられず赤字店舗」と書きました。

日本経済新聞の記事に、”既存店の売上高は伸び悩んでいるが、新規店舗の黒字化が想定より早いことが支えだ”と書いてありますので、新規店舗が損益分岐点を超える期間は短くなってきているのかもしれません。

シェアが小さかった石川県、愛知県、岐阜県の3県でドミナント出店のプラス効果が表れてきたのかもしれませんね。

スポンサードリンク
自己紹介
紅の鹿。個人投資家。
スタジオジブリの映画「紅の豚」をこよなく愛する。

2005年に株式投資を開始しました。
2013年11月23日にlivedoorブログ「紅の鹿の日記」を開設。

2014年4月11日~2015年4月10日の1年間、「下落相場に強く、好業績が見込める企業に投資する」(※具体的には、以下の投資基準の両方または片方に適合する企業に投資する)という投資方針に基づいて株式投資を行い、1年間のパフォーマンスが+100%超えを記録しました。
・投資基準1:「2014年4月11日の株価が2014年1月1日より上昇している」かつ「今期、過去最高益を見込んでいる」企業に投資する
・投資基準2:「日経平均株価が急落した2014年10月1日~16日までの期間に株価が上昇している」かつ「好業績が見込める」企業に投資する

2014年10月29日から信用取引を開始。
2015年4~5月には、FPG株への投資で失敗。信用取引を封印。

2015年5月22日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を立ち上げ。

2015年7月24日に信用取引を解禁して、地方の食品スーパー5社へ集中投資を行う。

2015年8月24日に、数日前に公募増資を発表していたノジマの株式を買い増しするために食品スーパー5社の株式を売却。8月26日にノジマの公募増資の中止が決定。

2015年10月1日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を「紅の鹿の日記」へ移管・統合。

2015年10月からファンダ個別株投資・ベアETFヘッジ法(※ファンダメンタルズ分析に基づいて個別株を購入したときに、個別株を購入した金額と同額のベアETFも購入する投資手法)を実行に移す。高配当利回り株投資法、決算跨ぎ空売り投資法、アノマリー投資法なども実行に移す。

2015年12月に億り人(=株式投資で1億円を稼いだ個人投資家)になる。

2016年1月から個別株ショート(空売り)の勉強および実践に注力する。

2016年2月下旬から外国株式の高配当利回り株投資(配当貴族投資など)を実行する。
2016年3月末から配当成長株投資を本格化。

2016年6月に配当成長株投資を中止。ファンダ個別株投資に再び資金を集中させる。
年始からの複数のしくじり投資により、2016年8月に資産が8,000万円まで落ち込む。

2016年11月、投資資産1億円に回復(※パートナーエージェント、ゲンキーのおかげ)。
2016年12月31日、株式投資資産額1.07億円。

2017年の投資方針は「優位性がある投資手法」。具体的には、時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株。

2017年3月、株式投資資産額1.16億円。
2017年3月、東証2部新規上場初値買い投資法を実行する。
 ※当ブログはリンクフリーです。
 ※当ブログにはフィクションが含まれています。
 ※株式投資は自己責任でお願いします。

最新記事
記事検索
お気に入り株式投資ブログRSS
  • ライブドアブログ