ユニクロ(UNIQLO)

アパレルブランドであるユニクロを展開するファーストリテイリング社はSPA(企画・製造・販売までの一貫したサービス。製造小売。)を武器に成長を続け、日本を代表する会社になりました。

そして、眼鏡業界のユニクロと言えば、JINS(ジェイアイエヌ)。
成熟市場であった眼鏡業界で旋風を巻き起こしたことがいまだに記憶に新しいです。
当然、業績の拡大に伴ってJINSの株価は急騰しました。


そこでふと思いました。
アパレル業界、メガネ業界以外でユニクロは存在しないのか??

他の業界でユニクロと呼ばれる、または今後呼ばれそうな会社は存在しないのか。


・・・ありました。
食品業界に1社見つかりました。




その会社は、2222 寿スピリッツ です。

世間では一切呼ばれていませんが、勝手ながら「食品業界のユニクロ」と紅の鹿は呼ぶことにします。



それでは最初に寿スピリッツの簡単な紹介から。

寿スピリッツは、主に菓子食品の企画・製造・販売をおこなっている会社です。寿スピリッツグループは純粋持株会社である寿スピリッツと子会社18社で構成されています。北海道から沖縄に至る全国を網羅した製造拠点と販売プラットフォームの強みを活かし、企画・製造・販売までの一貫したサービスを提供しています。


1952年設立。1994年ジャスダック上場。今年4月3日に東証1部に上場しました。

過去3年の株価チャートは次のようになっています。

2014-06-01-21-24-08



現在の株価(5月30日終値)は2,224円。(時価総額は約230億円)

2014年3月期実績のEPSは123.2円。5月30日終値換算のPERは18.05。
2015年3月期会社予想のEPSは141.71円、5月30日終値換算の予想PERは15.69。



寿スピリッツは、チーズケーキで知られる「LeTAO」(ルタオ)をはじめ、山陰銘菓「因幡の白うさぎ」、長崎銘菓「九十九島せんべい」、東京ミルクチーズ工場の「ソルト&カマンベールクッキー」などの菓子食品の企画・製造・販売を展開しています。

2014-06-01-22-18-57



また、昨年7月にアイスケーキ・生グラス(アイス)の専門店「GLACIEL(グラッシェル)」を表参道にオープンし、新たなスイーツ文化の創造に挑戦。
最近では、先月4月20日にフレンチトースト専門店「Ivorish(アイボリッシュ)」2号店を東京・渋谷にオープンして、連日長蛇の列ができています。(※1号店は福岡)

昨年には台湾にCafe業態「KONAYUKI」をオープンするなど東南アジア、欧米という世界マーケットへの進出も具体的に動き出しました。

2014-06-01-22-21-42



販売チャネル別(通信販売、店舗販売、卸売)でみると、好調な出店効果に支えられて店舗販売が大幅伸長しており、今後はIvorish、GLACIEL、KONAYUKIのようなイートイン・カフェタイプの新業態の出店が同社の成長源泉となりそうです。


寿スピリッツは、製造卸から企画・製造・販売までの一貫したサービスの提供(=製造小売)へ事業モデルを転換することによって、経常利益率10.3%(2014年3月期)という業界でトップクラスの高収益率経営を誇り、業界全体の売り上げがほぼ横ばいのなか、2年連続で売上・利益ともに過去最高を記録して、今期(2015年3月期)は3期連続となる最高益更新を見込んでいます。そしてこれからは経営目標指標として経常利益率20%を目指しています。

経常利益率20%は、現在の10.3%からみれば高いと思われるでしょうが、クリスマス月などの単月ではすでに20%超えの実績があります。「単月でやれるのなら全体(通年)でもやれるはずだ。」と同社の河越誠剛社長は語っています。



会社が目指す中長期的な目標は、

2020年度に経常利益100億円



2014年3月期決算の経常利益が23.6億円のため、6年後に経常利益が4.23倍になる計算です。
非常に高い目標ですが、「食品業界のユニクロ」である河越社長率いる寿スピリッツであれば達成不可能ではない数字だと思います。(特に達成できるという根拠はありませんのであしからず・・・)

(※なお、河越社長のひととなり、同社の歴史を詳しく知りたい方は、昨年7月に発刊された河越社長(著)の『全員参画の最強理念経営』を読まれることをおすすめします。)


高円宮家次女の典子さまと出雲大社の神職・千家国麿さんとの婚約(※今年の秋に結婚予定)関連銘柄であり、訪日観光客関連銘柄でもありますので、東京オリンピックが開催される2020年まで長期保有するのも面白いかもしれませんね。




「今、寿スピリッツは買いどきか否か!?」

答え合わせは東京オリンピック開会式の日に。

なお、くれぐれも株式投資は自己責任でお願いします。

(※主力銘柄に関連する気になったニュースは、紅の鹿のTwitter「https://twitter.com/cervo_rossoでつぶやいています。Twitterアカウントをお持ちの方はフォロー&解除ご自由にどうぞ。)