紅の鹿の日記

金と女と自由と名声を手に入れられる飛行艇乗りになるために、飛行艇購入資金・操縦訓練費用・当面の生活費として資産2億円を目指す奮闘記です。「株式投資をしない鹿は、ただの鹿だ」

一歩先を行く投資術

一歩先を行く投資術(記念配当編)

こんにちは、紅の鹿です。

本日は、「一歩先を行く投資術」という題目で、株式投資初心者向けに、知っていたらちょっと役立つ投資術をお届けします。なお、このシリーズは1記事完結(読み切り)で不定期更新になります。

今回は、シリーズ第4回目です。
※前回のシリーズ第3回目「一歩先を行く投資術(業績連動型有償ストック・オプション編)〕」は、こちら↓
 
http://cervorosso.blog.jp/archives/1058967209.html


それでは、記念配当編のスタートです。




〔第4回: 記念配当編〕

上場企業にとって記念すべき時期に、通常の普通配当に加えて行われる配当を「記念配当」と呼びます。

例えば、会社創立後、10周年、20周年、25周年、50周年、100周年などといった区切りの良い記念すべき年や上場記念に特別に行う配当です。

記念配当の発表は増配を意味するため、記念配当が発表されるとしばしば株価は上昇します。
また、株式を保有していれば、受け取ることができる配当金額が増えるという利点があります。

なお、会社創立年度は調べれば簡単にわかります。
よって、記念配当が発表される年度を事前に知ることができます。



ひとつ事例を挙げます。

東証1部上場のSRAホールディングス(※銘柄コード:3817)というシステム開発受託会社があります。


SRAホールディングスグループの中核事業会社SRAは、1967年11月に創業された会社です。

2006年9月に東証1部に上場しましたが、その後に迎えた創業40周年の会計年度である2008年3月期に、SRAグループ創立40周年記念配当10円を行いました。

また、創業45周年の会計年度である2013年3月期に、SRAグループ創立45周年記念配当5円を行いました。


そして、来年の2017年11月にSRAは創業50周年を迎えます。
したがって、来期2018年3月期には、SRAグループ創立50周年記念配当が2017年11月以降に発表・実施されるといえるでしょう。

50周年というのは”半世紀”という大きな区切りであるため、45周年記念配当5円や40周年記念配当10円より少なくなることは考えにくく、最低ラインで創業50周年記念配当10円、気前が良ければ20円~50円の記念配当が期待できるかもしれませんね。



余談になりますが、

前回の記事「高配当利回り株の先取り投資法~東証1部上場、8か月後の配当利回り6.63%~」(http://cervorosso.blog.jp/archives/1060750416.html)の中で、

”SRAホールディングスが今から8か月後に発表する2018年3月期の業績予想は、中期経営計画の目標数値と同じものになるでしょう。

EPS290.83円、配当性向50%となるため、年間配当金は145円になり、現時点(2016年9月2日終値)のSRAホールディングスの株価は2,187円のため、8か月後の2018年3月期業績予想発表時の配当利回り(予想)は6.63%です。

配当利回り4.5%の水準にサヤ寄せする形で株価が上昇すると、株価は3,220円になります。
現時点(2016年9月2日終値)のSRAホールディングスの株価は2,187円のため、株価は8か月後に+47.2%上昇することになります。

また、現時点でSRAホールディングスの株式を保有していると、今月9月末と来年3月末に配当金を受け取ることができます。今期の年間配当金(予想)は85円のため、配当利回り(インカムゲイン)は3.9%です。

よって、8か月後には+51.1%の収益(※”キャピタルゲイン+47.2%”と”インカムゲイン3.9%”を足した合計)を得ることができると考えます。”

と書きました。


ところが、実際には2018年3月期の年間配当金(予想)145円に前述した創業50周年記念配当10円以上が加算されますので、年間配当金155円以上になると推定されます。

より一層、期待収益が大きくなったといえますね。





(総括)

すでに高配当利回りの株は、記念配当によってより一層、高配当利回りになるため、配当利回り重視の投資家にとって、その株式の魅力が増します。

会社創立年度と過去の記念配当実績を調べることによって、先回りする形で将来実施される記念配当を推定することが可能です。
その結果、人より先に動くことができるようになります。

それが、一歩先を行く投資術です。

一歩先を行く投資術(業績連動型有償ストック・オプション編)

こんにちは、紅の鹿です。

本日は、「一歩先を行く投資術」という題目で、株式投資初心者向けに、知っていたらちょっと役立つ投資術をお届けします。なお、このシリーズは1記事完結(読み切り)で不定期更新になります。

今回は、2014年7月以来、約2年ぶりとなるシリーズ第3回目です。

それでは、業績連動型有償ストック・オプション編のスタートです。




〔第3回: 業績連動型有償ストック・オプション編〕


会社の長期的な業績拡大および企業価値の増大を目指すにあたり、会社で働く取締役および従業員の意欲・士気を向上させ、また経営参画に対する意識を高めることを目的に、取締役および従業員に対して有償にて新株予約権(有償ストック・オプション)が発行されるときがあります。

この有償ストック・オプションの中で、取締役および従業員が有償ストック・オプションを行使できる条件に業績目標を設定したものを、業績連動型有償ストック・オプションと呼びます。


ひとつ例を挙げます。

先月24日にパートナーエージェントが発表した業績連動型有償ストック・オプションを行使できる条件(※業績目標)は、次のとおりです。

平成29年3月期から平成31年3月期の3事業年度における各期の営業利益を合計した額が、
(a) 20億円を超過した場合→50%行使できる
(b) 22億円を超過した場合→100%行使できる


※同社の業績連動型有償ストック・オプションの詳細を知りたい方は下記をご参照ください。
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1375090



パートナーエージェントの平成29年3月期の営業利益(会社予想)は4.86億円です。
例えば、平成30年3月期の営業利益が平成29年3月期比+20%成長すると仮定すると、平成30年3月期の営業利益(推定)は5.83億円になります。

したがって、平成29年3月期の営業利益が会社予想どおりの4.86億円で着地、平成30年3月期の営業利益が平成29年3月期比+20%成長の5.83億円で着地すると仮定すると、平成31年3月期の営業利益が9.31億円を超過した場合に3事業年度合計の営業利益が20億円を超過することになり、上記(a)の条件を達成します。

同様に平成31年3月期の営業利益が11.31億円を超過した場合に3事業年度合計の営業利益が22億円を超過することになり、上記(b)の条件を達成します。



最近は、中期経営計画を公表する会社が増えてきました。
中期経営計画の内容をチェックして、投資する際の判断材料にしている個人投資家の方は多いと思われます。

しかしながら、上記の事例であげたパートナーエージェントは中期経営計画を公表していません。

けれども、上記の業績連動型有償ストック・オプションを行使できる条件をチェックすることによって、中期経営計画の一部として置き換えることができます

また、業績連動型有償ストック・オプションは、業績目標達成時に取締役および従業員にストック・オプションという形で金銭的な恩恵がもたらされることから、達成できる可能性がそこそこ高い数字になっていると考えられます。
なぜなら、はじめから達成が困難な条件であれば、取締役および従業員の意欲が高まることはなく、ストック・オプションを発行する意味がないからです。
(大風呂敷を広げることができる中期経営計画よりも業績連動型有償ストック・オプションの方が数字の信頼度は高いといえるのではないでしょうか。)


よって、上記のパートナーエージェントの場合は、ストック・オプションを100%行使することができる3事業年度合計の営業利益22億円超過が現実的な業績計画といえるでしょう。


・パートナーエージェントの中期経営計画(=業績連動型有償ストック・オプション100%行使の条件)

平成29年3月期 営業利益(会社予想): 4.86億円
平成30年3月期 営業利益(推定): 5.83億円
平成31年3月期 営業利益(推定): 11.31億円
※3事業年度の営業利益合計は22億円(計算式: 4.86+5.83+11.31)



少し蛇足にはなりますが、先月4日の当記事「パートナーエージェントの株式は買いどきか否か!?」の中で、紅の鹿推定のパートナーエージェントの平成31年3月期の経常利益は11.07億円と書きました。
※パートナーエージェントは営業利益と経常利益の額がほとんど同じであるため、紅の鹿推定の営業利益は経常利益と同額です。

(平成31年3月期の営業利益予想)
・業績連動型有償ストック・オプション100%行使の条件: 11.31億円
・銘柄分析記事「買いどきか否か!?」紅の鹿推定: 11.07億円

したがって、「買いどきか否か!?」紅の鹿推定は、まんざらでもないですね。




(総括)

業績連動型有償ストック・オプションを行使できる条件を確認することによって、中期経営計画の一部として置き換えることができます。

そこで、日頃から業績連動型有償ストック・オプションの行使の条件を確認する習慣をつける。

それが、一歩先を行く投資術です。

一歩先を行く投資術(業績予想の修正編)

3連休を満喫されているみなさんこんにちは、紅の鹿です。
(3連休に仕事をしている方はお疲れ様です!)
明日の月曜日は日本の株式市場は休場ですからね、まちがえないように(笑)



さて、本日は、「一歩先を行く投資術」という題目で、株式投資初心者向けに、知っていたらちょっと役立つ投資術をお届けします。なお、このシリーズは1記事完結(読み切り)で不定期更新になります。

今回は、シリーズ第2回目です。

※記念すべき第1回目「一歩先を行く投資術(月次売上編)〕」は、こちら↓
 
http://cervorosso.blog.jp/archives/1004474678.html



なお、今回の記事は、今月9日に書いた記事(7月9日の株式投資結果)の内容を大幅加筆修正したものになります。

それでは、業績予想の修正編のスタートです。




〔第2回: 業績予想の修正編〕


株式投資をしていると株価が大きく動く場面に遭遇することがあります。

例えば、企業が決算を発表したとき、業績予想の修正を発表したとき、株主優待を新設・廃止したとき、自己株式取得を発表したとき・・・


そのため、事前にこれらが発表される日をなんとかして知りたいと思う人が多いのではないでしょうか。

決算発表日は、企業のホームページや東証のホームページで一般公開されているため、事前にチェックをしている方も多いと思います。

その一方、業績予想の修正は、企業が突然発表するため、発表日をまったく知るすべがないと思っている方がほとんどではないでしょうか。


しかし、そんなことはないのです。
誰でも、過去データをちょこっと調べるだけで業績予想の修正の発表日をおおよそ予想できるようになります。


それでは具体的な事例をみてみましょう。



(事例1) ペッパーフードサービス

はじめに、次のデータを見てください。

(6月の月次売上実績の発表日)
 ・2014年 → 7月11日
 ・2013年 → 7月11日
 ・2012年 → 7月12日
 ・2011年 → 7月13日
 ・2010年 → 7月14日

(第2四半期業績予想の修正を発表した日)
 ・2014年 → 7月11日
 ・2013年 → 7月11日
 ・2012年 → 7月12日
 ・2011年 → 7月13日
 ・2010年 → 7月14日


ペッパーフードサービスは、毎月10~15日に月次売上実績を自社のIR情報で公表しています。

上記のデータからわかるように過去5年間、ペッパーフードサービスは、6月の月次売上実績発表日と同日に第2四半期業績予想の修正を発表しています。

したがって、業績予想の修正は10~15日のいずれかの日に発表されると予想できるんですよね。

毎年、第2四半期決算は7月下旬(※今年は7月25日予定)に発表しているため
決算発表日より前に業績予想の修正を発表するパターンに分類できます。



(事例2) ブロンコビリー

はじめに、次のデータを見てください。

(第2四半期決算を発表した日)
 ・2014年 → 7月17日
 ・2013年 → 7月16日
 ・2012年 → 7月17日
 ・2011年 → 7月19日
 ・2010年 → 7月27日
 ・2009年 → 7月23日
 ・2008年 → 7月22日

(第2四半期業績予想の修正を発表した日)
 ・2014年 → 7月17日
 ・2013年 → 業績予想の修正なし
 ・2012年 → 業績予想の修正なし
 ・2011年 → 業績予想の修正なし
 ・2010年 → 業績予想の修正なし
 ・2009年 → 7月23日
 ・2008年 → 7月22日


上記のデータからわかるように2007年11月にジャスダックに上場して以来、ブロンコビリーは、第2四半期業績予想の修正を発表するときには、必ず第2四半期決算発表と同日に発表しています。

したがって、業績予想の修正は決算発表日に発表されると予想できるんですよね。

決算発表日と同日に
業績予想の修正を発表するパターン
に分類できます。



(事例3) アークランドサービス

はじめに、次のデータを見てください。

(第2四半期決算を発表した日)
 ・2014年 → 7月28日予定
 ・2013年 → 7月30日
 ・2012年 → 7月27日
 ・2011年 → 7月28日
 ・2010年 → 7月30日
 ・2009年 → 7月30日

(第2四半期業績予想の修正を発表した日)
 ・2014年 → ???
 ・2013年 → 業績予想の修正なし
 ・2012年 → 7月23日 
 ・2011年 → 7月20日
 ・2010年 → 7月20日
 ・2009年 → 業績予想の修正なし 


上記のデータからわかるように過去5年間、アークランドサービスは、第2四半期業績予想の修正を発表するときには、必ず第2四半期決算発表より前の日に発表しています。

したがって、業績予想の修正は決算日より前の日(※20日前後)に発表されると予想できるんですよね。

決算発表日より前に
業績予想の修正を発表するパターン
に分類できます。

なお、過去データから予想すると、3連休明けの22日もしくは23日に第2四半期業績予想の修正(上方修正)が発表される可能性が濃厚です。
(逆に、23日までに発表されなかったら、業績予想の修正は無い可能性が非常に高くなります。ただし、外れたらゴメンなさい。)




(総括)

過去の決算発表日と業績予想の修正発表日を調べることで、今後、業績予想の修正を発表する日をおおよそ予想することができます。
(ただし、上記の事例に当てはまらないケースもありますので、絶対というわけではありません。ご理解ください。)


業績予想の修正の発表日を予想することで、

・先回りして将来的な好機(上方修正)に先手を打つ
・先回りして将来的な脅威(下方修正)に先手を打つ


ことができます。

上方修正をした会社の株価が必ず騰がる(または下方修正をした会社の株価が必ず下がる)とは限りませんが、将来的な好機・脅威を先んじて知ることで、人より先に考え、動くことが可能です。


保有している銘柄については、過去の決算発表日と業績予想の修正発表日を調べる習慣をつけましょう。
(1社につき10分あればできる作業ですし。)

それが、一歩先を行く投資術です。


<※お知らせ>
これまで「一歩先を行く投資術」シリーズは、当ブログの「投資日記」のカテゴリに分類していましたが、検索しやすいように、これからは過去記事も含め、新設した「一歩先を行く投資術」のカテゴリに分類します。

一歩先を行く投資術(月次売上編)

こんにちは、紅の鹿です。
ワールドカップの第1戦で日本は負けてしまいましたね・・・
(TV観戦はせず、Twitterで結果を知りました。)

週明けの株式市場でサッカー関連銘柄は大幅安の予感(笑)



さて、本日は、「一歩先を行く投資術」という題目で、株式投資初心者向けに、知っていたらちょっと役立つ投資術をお届けします。なお、この新シリーズは1記事完結(読み切り)で不定期更新となる予定です。


それでは記念すべき第1回。

月次売上編のスタートです。



外食チェーンや小売チェーンの多くは、毎月の売上実績(=月次売上)を自社のIR情報で公表しています。
月次売上は誰でも閲覧することができます。

実は月次売上を毎月チェックすることで、未来を予測し先回りして株式を売買することができ、人の一歩先を行くことが可能になるのです。


それでは具体的な事例をみてみましょう。




(事例1) くらコーポレーション

はじめに、くらコーポレーションが5月2日に発表した月次売上を見てください。


2014-06-15-10-10-08


くらコーポレーションの月次売上では、売上高が公表されています。

今年の2~4月の売上を合計した数値は23,488百万円(=6,431+9,185+7,872)です。3月4日に発表済の第1四半期(11~1月)の売上実績(23,390百万円)と合算すると46,878百万円となり、会社発表の第2四半期累計の業績予想の売上45,492百万円を上回る数値になるため、5月2日の時点で第2四半期決算業績の上ブレが確実であると気づくことができます。

その後、5月29日に業績予想の上方修正が発表されて、株価は上昇しました。
仮に月次売上発表の翌営業日(5月7日)の始値で株を購入していたら、本日(6月15日)時点で+19.1%の含み益となっています。




(事例2) 神戸物産

まず、神戸物産が5月19日に発表した月次売上を見てください。


2014-06-15-10-33-54

神戸物産の月次売上では、売上高に加えて営業利益も公表されています。

営業利益の推移(累計)を見ると、4月時点(第2四半期累計)の営業利益は約2,100百万円と読み取れます。会社発表の業績予想(第2四半期累計)の営業利益は2,440百万円のため、5月19日の時点で第2四半期決算業績の下ブレが確実であると気づくことができます。(※紅の鹿は、この数値を確認し、業績下ブレを懸念して保有していた神戸物産の株をすべて売却済)

その後、一昨日(6月13日)に業績予想の下方修正が発表されました。




(事例3) トレジャー・ファクトリー

トレジャー・ファクトリーが6月9日に発表した月次売上を見てください。


2014-06-15-11-02-19


トレジャー・ファクトリーの月次売上では、売上高前年比増減率が公表されています。

全店売上高前年比は、3月:118.4%、4月:115.7%、5月:117.5%となっています。
会社発表の業績予想(第2四半期累計)の売上高は前年比110.4%のため、3~5月の3か月間は予想を上回っており、第1四半期決算業績の上ブレが確実であると気づくことができます。

第1四半期決算発表時までに業績予想が上方修正されるかはわかりませんが、6~8月の月次売上も同水準をキープできれば、第2四半期決算発表時までに業績予想が上方修正されることに間違いはないでしょう。




(総括)

月次売上を毎月チェックすることで、

・先回りして将来的な好機(上方修正)に先手を打つ
・先回りして将来的な脅威(下方修正)に先手を打つ


ことができます。

上方修正をした会社の株価が必ず騰がる(または下方修正をした会社の株価が必ず下がる)とは限りませんが、将来的な好機・脅威を先んじて知ることで、人より先に考え、動くことが可能です。


保有している銘柄の中で月次売上を発表している会社があれば、必ず月次売上をチェックする習慣をつけましょう。

それが、一歩先を行く投資術です。

スポンサードリンク
自己紹介
紅の鹿。個人投資家。
スタジオジブリの映画「紅の豚」をこよなく愛する。

2005年に株式投資を開始しました。
2013年11月23日にlivedoorブログ「紅の鹿の日記」を開設。

2014年4月11日~2015年4月10日の1年間、「下落相場に強く、好業績が見込める企業に投資する」(※具体的には、以下の投資基準の両方または片方に適合する企業に投資する)という投資方針に基づいて株式投資を行い、1年間のパフォーマンスが+100%超えを記録しました。
・投資基準1:「2014年4月11日の株価が2014年1月1日より上昇している」かつ「今期、過去最高益を見込んでいる」企業に投資する
・投資基準2:「日経平均株価が急落した2014年10月1日~16日までの期間に株価が上昇している」かつ「好業績が見込める」企業に投資する

2014年10月29日から信用取引を開始。
2015年4~5月には、FPG株への投資で失敗。信用取引を封印。

2015年5月22日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を立ち上げ。

2015年7月24日に信用取引を解禁して、地方の食品スーパー5社へ集中投資を行う。

2015年8月24日に、数日前に公募増資を発表していたノジマの株式を買い増しするために食品スーパー5社の株式を売却。8月26日にノジマの公募増資の中止が決定。

2015年10月1日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を「紅の鹿の日記」へ移管・統合。

2015年10月からファンダ個別株投資・ベアETFヘッジ法(※ファンダメンタルズ分析に基づいて個別株を購入したときに、個別株を購入した金額と同額のベアETFも購入する投資手法)を実行に移す。高配当利回り株投資法、決算跨ぎ空売り投資法、アノマリー投資法なども実行に移す。

2015年12月に億り人(=株式投資で1億円を稼いだ個人投資家)になる。

2016年1月から個別株ショート(空売り)の勉強および実践に注力する。

2016年2月下旬から外国株式の高配当利回り株投資(配当貴族投資など)を実行する。
2016年3月末から配当成長株投資を本格化。

2016年6月に配当成長株投資を中止。ファンダ個別株投資に再び資金を集中させる。
年始からの複数のしくじり投資により、2016年8月に資産が8,000万円まで落ち込む。

2016年11月、投資資産1億円に回復(※パートナーエージェント、ゲンキーのおかげ)。
2016年12月31日、株式投資資産額1.07億円。

2017年の投資方針は「優位性がある投資手法」。具体的には、時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株。
 ※当ブログはリンクフリーです。
 ※当ブログにはフィクションが含まれています。
 ※株式投資は自己責任でお願いします。

最新記事
記事検索
お気に入り株式投資ブログRSS
  • ライブドアブログ