紅の鹿の日記

金と女と自由と名声を手に入れられる飛行艇乗りになるために、飛行艇購入資金・操縦訓練費用・当面の生活費として資産2億円を目指す奮闘記です。「株式投資をしない鹿は、ただの鹿だ」

配当成長株の配当金関連

シンガポールテレコムが2016年3月期本決算を発表、配当は据え置き

シンガポールテレコムが12日に、2016年3月期本決算を発表しました。


売上高は対前期比(2015年3月期比)で▲1.5%の169.6億シンガポールドル、純利益は+2.4%の38.7億シンガポールドルとなり、減収増益決算となりました。

純利益率22.8%という高利益率を維持しています。

シンガポールテレコムは利益の約50%を東南アジア各国の通信事業子会社・関連会社で稼いでいますが、シンガポールドル高・現地通貨安の影響を受けて海外事業の利益が伸び悩みました。


また、2016年3月期の期末配当金は0.107シンガポールドルに決まりました。

そのため、中間配当金0.068シンガポールドルと合わせた2016年3月期の年間配当金は0.175シンガポールドルとなり、前期(2015年3月期)から変わらず。据え置きです。

連続増配は1年で途切れましたが、シンガポールテレコムは米国企業のように連続増配を優先する会社ではありません。
安定配当&ゆるやかな増配を続けながら、ときどき特別配当を実施するような会社であるため、増配がなくても気にはしていません。もちろん増配はあったほうが嬉しいですよ。

Dividend Yield(配当利回り)は4.51%。

引き続きホールドします。


stel20160514

クアルコム、四半期配当を0.53ドルに引き上げ(14年連続増配)

クアルコムが先日、1株当たり四半期配当金を0.48ドルから0.53ドルへ引き上げると発表しました。

配当成長率は+10.4%です。

増配によってDividend Yield(配当利回り)は4.15%に上昇。

これで2003年の初配当から連続増配は14年となりました。


qcom20160505

ジョンソン・エンド・ジョンソン、四半期配当を0.80ドルに引き上げ(54年連続増配)

ジョンソン・エンド・ジョンソンが先日、1株当たり四半期配当金を0.75ドルから0.80ドルへ引き上げると発表しました。

配当成長率は+6.7%です。

これで連続増配は54年となりました。


JNJ20160430

エクソンモービル、四半期配当を0.75ドルに引き上げ(34年連続増配)

エクソンモービルが先日、1株当たり四半期配当金を0.73ドルから0.75ドルへ引き上げると発表しました。

配当成長率は+2.7%です。

これで連続増配は34年となりました。

原油相場が低迷していることもあって、今回は小幅な増配にとどまっています。

xom20160428

IBM、四半期配当を1.40ドルに引き上げ(21年連続増配)

IBMが先日、1株当たり四半期配当金を1.30ドルから1.40ドルへ引き上げると発表しました。

配当成長率は+7.7%です。

これで連続増配は21年となりました。

ibm20160428

スポンサードリンク
自己紹介
紅の鹿。個人投資家。
スタジオジブリの映画「紅の豚」をこよなく愛する。

2005年に株式投資を開始しました。
2013年11月23日にlivedoorブログ「紅の鹿の日記」を開設。

2014年4月11日~2015年4月10日の1年間、「下落相場に強く、好業績が見込める企業に投資する」(※具体的には、以下の投資基準の両方または片方に適合する企業に投資する)という投資方針に基づいて株式投資を行い、1年間のパフォーマンスが+100%超えを記録しました。
・投資基準1:「2014年4月11日の株価が2014年1月1日より上昇している」かつ「今期、過去最高益を見込んでいる」企業に投資する
・投資基準2:「日経平均株価が急落した2014年10月1日~16日までの期間に株価が上昇している」かつ「好業績が見込める」企業に投資する

2014年10月29日から信用取引を開始。
2015年4~5月には、FPG株への投資で失敗。信用取引を封印。

2015年5月22日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を立ち上げ。

2015年7月24日に信用取引を解禁して、地方の食品スーパー5社へ集中投資を行う。

2015年8月24日に、数日前に公募増資を発表していたノジマの株式を買い増しするために食品スーパー5社の株式を売却。8月26日にノジマの公募増資の中止が決定。

2015年10月1日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を「紅の鹿の日記」へ移管・統合。

2015年10月からファンダ個別株投資・ベアETFヘッジ法(※ファンダメンタルズ分析に基づいて個別株を購入したときに、個別株を購入した金額と同額のベアETFも購入する投資手法)を実行に移す。高配当利回り株投資法、決算跨ぎ空売り投資法、アノマリー投資法なども実行に移す。

2015年12月に億り人(=株式投資で1億円を稼いだ個人投資家)になる。

2016年1月から個別株ショート(空売り)の勉強および実践に注力する。

2016年2月下旬から外国株式の高配当利回り株投資(配当貴族投資など)を実行する。
2016年3月末から配当成長株投資を本格化。

2016年6月に配当成長株投資を中止。ファンダ個別株投資に再び資金を集中させる。
年始からの複数のしくじり投資により、2016年8月に資産が8,000万円まで落ち込む。

2016年11月、投資資産1億円に回復(※パートナーエージェント、ゲンキーのおかげ)。
2016年12月31日、株式投資資産額1.07億円。

2017年の投資方針は「優位性がある投資手法」。具体的には、時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株。

2017年3月、株式投資資産額1.16億円。
2017年3月、東証2部新規上場初値買い投資法を実行する。
 ※当ブログはリンクフリーです。
 ※当ブログにはフィクションが含まれています。
 ※株式投資は自己責任でお願いします。

最新記事
記事検索
お気に入り株式投資ブログRSS
  • ライブドアブログ