紅の鹿の日記

金と女と自由と名声を手に入れられる飛行艇乗りになるために、飛行艇購入資金・操縦訓練費用・当面の生活費として資産2億円を目指す奮闘記です。「株式投資をしない鹿は、ただの鹿だ」

保有銘柄の雑感

保有銘柄の雑感(9月14日)

保有銘柄の雑感です。
(※雑感のため、まとまりのない文章になっています。ご了承ください。)


・会社四季報の発売日でしたが、日経平均株価が18,000円割れとなるなど全面安の展開となりました。日本株保有3銘柄も▲9.32%のSTUDIOUSを筆頭にすべて下落しました。

・今日は金曜日引け後に業績予想の上方修正を発表していたディップがストップ安になっているのをみて驚きました。あの内容でさすがにストップ安はありえないでしょう。ビューティガレージも決算発表後に大幅安になりましたが、今は市場予想を大きく上回る、またはサプライズありの決算以外は軒並み叩き売られているように感じられるので、決算跨ぎは危険極まりないですね・・・。今月末から2、5、8、11月決算会社の四半期決算発表が本格化しますが、それまでには市場の雰囲気が良くなっていてほしいものです。


以上です。

保有銘柄の雑感(9月11日)

保有銘柄の雑感です。
(※雑感のため、まとまりのない文章になっています。ご了承ください。)


・本日は日経平均株価がマイナスとなったものの、日本株保有3銘柄は約+3%の上昇と堅調でした。今日は、マザーズ指数とジャスダック指数がプラスでしたので、中小型内需株は軒並み株価が上昇していました。

・今週は売買ゼロと様子見の1週間でした。9月は国内外の重要イベントがまだたくさん控えています。来週は14、15日に日銀金融政策決定会合、16、17日に米連邦公開市場委員会(FOMC)があります。これらの重要イベントの内容が判明するまでは売買を控える予定です。また、来週末からシルバーウィークの5連休があるため、連休中の相場の急変に備えるために18日の金曜日には持ち高を減らす売り注文が増えるかもしれません。来週も売買ゼロとなる可能性が高そうです。


以上です。

保有銘柄の雑感(9月10日)

保有銘柄の雑感です。
(※雑感のため、まとまりのない文章になっています。ご了承ください。)


・STUDIOUSが上場来高値を更新したものの、終わってみれば前日比マイナス。また、シュッピンが年初来安値を更新。日本株保有3銘柄は連日で±5%以上の値動きとなるなど引き続きボラティリティが大きい日が続いています。

明日週明けの14日(※訂正)は会社四季報の発売日です。これまでであれば四季報相場で盛り上がっていましたが、今回はなさそうですね。紅の鹿は今回は四季報は買いません。無料で閲覧できる楽天証券で保有銘柄および監視銘柄の内容をチェックする程度です。


以上です。

保有銘柄の雑感(9月9日)

保有銘柄の雑感です。
(※雑感のため、まとまりのない文章になっています。ご了承ください。)


・日経平均株価が1343.43円の大幅高を記録する中、日本株保有3銘柄もSTUDIOUSがストップ高、シュッピンとビューティガレージが大幅高を記録しました。それにしても昨日の年初来マイナス転落からの今日の大幅高を誰が予想できたでしょうか。下手に動くと大やけどしそうです・・・

・9月は株式市場に影響を与える国内外の重要イベントが盛りだくさんのため、重要イベントの内容次第で再び株価が急落する可能性は十分にありえますので、慌てて買い注文を出すことはしません。重要イベントが終わるまでは様子見の予定です。



以上です。

保有銘柄の雑感(9月8日)

保有銘柄の雑感です。
(※雑感のため、まとまりのない文章になっています。ご了承ください。)


・昨日引け後に第1四半期決算を発表したビューティガレージが▲10.12%、8月度の月次売上高を発表したシュッピンが▲17.37%と大幅安となりました。ビューティガレージとシュッピンだけでなく他に監視している銘柄の株価の動きをみていて、決算持ち越しや月次売上高持ち越しはハイリスク・ローリターンになっていると感じています。

・当記事を書いている時点で日経先物は一時18,000円を回復するなど大幅高になっています。ただ、明日の朝に18,000円前後で寄り付いたとしても、9月は株式市場に影響を与える主要イベントが盛りだくさんのため、主要イベントの内容次第で再び株価が急落する可能性は十分にありえますので、慌てて買い注文を出すことはしません。主要イベントが終わるまでは様子見の予定です。



以上です。

スポンサードリンク
自己紹介
紅の鹿。個人投資家。
スタジオジブリの映画「紅の豚」をこよなく愛する。

2005年に株式投資を開始しました。
2013年11月23日にlivedoorブログ「紅の鹿の日記」を開設。

2014年4月11日~2015年4月10日の1年間、「下落相場に強く、好業績が見込める企業に投資する」(※具体的には、以下の投資基準の両方または片方に適合する企業に投資する)という投資方針に基づいて株式投資を行い、1年間のパフォーマンスが+100%超えを記録しました。
・投資基準1:「2014年4月11日の株価が2014年1月1日より上昇している」かつ「今期、過去最高益を見込んでいる」企業に投資する
・投資基準2:「日経平均株価が急落した2014年10月1日~16日までの期間に株価が上昇している」かつ「好業績が見込める」企業に投資する

2014年10月29日から信用取引を開始。
2015年4~5月には、FPG株への投資で失敗。信用取引を封印。

2015年5月22日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を立ち上げ。

2015年7月24日に信用取引を解禁して、地方の食品スーパー5社へ集中投資を行う。

2015年8月24日に、数日前に公募増資を発表していたノジマの株式を買い増しするために食品スーパー5社の株式を売却。8月26日にノジマの公募増資の中止が決定。

2015年10月1日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を「紅の鹿の日記」へ移管・統合。

2015年10月からファンダ個別株投資・ベアETFヘッジ法(※ファンダメンタルズ分析に基づいて個別株を購入したときに、個別株を購入した金額と同額のベアETFも購入する投資手法)を実行に移す。高配当利回り株投資法、決算跨ぎ空売り投資法、アノマリー投資法なども実行に移す。

2015年12月に億り人(=株式投資で1億円を稼いだ個人投資家)になる。

2016年1月から個別株ショート(空売り)の勉強および実践に注力する。

2016年2月下旬から外国株式の高配当利回り株投資(配当貴族投資など)を実行する。
2016年3月末から配当成長株投資を本格化。

2016年6月に配当成長株投資を中止。ファンダ個別株投資に再び資金を集中させる。
年始からの複数のしくじり投資により、2016年8月に資産が8,000万円まで落ち込む。

2016年11月、投資資産1億円に回復(※パートナーエージェント、ゲンキーのおかげ)。
2016年12月31日、株式投資資産額1.07億円。

2017年の投資方針は「優位性がある投資手法」。具体的には、時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株。

2017年3月、株式投資資産額1.16億円。
2017年3月、東証2部新規上場初値買い投資法を実行する。
 ※当ブログはリンクフリーです。
 ※当ブログにはフィクションが含まれています。
 ※株式投資は自己責任でお願いします。

最新記事
記事検索
お気に入り株式投資ブログRSS
  • ライブドアブログ