紅の鹿 +3.52%  (年初来+3.83%

日経平均 
+2.70% (年初来▲5.57%



本日は売買なし。

ソフトバンクが▲1.30%の7,819円と6日続落となりました。

その一方、コロプラが
+6.52%の3,920円、スクウェア・エニックス・HDが+6.03%2,830円、アドウェイズが+2.08%の2,599円、テンセントが+5.86%532.50HKDと上昇しました。

また米国株は、テスラ・モーターズが+5.16%の178.38ドル、アマゾンが+2.10%の394.43ドル、フェイスブックが+2.96%の55.14ドルと反発し、昨日の正反対で5銘柄すべてプラス引けしています。



本日は日本市場が全面高となり、紅の鹿の保有する銘柄も大きく上昇しました。
投資家にとっては良い1日でしたね。



そして引け後に、主力銘柄の決算発表第1弾となるコロプラの第1四半期決算が発表されました。

結論から言いますと、
紅の鹿の予想を上回る決算となっています!!!
(詳細は、
コロプラのIR情報
を参照)


細かい会計上の数字は専門外のため分析することはしませんが、サプライズだったのは通期業績の上方修正です。

まさか第1四半期(1Q)で上方修正するとは想像していませんでした。

先行きを見通しにくいスマホゲーム市場に身を置いているにもかかわらず、わずか3ヶ月経過しただけで修正したことから、経営層が今期の見通しにかなりの自信を持っていることがうかがえます。


明日の株価はどうなるかわかりませんが、かりに決算発表を終えたことによる材料出し尽くしで一時的に株価が下げたとしても、安心してホールドします。




さて、次はフェイスブックの決算です。
日本時間で明日30日の午前(米国市場引け後)に第4四半期決算が発表される予定です。

広告収入は好調だとは思いますが、フェイスブックはアメリカの若年層の利用時間が減ってきているといわれているので、そのネガティブ要素を打ち消すサプライズを期待したいところです。


そして、31日の午前にはアマゾンの四半期決算、31日の15~17時頃にはアドウェイズの四半期決算発表が控えています。

楽しみはまだまだ続きますよ〜。

(※ツイッターの決算はどうやら2月6日の午前のようです。)