紅の鹿の日記

金と女と自由と名声を手に入れられる飛行艇乗りになるために、飛行艇購入資金・操縦訓練費用・当面の生活費として資産2億円を目指す奮闘記です。「株式投資をしない鹿は、ただの鹿だ」

2015年10月

決戦は金曜日


明日の昼が だんだん 待ち遠しくなる

はりつめた気持ち 後押しする


明日の昼が どんどん 好きになってくる

強大な力が生まれてる


ふくれた投資家が 市場へ乗り込む

戦闘の準備は ぬかりない 退がらない その手を離さない


少し気が多い私なりに 泣いたり笑ったり

”わたしらしく”あるために くり返した


あなたのこと どんどん 好きになってくる

これだけは 言わずにいられない


株をしている時の 自分が一番好き

探してた答えは

易しい 照れくさい その手はあたたかい


気が多い私なりに まわって来た道

ひとり悔やむ週末に もう 飲み込まれない




少し気が多い私なりに まわって来た道

心はやる この不思議な夜の力を借りて


近づいてく ふくれた市場に もうすぐ乗り込む

-ダイジョウブ- 3回手の平に なぞって飲み込む


近づいてく 近づいてく 押し出される

近づいてく 近づいてく 決戦の金曜日









※明日(金曜日)の昼は、日銀の金融政策決定会合です。






〔元ネタ〕

「決戦は金曜日」 DREAMS COME TRUE



10月末日の株式配当金および株主優待の権利落ち日


本日は、10月末日の株式配当金および株主優待の権利落ち日でした。


紅の鹿の保有銘柄の中では、くらコーポレーションが権利落ち日の対象でした。

しかしながら、幸運にも本日の株価は上昇して終わりました。




くらコーポレーションは先日増配を発表しています。

けれども、自己資本比率は高く、配当性向はまだまだ低いので、さらなる株主還元の強化を期待したいところです。


決算跨ぎは売り目線で

さて、今週から3、6、9、12月期決算会社の四半期決算発表が始まりました。


今のところの印象としては、今月上旬にあった2、5、8、11月期決算会社の四半期決算発表と同様、決算跨ぎはハイリスク・ローリターンかなぁと感じています。

会社計画を下回る場合は当然株価が下がりますが、会社計画どおりの着地や中間期のみの業績上方修正(=通期業績予想は据え置き)の場合も株価は下がっているイメージ。



そこで、資金量は小さめにしますが、
積極的に決算跨ぎ空売りポジションを持っていこうと考えています。

今週決算発表予定の会社の中では次の会社が決算跨ぎ空売り対象の候補です。
(※すべて30日に決算発表をおこなう予定の会社ですので、30日のお昼休みに日銀の追加緩和の見送りが発表された直後が狙い目かなと考えていますが、はたしてどうなるか・・・)

・2127 日本M&Aセンター
・3092 スタートトゥデイ
・3098 ココカラファイン
・3397 トリドール
・5332 TOTO
・7148 FPG
・8920 東祥
・9990 サックスバーホールディングス



今月に入ってからいろいろな投資手法を積極的に試していますが、上手くいったこともあれば、上手くいかないこともありとさまざまです。今のところ一番ダメなのはインバースですね・・・(汗)

今回はうまくいくかはわかりませんが、失敗したとしても致命傷を負わない程度にチャレンジしてみようと思っています。

億り人×130人

株式投資を始めた人の多くが目標に掲げる資産1億円、いわゆる億り人。


130人の億り人にアンケート&取材をして、どうやってお金を貯める・増やすことができたのか、そのコツや方法を紹介する本が発売されます。(※おそらく株式投資以外、例えばFX、不動産等も含むと思われる)



ブログやツイッター等で有名な個人投資家の方が多数登場している予感。

期待が高まりますね~。

どうやら明日発売の模様です。


本当に億儲けた130人の投資家がやっている究極の思考術 (別冊宝島 2404)


本当に億儲けた130人の投資家がやっている究極の思考術 (別冊宝島 2404) [大型本]
宝島社

「東証1部・高配当利回り株ファンド」週次レポート(2015年10月19~25日)


紅の鹿投信「東証1部・高配当利回り株ファンド」の週次レポートをお届けします。
(対象期間: 2015年10月19~25日)



〔週間パフォーマンス〕

ファンド: +3.78%
ベンチマーク: +2.79%


(※組み入れ銘柄各々の週間パフォーマンス)
・1916 日成ビルド工業: ▲1.6%
・3817 SRAホールディングス:
+5.3%
・7480 スズデン: +1.1%
・8304 あおぞら銀行: ▲0.7%
・9090 丸和運輸機関: +10.6%


〔設定日来パフォーマンス〕
ファンド:
+14.16%
ベンチマーク: ▲6.52%


※ベンチマークはTOPIX(東証株価指数)。
※設定日来パフォーマンスは、ファンド設定日である2015年5月25日の前場・始値を基準値として算出したもの。



〔パフォーマンスの推移〕

fundgh20151025


〔資産総額および組み入れ銘柄〕

fund20151025
 ※ファンド設定日(運用開始日)の資産総額は、5,000,000円。
 ※株式売買手数料、配当金入金、税金支払(※特定口座・源泉徴収ありで計算)を反映。



〔組み入れ銘柄の配当利回り〕

・1916 日成ビルド工業: 3.76%
・3817 SRAホールディングス: 2.83%
・7480 スズデン: 3.82%
・8304 あおぞら銀行: 4.22%
・9090 丸和運輸機関: 2.52%

※上記の配当利回りは、週次レポート作成日時点の株価および配当予想から算出したもの。


〔ファンドマネージャーのコメント〕

今週は、ドラギECB総裁の追加緩和示唆を受けて、金曜日の日経平均株価は大幅高となり、終値で18,800円台にのせてきました。

大型株主導の株高でしたが、+10.6%の大幅高を記録した丸和運輸機関の寄与によって当ファンドの週間パフォーマンスはベンチマーク(=TOPIX)をアウトパフォームしました。

当ファンドの週間パフォーマンスは3週連続のプラスを記録し、中国発の世界同時株安によって一時落ち込んだパフォーマンスが+14.16%まで回復。8月16日につけた高値(+19.16%)が視界に入ってきました。



〔その他〕

当ファンド概要を知りたい方は、こちらをご覧ださい
http://cervorosso.blog.jp/archives/1041575085.html

当ファンド売買履歴を知りたい方は、こちらをご覧ください
http://cervorosso.blog.jp/archives/cat_1143154.html

スポンサードリンク
自己紹介
紅の鹿。個人投資家。
スタジオジブリの映画「紅の豚」をこよなく愛する。

2005年に株式投資を開始しました。
2013年11月23日にlivedoorブログ「紅の鹿の日記」を開設。

2014年4月11日~2015年4月10日の1年間、「下落相場に強く、好業績が見込める企業に投資する」(※具体的には、以下の投資基準の両方または片方に適合する企業に投資する)という投資方針に基づいて株式投資を行い、1年間のパフォーマンスが+100%超えを記録しました。
・投資基準1:「2014年4月11日の株価が2014年1月1日より上昇している」かつ「今期、過去最高益を見込んでいる」企業に投資する
・投資基準2:「日経平均株価が急落した2014年10月1日~16日までの期間に株価が上昇している」かつ「好業績が見込める」企業に投資する

2014年10月29日から信用取引を開始。
2015年4~5月には、FPG株への投資で失敗。信用取引を封印。

2015年5月22日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を立ち上げ。

2015年7月24日に信用取引を解禁して、地方の食品スーパー5社へ集中投資を行う。

2015年8月24日に、数日前に公募増資を発表していたノジマの株式を買い増しするために食品スーパー5社の株式を売却。8月26日にノジマの公募増資の中止が決定。

2015年10月1日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を「紅の鹿の日記」へ移管・統合。

2015年10月からファンダ個別株投資・ベアETFヘッジ法(※ファンダメンタルズ分析に基づいて個別株を購入したときに、個別株を購入した金額と同額のベアETFも購入する投資手法)を実行に移す。高配当利回り株投資法、決算跨ぎ空売り投資法、アノマリー投資法なども実行に移す。

2015年12月に億り人(=株式投資で1億円を稼いだ個人投資家)になる。

2016年1月から個別株ショート(空売り)の勉強および実践に注力する。

2016年2月下旬から外国株式の高配当利回り株投資(配当貴族投資など)を実行する。
2016年3月末から配当成長株投資を本格化。

2016年6月に配当成長株投資を中止。ファンダ個別株投資に再び資金を集中させる。
年始からの複数のしくじり投資により、2016年8月に資産が8,000万円まで落ち込む。

2016年11月、投資資産1億円に回復(※パートナーエージェント、ゲンキーのおかげ)。
2016年12月31日、株式投資資産額1.07億円。

2017年の投資方針は「優位性がある投資手法」。具体的には、時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株。
 ※当ブログはリンクフリーです。
 ※当ブログにはフィクションが含まれています。
 ※株式投資は自己責任でお願いします。

最新記事
記事検索
お気に入り株式投資ブログRSS
  • ライブドアブログ