紅の鹿の日記

金と女と自由と名声を手に入れられる飛行艇乗りになるために、飛行艇購入資金・操縦訓練費用・当面の生活費として資産2億円を目指す奮闘記です。「株式投資をしない鹿は、ただの鹿だ」

2015年02月

2015年2月末日時点のパフォーマンス

紅の鹿 
  年初来: +18.98%
   (1月度: +10.21%
   (2月度: +  7.95%

 ※「年初来」は、年初資産に対する収益率。
 ※配当込み、税引き後、追加入金除く。


 
日経平均 
 
  年初来: +7.72%
   (1月度: +1.28%
   (2月度: +6.36%



2015年2月度は、日経平均株価を若干上回るパフォーマンスとなりました。

レバレッジが約1.6倍とリスクを取って勝負しているため、最低ラインとして日経平均株価の約1.6倍のパフォーマンスがほしいところでしたが、約1.25倍にとどまり、少し苦戦したというか物足りない結果だと感じています。

けれどもまずは幸先良い2か月を切ることができてほっと一安心。
昨年の同じ時期よりは断然良い成績ですしね。



個別銘柄単位でみてみると、

今月9日に新規購入したビューティガレージが、その後の13営業日(取引日)で株価が約9割上昇するという幸運に恵まれ、月間パフォーマンスに大きく寄与してくれました。堂々の貢献度No.1(第1位)です。

第2位は、モバイルテレシステムズの+25.8%。ウクライナ東部の4か国間和平交渉が合意に至り株価が大きく反発しました。第3位は、薬王堂+22.3%です。


その一方、ポートフォリオのウェイト第1位のダイヤモンドダイニングが▲11.9%の大幅下落となりました。25日の権利落ち日以降の3日間(25~27日)で▲9.4%下がっています。ウェイト第1位であっただけに月間パフォーマンスへのマイナス影響はそこそこ大きかったです・・・
(※先月1月では+29.3%と保有銘柄の中で月間パフォーマンスのNo.1に輝いていたので、その反動がでたのかもしれません。)


また、会社発表の今期利益予想が市場及び個人投資家の皆さんの予想より低かったペッパーフードサービスが▲6.2%の下落となっています。決算後の急落のイメージが頭の中に残っていたので二桁%以上の大幅下落になっているだろうなと思っていましたが、案外、下がっていなかったです。ただし、先月1月でも▲8.3%の下落となっているので、今年のパフォーマンスの足を引っ張っている銘柄だといえますね・・・



さて、いよいよ週明けから3月がスタートします。

昨年は月間パフォーマンスが▲10.64%と大苦戦し、大きく資産を減らしてしまいました。
まさに鬼門の月ともいえる3月を、今年はなんとしてもプラスで乗り切りたい。

そのために引き続き、直近の月次売上高が好調&好業績が見込める小売、飲食セクターおよびインバウンド関連銘柄を中心としたポートフォリオで株式投資に臨みたいと思っています。

週間パフォーマンス(2月22~28日)と株式銘柄保有理由

紅の鹿の週間パフォーマンスは次のとおりとなりました。
 (※備忘録として毎週記録。株式銘柄の保有理由も記録。株主優待目的株は省略。)


紅の鹿: +0.3%
  (※配当込み、税引き後、追加入金除く。)

・日経平均:
+2.5%
・TOPIX: +1.6%
・ジャスダック指数: +2.1%
・マザーズ指数 +0.6%



<保有銘柄(※コード順)>
2772 ゲンキー: +13.2%

3053 ペッパーフードービス: ▲2.4%
3073 ダイヤモンドダイニング: ▲8.1%
3085 アークランドサービス: ▲3.4%
3093 トレジャー・ファクトリー: ▲0.3%
3160 大光: ▲0.5%
3175 エー・ピーカンパニー: +1.4%
3179 シュッピン: ▲6.1%
3180 ビューティガレージ: +33.5%

3221 ヨシックス: ▲3.0%
3385 薬王堂: ▲9.3%
7636 ハンズマン: 週半ば購入のため省略
8202 ラオックス: ▲3.8%
9828 元気寿司: ▲6.0%
MBT モバイルテレシステムズ: ▲0.8%(※円換算)

 〔参考〕週半ばで売却済の銘柄
  3038 神戸物産




<保有理由(※コード順)>
  ※青色文字列(下線付)をクリックすると当ブログの過去記事が表示されます。

2772 ゲンキー
 投資方針に適合3か年の中期経営計画の達成に期待。 

3053 ペッパーフードサービス
 投資方針に適合既存店売上高が好調(前年同月比27か月連続増)。日豪EPA(豪州産牛肉)&TPP(アメリカ産牛肉)関税引き下げの恩恵関連。いきなりステーキ米国フランチャイズ展開及び米国証券取引所上場に期待。第2の米国マクドナルドになれる!?。東証1部昇格へ意欲的。

3073 ダイヤモンドダイニング
 投資方針に適合。九州熱中屋を主体とした高収益業態の積極出店、海外事業及びM&A戦略に期待。直近の月次売上高が好調。東証1部への昇格期待。

3085 アークランドサービス
 投資方針に適合。TPP(アメリカ産豚肉)関税引き下げの恩恵関連。「かつや」の新規出店を主体とした成長が続くから(※2017年末に500店体制目標。2014年9月末時点288店舗)。新業態「からやま」に期待(※2015年に10店出店、5年以内に100店体制目標)。

3093 トレジャー・ファクトリー
 投資方針に適合。既存店月次売上高が好調(前年同月比11か月連続増)。リユース市場拡大の追い風を受けて新規出店を主体とした成長が続くから(※関西圏で今後5年で30店舗以上の店舗体制確立を計画など)。

3160 大光
 投資方針に適合。直近の月次売上高が好調。水産品事業の急成長に期待。EPS成長率を考慮するとPERが割安だから。東証1部昇格へ意欲的。

3175 エー・ピーカンパニー
 9か月連続で既存店月次売上高が前年割れしているが、ポジティブなカニバリが原因のため過度な心配は不要。既存店売上高が回復して営業利益率の改善が進んだ「四十八漁場」の積極出店、好調な宅配弁当事業「おべんとラボ」、多店舗展開をにらんだ「かもそば」業態の出店、生産流通事業の拡大に期待。EPS成長率を考慮するとPERが割安だから。

3179 シュッピン
 投資方針に適合インバウンド(訪日外国人)関連銘柄。直近の月次売上高が好調。

3180 ビューティガレージ
 登録会員数が順調に増加中。物販事業の売上高に占めるEC経由売上高の比率が上昇中(※昨年12月にはスマホ専用サイトの大幅リニューアルを実施)。リピート商材である「化粧品・消耗品」売上高の伸びが好調でストック&フロー型収益構造への転換が順調に進んでいる。今期第2四半期累計(中間期)業績の経常利益が通期業績予想の約50%の進捗率となっており、第1四半期は消費税増税後の反動減があって苦戦したこと、過去の実績を分析したかぎりでは美容サロンの開業シーズンで繁忙期となる下期に上期以上の利益を上げることは確実であることなどから、通期業績予想の上ブレが確実。アイラッシュ(まつげエクステ)関連の新規事業に期待。3か年中期経営計画(※2017年4月期の売上高100億円、経常利益7億円、経常利益率7%、東証1部への市場変更)の達成に期待。東証1部への市場変更の要件を満たすために株式分割実施及び株主優待制度導入の可能性が高い。

3221 ヨシックス
 割安。店舗工事の設計・管理を担う建装事業部を自社内部に持っていることで迅速かつ低コストでの出店が可能となり、その結果、景気の変動に合わせて最適な業態比率にすることができるため、景気の浮き沈みに関係なく高い利益率を保てるという強みがあるから。新規出店を主体とした成長が続くから。消費税増税後の既存店売上高が好調(※昨年4~11月累計の既存店増収率が「や台や」が前年同期比9%増、「や台ずし」は前年同期比4~5%増。「ニパチ」は前年同期比▲1%~▲2%減であるものの、これは夜の営業時間縮小の影響によるもの)

3385 薬王堂
 割安。直近の月次売上高が好調。

7636 ハンズマン
 投資方針に適合割安。月次売上高が好調(※2013年5月以降、消費税増税直後の2014年4月を除いて既存店売上高が前年同月を上回っている)。

8202 ラオックス
 インバウンド(訪日外国人)関連銘柄。訪日中国客数の増加に正比例する形で業績拡大が続くから。3か年中期経営計画の達成に期待。

9828 元気寿司
 次世代型回転寿司と呼ばれてるオールオーダーシステム型の回転しない寿司店「魚べい」に期待。海外事業の成長に期待。EPS成長率を考慮するとPERが割安だから。

MBT モバイルテレシステムズ
 円安恩恵銘柄(※ドル建てのため)。今後、原油価格が安定したり、ロシアとEU、米国の関係が改善することがあれば、モバイルテレシステムズの株価はウクライナ紛争発生以前の15ドル~20ドルあたりには戻ると予想しているから(※3年以内に株価2倍が期待できる)。

「いきなりステーキ」神奈川県初出店、横須賀店3月下旬オープン決定(2015年2月27日の株式投資結果)

紅の鹿 +0.01% (年初来+18.98%

日経平均 +0.06% 
(年初来+7.72%

本日は売買なし。

保有銘柄数が多いので、ここ最近は箇条書きで始めています。
(※文章の下のURLはIR等の関連記事へのリンクです)


・連日で上場来高値を更新していたビューティガレージ▲4.00%と反落。また、エー・ピーカンパニーが▲5.04%の下落となりました。その一方、ハンズマン+7.11%の1,899円に上昇し、今から約13年前の2001年12月12日につけた上場来高値1,850円を本日更新しました。また、昨日引け後に2月度の月次売上高を発表していたゲンキーが+8.08%と急伸。

ダイヤモンドダイニングが新業態のコンセプトレストラン「KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU(仮称)」の今夏出店を発表しています。どのようなお店になるのか楽しみです。「新宿阿波踊り」のように訪日外国人客が来てくれそうなお店になるのかも。だって”KAWAIIを世界に発信”ですからね(笑)
http://navigator.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=1220789&code=3073&ln=ja&disp=simple





さて、ペッパーフードサービスの立ち食いステーキ業態の「いきなりステーキ」の神奈川県初出店が決まりました

横須賀店が3月下旬にオープンします。
(※公式ホームページに記載有り)


昨年は、東京都、千葉県、大阪府、埼玉県に出店を果たし、今年に入ってからは、先日に宮城県に初出店(※仙台店)しました。また、4月に沖縄県(※沖縄ライカム店)の新規オープンが決まっています。

これからも未進出の都道府県への出店が続いていきそうですね。


この勢いで、目指せ!47都道府県制覇!(爆)


なお、会社発表済みの2015年のいきなりステーキの新店出店数(予定を含む)は、

1月に2店舗、2月に2店舗、3月に2店舗(予定)、4月に1店舗(予定)と合計7店舗になりました。

年間53店舗出店に向けて、まずはスロースタートとなっています。



<現在保有している銘柄(※コード順)>

2772 ゲンキー、3053 ペッパーフードサービス、3073 ダイヤモンドダイニング、3085 アークランドサービス、3093 トレジャー・ファクトリー、3160 大光、3175 エー・ピーカンパニー、3179 シュッピン、3180 ビューティガレージ、3221 ヨシックス、3385 薬王堂、7636 ハンズマン8202 ラオックス9828 元気寿司、MBT モバイルテレシステムズ (合計15銘柄※株主優待目的株は含まない)

(※ブログの更新、保有銘柄に関連する気になったニュースなどを、紅の鹿のTwitter「https://twitter.com/cervo_rossoでつぶやいています。Twitterアカウントをお持ちの方はフォロー&解除ご自由にどうぞ。)

先物主導の大型株相場であっても自分の得意分野で勝負する(2015年2月26日の株式投資結果)

紅の鹿 +0.98% (年初来+18.96%

日経平均 +1.08% 
(年初来+7.65%

本日は売買あり。
ハンズマンを新規購入。

保有銘柄数が多いので、ここ最近は箇条書きで始めています。
(※文章の下のURLはIR等の関連記事へのリンクです)


・ポートフォリオのウェイト第1位のダイヤモンドダイニングが▲5.82%と続落しました。その一方、ビューティガレージ+12.61%と急騰し、連日で上場来高値を更新。また、エー・ピーカンパニーが+6.35%、原油50ドル復帰&ルーブル高の進行によりモバイルテレシステムズが+3.38%上昇しました。

・紅の鹿が利用している楽天証券の特定口座・源泉徴収ありでは、利益確定分に課税される税金約20%は翌日の朝に控除される仕組みとなっているため、本日の年初来成績には、昨日に利食いした神戸物産及び株主優待目的株の税金控除の影響(約▲0.7%)が含まれています。(※本日の前日比成績には含んでいません。)

ゲンキーが2月度の月次売上高を発表。会社コメントからはやや悲観的な印象を受けますが、そこまで悪くはない数字だと思います。引き続きホールドで。3月は新店3店舗出店です。いよいよ新中型店の出店ラッシュ開始となりそうです。
http://www1.genky.co.jp/company/_phpsys/upload/pdf/000340_01.pdf





ところで、ここのところ、先物主導の大型株相場が続いていて、中小型株でポートフォリオを組んでいる個人投資家にとってはもどかしい日々が続いています。もちろん中小型株でポートフォリオを組んでいる紅の鹿のパフォーマンスもやや停滞気味です(※ビューティガレージのみ孤軍奮闘状態)。

けれどもこれまでの経験から、紅の鹿の場合は、ここで都市銀行などの日経225構成銘柄に乗り換えても不得手な分野のため、一時的にうまくいったとしてもその後に損することになるでしょう。

株式市場で生き残るためには、自分の得意分野で勝負することが大切です。安易な銘柄入れ替えは良い結果をもたらさないことが多いような気がします。

大型株が上がれば、いずれは資金循環により中小型株にも投資資金が流入してくるはずなので今は我慢して待ちましょう。



・・・ということで、本日、日経225構成銘柄ではなく、自分の得意分野の企業の株式を新規購入しました。

ハンズマンです。


今月6日発表の第2四半期決算をチェックして以降、調査&分析&監視していたのですが、昨日の神戸物産及び株主優待目的株の売却によりレバレッジに少し余裕ができたので、新規購入することに決めました。

購入理由を簡潔に。

・現在の投資方針(※投資基準1)に適合
・小売り(ホームセンター)チェーン運営
・九州地方にドミナント出店
・消費税増税後も月次の既存店売上高が好調(※9か月連続で前年同月を上回っている)。なお、2013年5月以降、消費税増税直後の2014年4月を除いて既存店売上高は前年同月を上回っている。
・店舗数はわずか11店舗のみで、これからも新規出店を主体とした成長が続くから(※ただし、出店ペースはかなり遅め)
・売上高が順調に増え、かつ利益率の改善が進んでいる。EPSが順調に伸びている。
・割安(PER8.84、PBR0.98※楽天証券より抜粋)。ただし、同業他社(ホームセンター各社)は万年割安であることに留意が必要。


当ブログを長く読まれている読者の方であれば、上記の購入理由を読んでいただくとあることに気づくと思います。


それは、

ハンズマンは、紅の鹿が好きなタイプの女性会社(※まさにド真ん中)(爆)


ということです。

投資方針に適合、小売りチェーン、ドミナント出店、月次売上高が好調、利益率の改善が進んでいる、新規出店を主体とした業績拡大が続きそう・・・


平日の夜であまり時間がないので、今日はここまでにします。



なお、本日、ハンズマンの売買代金が通常の日と比べて約10倍と膨れ上がっているのが少し気になるところです。少し調べてみましたが、特に材料等は見つからず、原因はわからないまま。

もしかしたら、人気個人投資家の誰かがブログやツイッターで先に取り上げていたりして・・・
※かりに他の個人投資家が先に取り上げていたら、紅の鹿がパクったと思われても仕方がないかもしれませんね(笑) 



<現在保有している銘柄(※コード順)>

2772 ゲンキー、3053 ペッパーフードサービス、3073 ダイヤモンドダイニング、3085 アークランドサービス、3093 トレジャー・ファクトリー、3160 大光、3175 エー・ピーカンパニー、3179 シュッピン、3180 ビューティガレージ、3221 ヨシックス、3385 薬王堂、7636 ハンズマンNEW!8202 ラオックス9828 元気寿司、MBT モバイルテレシステムズ (合計15銘柄※株主優待目的株は含まない)

(※ブログの更新、保有銘柄に関連する気になったニュースなどを、紅の鹿のTwitter「https://twitter.com/cervo_rossoでつぶやいています。Twitterアカウントをお持ちの方はフォロー&解除ご自由にどうぞ。)

2月末の株式配当金及び株主優待の権利落ち日(2015年2月25日の株式投資結果)

紅の鹿 +0.13% (年初来+18.59%

日経平均 ▲0.10% 
(年初来+6.50%

本日は売買あり。
神戸物産を全株売却。株主優待目的株を一部売却。

保有銘柄数が多いので、ここ最近は箇条書きで始めています。
(※文章の下のURLはIR等の関連記事へのリンクです)


・保有15銘柄は強弱まちまち。ビューティガレージ+2.78%と続伸し、連日で上場来高値を更新。また、薬王堂が+4.84%と反発しました。その一方、ゲンキー▲3.19%、ダイヤモンドダイニングが▲2.76%の下落となりました。

・恩株として保有していた神戸物産を全株利食いしました。今朝の日本経済新聞に「太陽光の買い取り価格の引き下げが決まった。20円台は採算上厳しく、新規開発する事業者は激減する」という内容の記事が載っていました。当ブログの1月28日の記事「神戸物産が中期ビジョンを公表」で次のように書きました。
”(太陽光を含む)エコ再生エネルギー事業だけで経常利益50億円以上を目標としています。中期ビジョンの経常利益の33%を稼ぐ計算になります。けれども、実現可能性がどのくらいの確率なのか紅の鹿には皆目見当がつきません。そのため、本音を言えば、神戸物産の株式は明日、全株売却してもいいぐらいです。やはり、自分の得意分野(小売、飲食チェーン)で勝負したほうが無難ですからね。”
知識不足もあり、今回の太陽光の買い取り価格の引き下げが同社のエコ再生エネルギー事業計画にこれからどのように影響してくるのかがわかりません。自分の理解できない事業によって今後の業績が大きく左右される状況で株式を保有し続けることは難しいと判断しました。そのため、そろそろ潮時かなと思い、本日、神戸物産を手放すことに決めました。

・2月末の株式配当金及び株主優待の権利を取得することを目的に保有していた株主優待目的株の一部を売却しました。

・神戸物産の利益確定(&株主優待目的株の売却損益)により特定口座・源泉徴収ありで徴収される税金は、楽天証券では明日の朝に確定して口座に反映されます。よって、本日の成績には含まれていません。

ダイヤモンドダイニングの子会社のゴールデンマジックが、関西養老乃瀧から11店舗の事業用資産を取得することが発表されました。当ブログの昨年9月14日の記事「ダイヤモンドダイニングの株式は買いどきか否か!?〔会社紹介編〕」で書きましたが、ゴールデンマジックの山本勇太社長が「これから1年~1年半の間に関東1都3県での100店舗展開が最初の目標。その後は、立地的なリスクヘッジの意味を含めて、関西で数十店舗規模のドミナント出店を目指す。」とインタビューで答えていた九州熱中屋の関西ドミナント出店の第1歩になりそうです。(※2月18日に発表済みの2店舗を加えると合計で13店舗)
http://navigator.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=1220052&code=3073&ln=ja&disp=simple





さて、本日は2月末の株式配当金及び株主優待の権利落ち日でした。

保有15銘柄の中では、薬王堂、トレジャー・ファクトリー、ダイヤモンドダイニングが該当。

権利落ちでどのくらい株価が下落するのかドキドキしましたが、薬王堂は予想外の上昇、トレジャー・ファクトリーとダイヤモンドダイニングは小幅な下落にとどまり、ほっと一安心。



<現在保有している銘柄(※コード順)>

2772 ゲンキー、3053 ペッパーフードサービス、3073 ダイヤモンドダイニング、3085 アークランドサービス、3093 トレジャー・ファクトリー、3160 大光、3175 エー・ピーカンパニー、3179 シュッピン、3180 ビューティガレージ、3221 ヨシックス、3385 薬王堂8202 ラオックス9828 元気寿司、MBT モバイルテレシステムズ (合計14銘柄※株主優待目的株は含まない)

(※ブログの更新、保有銘柄に関連する気になったニュースなどを、紅の鹿のTwitter「https://twitter.com/cervo_rossoでつぶやいています。Twitterアカウントをお持ちの方はフォロー&解除ご自由にどうぞ。)

スポンサードリンク
自己紹介
紅の鹿。個人投資家。
スタジオジブリの映画「紅の豚」をこよなく愛する。

2005年に株式投資を開始しました。
2013年11月23日にlivedoorブログ「紅の鹿の日記」を開設。

2014年4月11日~2015年4月10日の1年間、「下落相場に強く、好業績が見込める企業に投資する」(※具体的には、以下の投資基準の両方または片方に適合する企業に投資する)という投資方針に基づいて株式投資を行い、1年間のパフォーマンスが+100%超えを記録しました。
・投資基準1:「2014年4月11日の株価が2014年1月1日より上昇している」かつ「今期、過去最高益を見込んでいる」企業に投資する
・投資基準2:「日経平均株価が急落した2014年10月1日~16日までの期間に株価が上昇している」かつ「好業績が見込める」企業に投資する

2014年10月29日から信用取引を開始。
2015年4~5月には、FPG株への投資で失敗。信用取引を封印。

2015年5月22日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を立ち上げ。

2015年7月24日に信用取引を解禁して、地方の食品スーパー5社へ集中投資を行う。

2015年8月24日に、数日前に公募増資を発表していたノジマの株式を買い増しするために食品スーパー5社の株式を売却。8月26日にノジマの公募増資の中止が決定。

2015年10月1日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を「紅の鹿の日記」へ移管・統合。

2015年10月からファンダ個別株投資・ベアETFヘッジ法(※ファンダメンタルズ分析に基づいて個別株を購入したときに、個別株を購入した金額と同額のベアETFも購入する投資手法)を実行に移す。高配当利回り株投資法、決算跨ぎ空売り投資法、アノマリー投資法なども実行に移す。

2015年12月に億り人(=株式投資で1億円を稼いだ個人投資家)になる。

2016年1月から個別株ショート(空売り)の勉強および実践に注力する。

2016年2月下旬から外国株式の高配当利回り株投資(配当貴族投資など)を実行する。
2016年3月末から配当成長株投資を本格化。

2016年6月に配当成長株投資を中止。ファンダ個別株投資に再び資金を集中させる。
年始からの複数のしくじり投資により、2016年8月に資産が8,000万円まで落ち込む。

2016年11月、投資資産1億円に回復(※パートナーエージェント、ゲンキーのおかげ)。
2016年12月31日、株式投資資産額1.07億円。

2017年の投資方針は「優位性がある投資手法」。具体的には、時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株。
 ※当ブログはリンクフリーです。
 ※当ブログにはフィクションが含まれています。
 ※株式投資は自己責任でお願いします。

最新記事
記事検索
お気に入り株式投資ブログRSS
  • ライブドアブログ