紅の鹿の日記

金と女と自由と名声を手に入れられる飛行艇乗りになるために、飛行艇購入資金・操縦訓練費用・当面の生活費として資産2億円を目指す奮闘記です。「株式投資をしない鹿は、ただの鹿だ」

2014年06月

株主優待廃止、ポイント廃止で業績が低迷していたゲンキーの株式を購入(2014年6月27日の株式投資結果)

紅の鹿 ▲1.23% (年初来+20.80%

日経平均 ▲1.39% 
(年初来▲7.34%


本日は売買あり。
ゲンキーを新規購入。M&Aキャピタルパートナーズ、アサンテ、トラストテックを一部売却。

トレジャー・ファクトリー+1.54%の2,572円に続伸し、上場来高値を更新しました。

その一方、昨日まで4日連続で上場来高値を更新していたアサンテが▲3.97%の1,404円に下落。また、ペッパフードサービスが▲3.54%の2,286円、M&Aキャピタルパートナーズが▲2.60%の2,323円に下がりました。

今週は、週間でマイナスの成績となりましたが、保有10銘柄のうち半分の5銘柄が権利落ち日だったにもかかわらず微減にとどまり、かつ主要株式指数(日経平均、TOPIX、ジャスダック指数等)のパフォーマンスを上回ったので上出来かなと思います。まぁ、下げ相場には強いポートフォリオになっているということもありますが。




そして、本日は、福井県・岐阜県を中心に中部圏でドラッグストアを展開しているゲンキーの株式を新規購入しました。(ポートフォリオのウェイト第4位まで一気買い。キャッシュはほとんど使い果たす。)

※ゲンキーは、今期に過去最高益を見込んでいないため現在の投資方針に該当しません。よって、M&Aキャピタルパートナーズと同様、例外扱いとなります。

2014-06-27-21-12-38


さて、このゲンキーという会社ですが、実は株主優待好きの投資家の間では非常に有名な会社です。

ご存知の方も多いと思いますが、

ゲンキーは、東証1部に上場する前に太っ腹な株主優待を新設し、晴れて東証1部に上場できた後に株主優待を廃止して、優待投資家の大ブーイングを受けました。
さらに同時期にポイントカードを廃止したことがきっかけとなり、お客さんが他店舗に流れて業績が悪化。

その結果、同社の株を手放す株主が増加し、一時は東証1部上場基準の株主数2,200人割れ寸前まで株主が減りました。

さすがにこのままではまずいと考えたのか、廃止した株主優待を復活させ、廃止したポイントカードも復活させましたが、支離滅裂な行動が目立ちました。


・・・このようにいろいろと拙い面があった会社ですが、最近は月次売上が好調に推移して業績は回復基調です。そして、株価は連日上場来高値を更新するなど右肩上がり。

けれども、まだまだPER、PBRなどの指標面で割高感はありません。


会社四季報によると、来期(2015年6月期)は岐阜県など中心に店舗純増30と出店を急加速させるとのことです。
現在の全店舗数が約100店舗のため、1年間で30%増となる大量出店(30店)は非常にインパクトが大きいですね。今後の売上拡大に期待がもてそう。(ただし、出店費用がかさみ一時的には利益面で苦戦するかもしれませんが)


なお、M&Aキャピタルパートナーズ、アサンテ、トラストテックはゲンキー購入資金の確保及びリバランスのため一部利食いしました。


<現在保有している銘柄(※コード順)>

2154 トラスト・テック、2222 寿スピリッツ、2752 フジオフードシステム、2772 ゲンキーNEW!3053 ペッパーフードサービス、3085 アークランドサービス、3091 ブロンコビリー、3093 トレジャー・ファクトリー、6073 アサンテ、6080 M&Aキャピタルパートナーズ (合計10銘柄)


(※ブログの更新、保有銘柄に関連する気になったニュースなどを、紅の鹿のTwitter「https://twitter.com/cervo_rossoでつぶやいています。Twitterアカウントをお持ちの方はフォロー&解除ご自由にどうぞ。)

権利落ち日に怯える紅の鹿に、株の女神が微笑みました(2014年6月26日の株式投資結果)

紅の鹿 +1.69%  (年初来+22.36%

日経平均 +0.27%  
(年初来▲6.03%


本日は売買あり。
セリアを全株売却。トレジャーファクトリーとペッパーフードサービスを買い増し。

6月末日の配当または株主優待の権利落ちだったトラストテックが▲3.72%の1,683円、フジオフードシステムが▲3.51%の2,691円、アークランドサービスが▲1.30%の3,405円に下落しました。

その一方、アサンテ+2.89%の1,462円に続伸し、4日連続で上場来高値を更新。株式購入後約1か月半の保有期間で含み益が+30%を突破しています。
また、ペッパーフードサービスが+7.48%の2,370円、M&Aキャピタルパートナーズが+6.00%の2,385円に上昇しました。

その結果、保有10銘柄の過半数である5銘柄が配当・株主優待の権利落ち日だったにもかかわらず、本日の成績はプラスとなっています。

昨晩は、権利落ちによる株価下落に怯えて一睡もできなかったのに(笑)
株の女神が微笑んでくれましたね。
株価は当日になってみないとどのように動くのかわからないものだなとつくづく思いました。



そして、本日は先週に購入したばかりのセリアを全株売却しました。(約▲5%の損切り)
4日続落で株価が下がっていたペッパーフードが権利落ち日で安くなったところを買い増ししようと考えていて、資金確保のために購入してから株価が下降気味だったセリアを売却。

セリアは先週末に当ブログの個別記事で取り上げたにも関わらずあっさりと方向転換。投資方針に該当していない銘柄だったこともあってすんなりと売却の決断ができました。ただし、過去に購入した現在の投資方針に該当しない銘柄(※ブロッコリー、日本管理センター、ハピネット、G-7ホールディングス)は、紅の鹿が売却した後に株価が上昇しているので、明日以降セリアの株価も上昇するかも?!

そして、ペッパーフードを買い増したのですが、買い増しを開始した後場から株価が急伸してしまったため、指値注文がひとつも約定せず、あまり買えずじまい・・・

また、来月発表の第1四半期決算に期待して、ポートフォリオのウェイトが一番低かったトレジャー・ファクトリーを買い増ししました。

けれども、まだセリアを売却した資金がキャッシュとしてそこそこ残っていますので、これからどのように使うか考えます。まぁ、紅の鹿はポジポジ病のため、さっそく明日、どこかの会社の株式を買っちゃうと思います(苦笑)


<現在保有している銘柄(※コード順)>

2154 トラスト・テック、2222 寿スピリッツ、2752 フジオフードシステム、3053 ペッパーフードサービス、3085 アークランドサービス、3091 ブロンコビリー、3093 トレジャー・ファクトリー、6073 アサンテ、6080 M&Aキャピタルパートナーズ (合計9銘柄)


(※ブログの更新、保有銘柄に関連する気になったニュースなどを、紅の鹿のTwitter「https://twitter.com/cervo_rossoでつぶやいています。Twitterアカウントをお持ちの方はフォロー&解除ご自由にどうぞ。)

いきなりステーキのリブロース1500gを無料で食べられる権利をゲット(2014年6月25日の株式投資結果)

紅の鹿 ▲0.83%  (年初来+20.33%

日経平均 ▲0.71%  
(年初来▲6.29%


本日は売買なし。

アサンテ+1.65%の1,421円に続伸し、3日連続で上場来高値を更新しました。
その一方、ペッパーフードサービスが▲2.17%の2,205円と4日続落。


本日は6月末日の株式配当・株主優待の権利付き最終日でしたが、昨日のブログに書いたとおり該当する5銘柄(ブロンコビリー、アークランドサービス、ペッパーフード、フジオフード、トラストテック)をすべて持ち越しました。

そして、紅の鹿は、ペッパーフードサービスの株式を1,000株以上保有しているため、今話題の立食いステーキ専門店「いきなりステーキ」のリブロース1,500g(※1g当たり5円)を無料で食べることができる権利(=7,500円相当の食事券)をゲットしました。


タダでステーキ♪
肉祭りやで~!


しかし、そこには「あま~い罠」が・・・



みなさんご承知のとおり、権利落ち日となる明日は、ペッパーフードの株価は十中八九下がるんですよね。
7,500円相当の食事券をもらえる代わりに数万円以上の損失が出ることも・・・

まさに、

タダより高いものはない!(爆)



5銘柄も配当・株主優待の権利を取得してしまったため、権利落ち日の株価下落に怯える紅の鹿でした。
明日は▲1%~▲2%程度の下げは覚悟せねば(涙)


<現在保有している銘柄(※コード順)>

2154 トラスト・テック、2222 寿スピリッツ、2752 フジオフードシステム、2782 セリア、3053 ペッパーフードサービス、3085 アークランドサービス、3091 ブロンコビリー、3093 トレジャー・ファクトリー、6073 アサンテ、6080 M&Aキャピタルパートナーズ (合計10銘柄)


(※ブログの更新、保有銘柄に関連する気になったニュースなどを、紅の鹿のTwitter「https://twitter.com/cervo_rossoでつぶやいています。Twitterアカウントをお持ちの方はフォロー&解除ご自由にどうぞ。)

明日は6月の配当・株主優待の権利付き最終日(2014年6月24日の株式投資結果)

紅の鹿 +0.20%  (年初来+21.32%

日経平均 +0.05%  
(年初来▲5.62%


本日は売買なし。

昨日引け後に業績予想の上方修正を発表していたフジオフードシステム+1.67%の2,797円に上昇し、年初来高値を更新。また、ブロンコビリー+3.00%の2,575円、アサンテ+2.57%の1,398円に続伸し、両社ともに上場来高値を更新しました。

その反面、ペッパーフードサービスが▲1.96%の2,254円と3日続落。

株式購入から約3か月間で、フジオフードは+40%、ブロンコビリーは+30%超えの含み益となりました。ロボット株、ゲーム株、バイオ株のように1日で一気に二桁パーセント以上上昇するというような派手さはありませんが、着実に含み益が増えています。




さて、明日25日は6月末日の株式配当・株主優待の権利付き最終日です。
(明日の引け後まで株式を保有していた場合に配当と優待の権利を取得可)

紅の鹿の保有10銘柄のうち、実に過半数の5銘柄(ブロンコビリー、アークランドサービス、ペッパーフード、フジオフード、トラストテック)が該当します。

・ブロンコビリー: 配当、株主優待(食事券)
・アークランドサービス: 配当、株主優待(食事券)
・ペッパーフードサービス: 株主優待(食事券)
・フジオフードシステム: 株主優待(自社関連品)
・トラストテック: 配当


権利付き最終日の翌日(=権利落ち日)は、株価が下落することが多いので、権利を取らずにいったん明日に株を売却するのもひとつの手なのですが、5銘柄とも含み益のため売却してしまうと税金が控除(=源泉徴収)されて元の株数を買い戻せなくなるため、そのまま保有し続けます。

まぁ、権利落ち日にいったん下落しても業績が良ければ、いずれ株価は元に戻りますしね。


<現在保有している銘柄(※コード順)>

2154 トラスト・テック、2222 寿スピリッツ、2752 フジオフードシステム、2782 セリア、3053 ペッパーフードサービス、3085 アークランドサービス、3091 ブロンコビリー、3093 トレジャー・ファクトリー、6073 アサンテ、6080 M&Aキャピタルパートナーズ (合計10銘柄)


(※ブログの更新、保有銘柄に関連する気になったニュースなどを、紅の鹿のTwitter「https://twitter.com/cervo_rossoでつぶやいています。Twitterアカウントをお持ちの方はフォロー&解除ご自由にどうぞ。)

フジオフードシステムが業績予想の上方修正を発表(2014年6月23日の株式投資結果)

紅の鹿 ▲0.37%  (年初来+21.06%

日経平均 +0.13%  
(年初来▲5.66%


本日は売買なし。

アサンテ+3.26%の1,363円に上昇し、上場来高値を更新。また、M&Aキャピタルパートナーズが+2.79%の2,285円に上昇しました。
その反面、ペッパーフードサービスが▲3.40%の2,299円に続落。



さて、本日の引け後に、大衆食堂「まいどおおきに食堂」などを全国展開しているフジオフードシステムが業績予想の上方修正を発表しました。

2014-04-11-22-04-10


第1四半期決算と好調な月次売上実績から上方修正は確実だと思っていましたが、予想より早い時期での発表でした。てっきり6月の数字が確定する7月に出すだろうと。

具体的な数字は同社の「業績予想の修正のお知らせ」を見ていただきたいのですが、紅の鹿が特に注目したいのは営業利益率ですね。ついに9%超え

〔営業利益率〕
・2014年12月期第2四半期累計(予想): 9.04%
・2014年12月期通期(予想): 9.28%

前期(2013年12月期)の営業利益は7.93%だったため、1%を超える改善となっています。

円高、原材料高、人件費増等のコスト増加要素が多い中ですからね。
ただただ素晴らしいとしか言いようがありません。



なお、外食チェーンでは先日に回転寿司のくらコーポレーション、本日にカレーの壱番屋も業績予想の上方修正を発表しています。

消費税増税後の落ち込みを見込んで保守的な予想を出している外食チェーンで、既存店売上高が好調に推移している会社(※紅の鹿の保有銘柄の中では、ブロンコビリーやペッパーフードが該当)は、7月末日までに続々と上方修正を発表することになるでしょう。


<現在保有している銘柄(※コード順)>

2154 トラスト・テック、2222 寿スピリッツ、2752 フジオフードシステム、2782 セリア、3053 ペッパーフードサービス、3085 アークランドサービス、3091 ブロンコビリー、3093 トレジャー・ファクトリー、6073 アサンテ、6080 M&Aキャピタルパートナーズ (合計10銘柄)


(※ブログの更新、保有銘柄に関連する気になったニュースなどを、紅の鹿のTwitter「https://twitter.com/cervo_rossoでつぶやいています。Twitterアカウントをお持ちの方はフォロー&解除ご自由にどうぞ。)

スポンサードリンク
自己紹介
紅の鹿。個人投資家。
スタジオジブリの映画「紅の豚」をこよなく愛する。

2005年に株式投資を開始しました。
2013年11月23日にlivedoorブログ「紅の鹿の日記」を開設。

2014年4月11日~2015年4月10日の1年間、「下落相場に強く、好業績が見込める企業に投資する」(※具体的には、以下の投資基準の両方または片方に適合する企業に投資する)という投資方針に基づいて株式投資を行い、1年間のパフォーマンスが+100%超えを記録しました。
・投資基準1:「2014年4月11日の株価が2014年1月1日より上昇している」かつ「今期、過去最高益を見込んでいる」企業に投資する
・投資基準2:「日経平均株価が急落した2014年10月1日~16日までの期間に株価が上昇している」かつ「好業績が見込める」企業に投資する

2014年10月29日から信用取引を開始。
2015年4~5月には、FPG株への投資で失敗。信用取引を封印。

2015年5月22日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を立ち上げ。

2015年7月24日に信用取引を解禁して、地方の食品スーパー5社へ集中投資を行う。

2015年8月24日に、数日前に公募増資を発表していたノジマの株式を買い増しするために食品スーパー5社の株式を売却。8月26日にノジマの公募増資の中止が決定。

2015年10月1日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を「紅の鹿の日記」へ移管・統合。

2015年10月からファンダ個別株投資・ベアETFヘッジ法(※ファンダメンタルズ分析に基づいて個別株を購入したときに、個別株を購入した金額と同額のベアETFも購入する投資手法)を実行に移す。高配当利回り株投資法、決算跨ぎ空売り投資法、アノマリー投資法なども実行に移す。

2015年12月に億り人(=株式投資で1億円を稼いだ個人投資家)になる。

2016年1月から個別株ショート(空売り)の勉強および実践に注力する。

2016年2月下旬から外国株式の高配当利回り株投資(配当貴族投資など)を実行する。
2016年3月末から配当成長株投資を本格化。

2016年6月に配当成長株投資を中止。ファンダ個別株投資に再び資金を集中させる。
年始からの複数のしくじり投資により、2016年8月に資産が8,000万円まで落ち込む。

2016年11月、投資資産1億円に回復(※パートナーエージェント、ゲンキーのおかげ)。
2016年12月31日、株式投資資産額1.07億円。

2017年の投資方針は「優位性がある投資手法」。具体的には、時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株。

2017年3月、株式投資資産額1.16億円。
2017年3月、東証2部新規上場初値買い投資法を実行する。
 ※当ブログはリンクフリーです。
 ※当ブログにはフィクションが含まれています。
 ※株式投資は自己責任でお願いします。

記事検索
お気に入り株式投資ブログRSS
  • ライブドアブログ