紅の鹿の日記

金と女と自由と名声を手に入れられる飛行艇乗りになるために、飛行艇購入資金・操縦訓練費用・当面の生活費として資産2億円を目指す奮闘記です。「株式投資をしない鹿は、ただの鹿だ」

2014年03月

2014年3月末日時点のパフォーマンス

紅の鹿 
  年初来: ▲8.00%
   (1月度: +3.53%

   (2月度:
▲0.93%
   (3月度: ▲10.64%      

 ※「年初来」は、年初資産に対する収益率。
 ※配当込み、税引き後、追加入金除く。


 
日経平均 
 
  年初来: ▲8.98%
   (1月度: ▲8.45%
   (2月度:
▲0.49% 
   (3月度: ▲0.09% 


3月は単月で10%を超える下落となり、日経平均を大幅に下回りました。
年初来ではかろうじて上回っていますがダメダメですね・・・

4月からは心機一転、これまでのマイナスを取り戻せるように投資に励みます。

増税前に株式を買いだめしました(2014年3月31日の株式投資結果)

紅の鹿 +1.13%  (年初来▲8.00%

日経平均 +0.90% 
(年初来▲8.98%


本日は売買あり。

明日からの消費税増税を控えて株式を買いだめしました。
株式購入手数料の消費税だけなので、たいした節約にはなりませんが(笑)

えぇ~と、別に消費税節約のために買ったわけではなくて、ポートフォリオの再構築のために買っただけです。もちろん先週の金曜日に買っていたものを売ったりしました。



さて、昨日ブログに書いたように

「今期、過去最高益を見込んでいる会社」

の中から、気になった会社の株を幅広く買いました。
明日以降もしばらくは頻繁に取引をすることになると思います。

現在保有している銘柄は次のとおりです。

(コード順)

2121 ミクシィ
2222 寿スピリッツ
2429 ワールドインテック
2752 フジオフードシステム
3038 神戸物産
3053 ペッパーフードサービス
3085 アークランドサービス
3091 ブロンコビリー
3093 トレジャー・ファクトリー
3276 日本管理センター
3387 クリエイト・レストランツHD
4750 ダイサン
5941 中西製作所
6392 ヤマダコーポレーション
7593 VTホールディングス
7616 コロワイド
7823 アートネーチャー
9882 イエローハット

ぜんぶで18銘柄です。

※このほかにも4年7ヶ月の長期保有中のビックカメラ100株、NISA口座で購入したリソー教育100株を保有していますが、この2銘柄については金額は小さいし、売るつもりはありませんので、以後は省略します。


内需系の中型株・小型株を中心に購入

購入した理由はそれぞれあるのですが、年初来のパフォーマンスがマイナスの身で述べるのもどうかと思ってて、現時点では控えます。

ミクシィのみ例外扱いです。今期(2014年3月期)の最高益達成は難しそうですが、スマホ向けゲームの「モンスト」がセールスランキングで2位をキープし続けているので、もう少し株価が上昇してもいいかなと。


なお、18銘柄の中には100株しか買っていないものもあれば、1000株以上購入したものもあるため、各銘柄ごとの比重は大きく異なります。

まだまだ買い足りない銘柄や、やっぱり微妙かなと考え直した銘柄がありますので、明日以降も引き続き売買していきます。


(※主力銘柄に関連する気になったニュースは、紅の鹿のTwitter「https://twitter.com/cervo_rosso」でつぶやいています。Twitterアカウントをお持ちの方はフォロー&解除ご自由にどうぞ。)

4月以降の投資方針について

この週末を利用して、4月以降の投資方針について考えていました。


先日のブログ記事では、

外食企業(外食チェーン)を中心としたポートフォリオを組む予定


と書きましたが、投資したいと思える魅力的な外食企業があまりなかったので撤回します。




この2日間いろいろ考えていたのですが、すぐには新しい投資スタンスを確立することは難しそうです。

そこで、とりあえずは気になった会社の株を幅広く買おうかなと思っています。
よって、しばらくは頻繁に取引をすることになるでしょう。


唯一決まっている投資方針としては、

「今期、過去最高益を見込んでいる会社である。」

ということだけです。


ただし、あまりにも銘柄数が多いと管理がしにくくなるので、20銘柄以内に抑えますが。


(※主力銘柄に関連する気になったニュースは、紅の鹿のTwitterhttps://twitter.com/cervo_rossoでつぶやいています。Twitterアカウントをお持ちの方はフォロー&解除ご自由にどうぞ。)

主力銘柄損益状況(2014年3月30日現在)

一昨日、紅の鹿が保有する主力10銘柄(日本株2銘柄、米国株5銘柄、中国株3銘柄)を全株売却したため、現時点の主力銘柄はゼロです。


現在は、外食企業(外食チェーン)、株主優待制度を実施している企業の株式をいくつか保有していますが、資金を集中して投資している銘柄はありません。



週間で日経平均が+3.3%上昇しました。

そのような中、紅の鹿の週間パフォーマンスは▲7.2%の大幅下落となりました。

主力銘柄のほとんどが急落し、パフォーマンスが悪化。
いったんすべての主力銘柄を売却しました。

今年も約3か月が過ぎましたが、なかなか厳しい状況です。

4月からなんとか挽回したい。


(※主力銘柄に関連する気になったニュースは、紅の鹿のTwitter
https://twitter.com/cervo_rossoでつぶやいています。Twitterアカウントをお持ちの方はフォロー&解除ご自由にどうぞ。)

主力10銘柄をすべて売却(2014年3月28日の株式投資結果)

紅の鹿 ▲0.26%  (年初来▲9.13%

日経平均 +0.50% 
(年初来▲9.79%


本日は売買あり。

主力10銘柄(テスラ・モーターズ、フェイスブック、アマゾン、プライスライン、ツイッター、奇虎360、テンセント、四環医薬、コロプラ、ソフトバンク)を全株売却しました。

今年に入ってからインターネットビジネス(広告、SNS、ゲームなど)を手掛ける大手企業に集中投資してきましたが、3か月で資産の1割弱を溶かす結果で終わりました。

情けない・・・(´・ω・`)


ただ、日経平均とほぼ同じパフォーマンスで終えることができましたので、そこまでひどくはなかったかなと。

米国株や中国株を取引することで取引の幅が拡がったので、今後にこの経験を活かしていきます。





さて、今回の失敗にめげずに、さっそく次の投資の種を撒きはじめました。

ずばり、外食企業(外食チェーン)への投資をスタートしました。

銘柄は、日本マクドナルドHD、吉野家HD、チムニー、クリエイト・レストランツHD、コロワイド、きちり、フジオフードシステム、ブロンコビリー、三光マーケティングフーズ、ペッパーフードサービス、マルシェ、大庄など。


きっかけは、昨日届いた日本マクドナルドHDの株主優待券です。
(※昨年12月に権利を取得した分)

今週に入って株価の下落が続いていて気分が沈んでいたところ、少し心が癒されました。
あらためて株主優待券を受け取った時のうれしさ、ありがたさが身に染みたのです。


そして、4月以降の投資方針が少し固まりました。

外食企業(外食チェーン)を中心としたポートフォリオを組む予定です。
(※新しい投資方針は、週末に別記事にてアップします。)


(※主力銘柄に関連する気になったニュースは、紅の鹿のTwitter「https://twitter.com/cervo_rosso」でつぶやいています。Twitterアカウントをお持ちの方はフォロー&解除ご自由にどうぞ。)

スポンサードリンク
自己紹介
紅の鹿。個人投資家。
スタジオジブリの映画「紅の豚」をこよなく愛する。

2005年に株式投資を開始しました。
2013年11月23日にlivedoorブログ「紅の鹿の日記」を開設。

2014年4月11日~2015年4月10日の1年間、「下落相場に強く、好業績が見込める企業に投資する」(※具体的には、以下の投資基準の両方または片方に適合する企業に投資する)という投資方針に基づいて株式投資を行い、1年間のパフォーマンスが+100%超えを記録しました。
・投資基準1:「2014年4月11日の株価が2014年1月1日より上昇している」かつ「今期、過去最高益を見込んでいる」企業に投資する
・投資基準2:「日経平均株価が急落した2014年10月1日~16日までの期間に株価が上昇している」かつ「好業績が見込める」企業に投資する

2014年10月29日から信用取引を開始。
2015年4~5月には、FPG株への投資で失敗。信用取引を封印。

2015年5月22日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を立ち上げ。

2015年7月24日に信用取引を解禁して、地方の食品スーパー5社へ集中投資を行う。

2015年8月24日に、数日前に公募増資を発表していたノジマの株式を買い増しするために食品スーパー5社の株式を売却。8月26日にノジマの公募増資の中止が決定。

2015年10月1日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を「紅の鹿の日記」へ移管・統合。

2015年10月からファンダ個別株投資・ベアETFヘッジ法(※ファンダメンタルズ分析に基づいて個別株を購入したときに、個別株を購入した金額と同額のベアETFも購入する投資手法)を実行に移す。高配当利回り株投資法、決算跨ぎ空売り投資法、アノマリー投資法なども実行に移す。

2015年12月に億り人(=株式投資で1億円を稼いだ個人投資家)になる。

2016年1月から個別株ショート(空売り)の勉強および実践に注力する。

2016年2月下旬から外国株式の高配当利回り株投資(配当貴族投資など)を実行する。
2016年3月末から配当成長株投資を本格化。

2016年6月に配当成長株投資を中止。ファンダ個別株投資に再び資金を集中させる。
年始からの複数のしくじり投資により、2016年8月に資産が8,000万円まで落ち込む。

2016年11月、投資資産1億円に回復(※パートナーエージェント、ゲンキーのおかげ)。
2016年12月31日、株式投資資産額1.07億円。

2017年の投資方針は「優位性がある投資手法」。具体的には、時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株。

2017年3月、株式投資資産額1.16億円。
2017年3月、東証2部新規上場初値買い投資法を実行する。
 ※当ブログはリンクフリーです。
 ※当ブログにはフィクションが含まれています。
 ※株式投資は自己責任でお願いします。

記事検索
お気に入り株式投資ブログRSS
  • ライブドアブログ