株主優待株記事の第一弾。


記念すべき株主優待株の記事第1弾に選ばれたのは・・・


ジャーーーン、ジャジャーーン!!
それは・・・



3048 ビックカメラ


です。



ビックカメラは、紅の鹿が初めて購入した株主優待株なんです。
1番にふさわしいっっぅ!!!


紅の鹿は、2009年7月に39,400円で1株購入して、現在まで4年5か月保有し続けています。





ビックカメラが恋人だとしたら、結婚しててもおかしくないぐらいの長い付き合いです(笑)






2013年8月時点の株主数は170,173人と多く、個人投資家の人気が垣間見えますね。

このブログの読者のみなさんも保有されている方が多いんでしょう。




ビックカメラは、知らない人がいないと言っても過言ではないほど有名な家電量販店です。
紅の鹿もこれまで何度もお世話になっています。


実は、ビックカメラは株主優待を始める人が最初に買う株として最適ですよ

なぜなら、

・購入資金が小さい
・総合(配当+優待)利回りが高い
・使いやすい(※店舗が近くにない田舎は除く。)
・長期期間保有者に対して株主優待の優遇がある

からです。


現在の株価は、52,100円。(最低購入価格52,100円)
年間配当金は、1,000円。
株主優待は、年間3,000円のお買物優待券です。
さらに長期保有者向け制度として、保有期間1年以上でお買物優待券1000円追加、2年以上で2000円追加となります。

よって、総合(配当+優待)利回りは、7.67%になります。2年以上保有したら、11.5%です。

銀行預金の利息が微々たる現在、この利回りは驚異的ですね!!




ビックカメラでは家電製品だけでなく、ビール、ワイン、リキュール、日本酒などのお酒も売っていますので、店舗が近くにあって酒好きの方にもおススメです



ちょうど数日前に、紅の鹿の手元にもお買物優待券3,000円分が届いたところです。
何を買おうかな~。ムフフ。