どうも。

寒いこの時期の会社でのお昼ごはんは、あったかいカップラーメンばかり食べている紅の鹿です。

安くてお手軽で身体もあったまるのでいいのですが、栄養バランスが気になりますね・・・(汗)





映画「紅の豚」では、
空賊・マンマユート団のケチくさいエピソードがでてきます。



ケチな空賊って、カッコ悪いですよね(笑)




しかしこのケチくささは彼らにとっては非常に大切なことです。

なぜなら彼らは飛行艇のローンを背負ってて、そのローンを返済していかないといけないからです。
空賊として生きていくためには仕方がないのです。


ケチくさい人には、ケチくさくなるなんらかの理由(カッコよく言えば信念)があると思います。




世間的にみれば、紅の鹿もケチくさい部類に入ると思います。


自動車は所有していないし、保険(生命保険、医療保険)には入っていない。
会社で食べるお昼ご飯のうち週3回は近所のスーパーで売っている69円~89円の特売品のカップラーメン。
本は立ち読みですますか図書館で借りる。
家では極力電気をつけない。

・・・などなど。




投資を始めるためには、まず種銭(=自己資金)が必要です。


種銭は、


「 収入 - 費用 = 余剰資金(自己資金) 」


の計算式で求められます。



つまり、初めて自己資金を作るためには、
収入を増やすか、費用を減らすかのどちらかになります。


収入を増やすのが難しいサラリーマンにとっては、費用を減らすのが手っ取りばやい。



よって、ケチ(=倹約)が大事になってくるんですよ!!





「ケチくせえ野郎だ。」





飛行艇乗りを目指して1億円を貯めなければならない紅の鹿にとっては最高の誉め言葉なのかもしれません。