昨年9月に当ブログ記事にて紹介しましたイオングループ食品小売業の上場会社8社の株主優待先回り買い投資法の結果がでましたので発表します。

昨年9月に書いた過去記事はこちら↓
イオングループ食品小売業の上場会社8社の株主優待先回り買い投資法


〔結果発表〕

・株価推移
aeon1

・株価騰落率
aeon2

昨年12月の株式市場の急落で主要な株式指数が9月15日時点から大きく下がったことが大きく影響して、4か月半(135日)の株式保有期間で▲1.1%の損失となりました。

ベンチマークとなるTOPIXは▲10.3%、ジャスダック指数は▲11.7%となっていて、ベンチマークを約+10%アウトパフォームしています。

とは言ったものの、最終的にマイナスとなっていることにはかわりませんので、ただただ申し訳ないです。

地合いの大幅な悪化という大きな壁がたちふさがり、優位性がある(と考えていた)投資手法はあと一歩及ばずでした・・・