6回に渡って書いてきた「負けない投資と優位性がある投資手法」についてですが、今回の記事で最後となります。

まずはじめに、これまでの要点をおさらいしておきます。

・優位性がある投資手法の数を増やせば増やすほど負けない投資家になれる。
・個人投資家それぞれ優位性がある投資手法は異なる。
・時間軸がデイのロング、時間軸がデイのショート、時間軸が数日のロング、時間軸が数日のショート、時間軸が数週間~数か月のロング、時間軸が数週間~数か月のショート、時間軸が1年以上のロングなど、複数の優位性がある投資手法を揃えられたときに、より一層負けない投資家になれる。
・優位性がある投資手法を見つけるためには、面倒くさがらずに取引記録をつけなければならない。
・株の発注ボタンを押す前には必ず、「今回の注文は、〇〇〇投資法に基づいている。」と頭の中で思い浮かべるようにする。投資手法名称が思い浮かばないときは、発注ボタンを押さない。


株式市場は常に変わり続けていて、また株式市場に参入する投資家を取り巻く環境も変わり続けています。
そのため、これまで数年間に渡って優位性があった投資手法が、ある日を境に優位性を失ってしまうこともあるでしょう。

もしそのときに、優位性がある投資手法をひとつしか持っていなければ、株式市場で生き残っていくことは難しくなります。急に新しいやり方に変えたとしても上手くいかないのが常です。
しかしながら、優位性がある投資手法を複数持っていればどうでしょうか。


最後に参考のために、現時点の僕の優位性がある投資手法、絶対にやってはいけない優位性がない投資手法、優位性が不明の投資手法をまとめておきます。

〔優位性がある投資手法〕
yuui1

〔絶対にやってはいけない優位性がない投資手法〕
yuui2

〔優位性が不明の投資手法〕
 ・上記以外のすべての投資手法


優位性がある投資手法については、過去に当ブログ記事で取り上げたことがある投資手法が大半を占めています。これら11個の優位性がある投資手法は、買いまたは売り、時間軸はデイから超長期までと異なっています。そのときどきの相場の状況に合わせて条件を満たした銘柄が見つかったときに株式の売買を行います。

会社四季報を読みこんで新たな銘柄を見つける、いわゆる会社四季報投資法は個人投資家の間で一定の人気があると思いますが、僕にとっては優位性がないため、昨日発売された最新の会社四季報を買って読みこむことはしません。ネット証券の四季報で保有銘柄の内容を読む程度ですね。

また、絶対やってはいけない優位性がない投資手法について少し補足しておきますと、「1.値動き」とは、その名のとおり、相場の上がり下がり、値動きだけをみて株式を買ったり売ったりすることで、主に売買代金急増銘柄が対象になります。僕の場合は、利小損大(コツコツドカン)になるため厳禁です。
「3.日経レバレッジETF」は、相場に大きな影響を与えるイベントが発生したとき、または発生する直前に(例えば、英国のEU離脱是非を問う国民投票や米国の大統領選挙、日銀の金融政策決定会合など)、指数の値動きを予想して安易に利益を稼ごうと日経レバレッジETFを買うまたは売ることです。こちらも利小損大(コツコツドカン)になるため厳禁です。

優位性が不明の投資手法についてですが、取引記録の実績データが少ない、データがあっても五分五分であるなどの理由で、優位性があるのかそれともないのかがまだわからない投資手法がこちらに分類されます。
売買をしたあとに優位性がないと気づき、そのときにはすでに大きな損失を出していた、というようなことがないように、優位性が不明な投資手法に基づいて株式を売買するときは、ポジションサイズを小さくします。
取引を繰り返していくに、優位性がある投資手法になることもあれば、絶対やってはいけない優位性がない投資手法になることもあります。

以上で、合計7回に渡って書いてきた「負けない投資と優位性がある投資手法」についての記事は終わりです。