さまざまな事情が重なり、先月から株式投資に割くことができる時間が減っています。


株式投資をする上で、時間が多ければ多いほど株式投資のパフォーマンスが良くなるというわけではありませんが、これまで毎週こなしていたルーティーンの時間すら十分に取れなくなってくると、ストレスが溜まります。

そこで最近は、限られた時間を有効に使えるように、株式投資に関する取捨選択を進めています。


具体的には、これまで続けてきた中で、実際に銘柄発掘につながらなかった、パフォーマンス向上(=収益)につながらなかった(つながった記憶がない)ものは捨てていくという作業です。

例えば、これまで紅の鹿は、週間ダイヤモンド、週間東洋経済、週間エコノミスト、AERAを毎週読んでいましたが、この4誌の記事から銘柄発掘をできた記憶がないので、今月から読むのを止めました。

ツイッターも、つぶやきが銘柄発掘につながった記憶がないアカウントはフォローから外しました。
個人投資家の大半がフォローしている有名なアカウントだからという理由だけで漫然とフォローしていた有名アカウントも外しました。
その結果、ツイッターのフォロー数はツイッターを始めて以来最小となる81アカウントまで減少。
タイムラインがすっきりして良い感じになりました。

また、定期的に巡回している投資ブログも同様です。


これからも株式投資に費やす時間の取捨選択を続けていきます。