昨日に、2017年の投資方針を公表しました。


2017年の投資方針は、「優位性がある投資手法」。

紅の鹿の優位性は、「買いどきか否か!?」と「紅の鹿投信」。

具体的には、時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株


昨日の当ブログ記事で書いたように、2017年の投資方針は昨年の後半から徐々に固まりつつあったもので、すでに昨年後半から2017年の投資方針に基づいた株式投資を始めています。

今はちょうど、2017年の年始という区切りの良い時期であるため、2017年の投資方針に基づいて構築した現在の主力株ポートフォリオ(※株主優待取得目的株などは除く)を記録しておきたいと思います。


<2017年の年始のポートフォリオ>

2772 
ゲンキー
6181 
パートナーエージェント
3193 
鳥貴族
7636 
ハンズマン
6099 
エラン
3093 
トレジャー・ファクトリー
3547 
串カツ田中
9769 学究社
3817 
SRAホールディングス
PM 
フィリップ・モリス
MBT 
モバイルテレシステムズ(ADR)
HSBC HSBCホールディングス(ADR)


以上、合計12銘柄です。

上記の銘柄には2017年の投資方針に基づいて投資していますので、原則、12か月以上の中長期保有とし、中長期保有するために現物株式保有が前提となります。

なお、上記の銘柄に投資した理由および2017年の投資方針に適合しているかどうかなどは、次のとおりです。
下記のリンク先(URL)は当ブログの過去記事です。



2772 ゲンキー
ゲンキーの第1四半期決算の分析と薬王堂比較
ゲンキーの株式は買いどきか否か!?〔完結編〕

6181 パートナーエージェント
パートナーエージェントの株式は買いどきか否か!?
一歩先を行く投資術(業績連動型有償ストック・オプション編)

3193 鳥貴族
紅の鹿投信「5銘柄厳選! 小売・外食・サービス株ファンド」

7636 ハンズマン
紅の鹿投信「5銘柄厳選! 小売・外食・サービス株ファンド」

6099 エラン
紅の鹿投信「5銘柄厳選! 小売・外食・サービス株ファンド」

3093 トレジャー・ファクトリー
紅の鹿投信「5銘柄厳選! 小売・外食・サービス株ファンド」

3547 串カツ田中
紅の鹿投信「5銘柄厳選! 小売・外食・サービス株ファンド」

9769 学究社
・増配が期待できる高配当利回り株(※5年連続増配中)、配当利回り4.16%
・貸株金利1.0%のため実質利回りアップ
・学習塾業界の再編機運

3817 SRAホールディングス
高配当利回り株の先取り投資法~東証1部上場、8か月後の配当利回り6.63%~
一歩先を行く投資術(記念配当編)
紅の鹿投信「東証1部・高配当利回り株ファンド」

PM フィリップ・モリス
・増配が期待できる高配当利回り株(※8年連続増配中)、配当利回り4.53%
・iQOS(アイコス)が健康志向の時代の新しいたばこ製品のデファクトスタンダードになる条件を持っている

MBT モバイルテレシステムズ(ADR)
・増配が期待できる高配当利回り株(※現地通貨で5年連続増配中)、配当利回り8.80%
・米国、欧州、日本などの対ロシア経済制裁の解除に期待

2017年NISA口座枠を早速利用

HSBC HSBCホールディングス(ADR)
・増配が期待できる高配当利回り株(※現地通貨で7年連続増配中)、配当利回り6.41%
・世界的な金利上昇が追い風となる

※上記の配当利回りおよび貸株金利は、2017年1月1日時点の楽天証券より抜粋したもの。