あけましておめでとうございます。

新年を迎えましたので、2017年の投資方針、目標、展望などを発表します。



<2017年の投資方針>

昨年のしくじり投資をきっかけに、昨年後半からこれまでの株式投資を振り返り、反省・分析などを重ねてきました。


その結果、導き出した答えが「優位性」です。

紅の鹿にとって優位性がある投資手法を投資方針として採用する。

これが、すべてです。

優位性はひとそれぞれ異なり、優位性はこれまでの経験から生まれてきます。
継続して続けてきたことから優位性は生まれます。


紅の鹿の優位性は何か。

その答えは、当ブログ内に残されていました。

これまで3年以上続けてきた当ブログ内から優位性を見つけ出しました。

それは主に、次のふたつです。

(1) 株式銘柄分析記事「買いどきか否か!?」
(2) 紅の鹿投信


「買いどきか否か!?」シリーズと「紅の鹿投信」の第1弾『東証1部・高配当利回り株ファンド』、第2弾『好業績小売・外食チェーン株ファンド(ベアETF型)』については、記事を書いた日以降、何度かにわたって、取り上げた銘柄のその後のパフォーマンスを検証する作業を続けてきました。

その結果、12か月以上継続保有していた場合、記事で取り上げたすべての銘柄のパフォーマンスがプラスになったわけではありませんが、大部分の銘柄についてはプラスのパフォーマンスを記録していることがわかりました。

つまり、株式投資で勝てる(=儲かる確率が高い)投資手法が「買いどきか否か!?」と「紅の鹿投信」です。

これが、紅の鹿の優位性です。


時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。
株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株。



優位性を作り、優位性を維持し、優位性を活かした投資を行う。

それが結果的に、良いパフォーマンスをもたらしてくれると確信しています。




<2017年の投資目標>

昨年までは投資目標を”年初来+XX%”という形で設定していましたが、今年からは投資金額の増加実額を目標に設定することに決めました。

2017年の投資目標は、株式投資資産額130百万円です。

130百万円という数字は、昨年の最高値であり、まずは2017年の投資方針に基づいた株式投資でこの数字を超えることを目標にしたいと考えました。

今の投資資産は107百万円のため、1年間で23百万円増やすことが投資目標になります。


目標達成のために、これから1年間、楽しみながら株式投資をがんばります。