紅の鹿投信「好業績小売・外食チェーン株ファンド(ベアETF型)」のレポートをお届けします。
(対象期間: 2015年10月5日~2016年12月18日)



〔設定日来パフォーマンス〕
ファンド:
+50.12%
ベンチマーク: +8.26%


※ベンチマークは日経平均株価。
※設定日来パフォーマンスは、ファンド設定日である2015年10月5日の前場・始値を基準値として算出したもの。



〔パフォーマンスの推移〕


fund2b


〔資産総額および組み入れ銘柄〕

fund2
 ※ファンド設定日(運用開始日)の資産総額は、8,000,000円。
 ※株式売買手数料、信用建玉金利、配当金入金は反映していない。




〔ファンドマネージャーのコメント〕

前回の2015年12月20日レポートからちょうど1年が経過しました。
そこでひさびさに、1年ぶりとなるレポートをお送りします。

当ファンドの設定日来パフォーマンスは、2015年12月20日時点で
▲10.63%と苦戦していましたが、1年後の現在(2016年12月18日時点)では、+50.12%と大幅に良化しています。
同期間のベンチマーク(日経平均株価)
+8.26%
を大きく上回りました。

日経インバースでヘッジをしていなければ、さらにパフォーマンスは良くなっていたのですが・・・


1年で組み入れ銘柄の株価は大きく変動しています。
株価が3倍以上に上昇した銘柄(TOKYOBASE)があれば、約2倍に上昇した銘柄(薬王堂)があります。
その一方、株価が約半分になった銘柄(トレジャー・ファクトリー)もあります。

中小型の個別株のボラティリティの高さを改めて感じさせられると同時に、1年で株価2倍以上または半分になることがしばしば起こり得ることが実感できますね。


当ファンドの運用結果に対する感想は、人それぞれだと思われますが、何かひとつでも気づきを得られたのであれば嬉しいです。

なお、上記のパフォーマンスには、受取配当金および信用建玉金利は反映されていません。



〔その他〕

当ファンド概要を知りたい方は、こちらをご覧ださい
http://cervorosso.blog.jp/archives/1041701910.html