こんばんは、紅の鹿です。

すでにツイッターでツイート済みですが、
パートナーエージェントのアナリストレポート(9月16日付)が証券リサーチセンターから発行されています。

※アナリストレポート(証券リサーチセンター発行)の詳細はこちら↓

http://www.holistic-r.org/c_info/6181/6181160916.pdf


上記のアナリストレポートは、パートナーエージェントという会社について知りたい人にとっては非常にわかりやすくまとまった内容になっていると思います。

アナリストレポートでは、紅の鹿がこれまで過去にブログ記事で取り上げた1.7億円の大口コンサルティング案件や、ストックオプションの行使条件(2017年3月期から2019年3月期の3事業年度の営業利益累計額が、20億円を超過すれば50%、22億円を超過すれば100%行使できる)についても触れられています。


証券リサーチセンターの2019年3月期までの業績予想は次のとおりです。

image
  (※上記画像は、前述のアナリストレポートより一部抜粋したもの)

今期(2017年3月期)の業績が、会社予想から上振れすると予想しているところが興味深いです。

また、売上高・営業利益共に今後3年は毎年+15%以上成長するという予想です。
そのような成長企業の株式が、現時点ではPER11倍の評価を受けているため、PER面では割安であるといえますね。



ちなみに2期先になりますが、紅の鹿は、パートナーエージェントの2019年3月期の業績予想を、6月4日の当ブログ記事「パートナーエージェントの株式は買いどきか否か!?」(
http://cervorosso.blog.jp/archives/1058128293.html)で書きました。


どちらの予想が的中するのか、それとも、どちらの予想も大外れとなるのか。
答え合わせができる日が来るのが待ち遠しいですね。


〔2019年3月期業績予想の比較〕

(1) 証券リサーチセンター
 売上高: 5,924百万円 
 経常利益: 819百万円 
 経常利益率: 13.8% 
 1株利益(EPS): 174円

(2) 紅の鹿
 売上高: 5,538百万円 
 経常利益: 1,107百万円 
 経常利益率: 20.0% 
 1株利益(EPS): 237円