マクドナルドの創業者で、マクドナルドをフランチャイズ展開して世界最大の外食チェーンにした人物、レイ・クロックの実像を描いた映画『 The Founder 』が今夏(8月4日)に全米公開されます。




『 The Founder 』の原作は、日本でもベストセラーになったレイ・クロックの自伝「成功はゴミ箱の中に」です。

ちょうど良い機会だったので、「成功はゴミ箱の中に」と日本マクドナルドの創業者である藤田田の「勝てば官軍」を読んでみました。

どちらもビジネスマンを中心に長く読まれている良書です。

「52歳からのスタートだった」と知れば、新しいことを始めるのに年齢は関係ないんだと思うでしょう。
また、「金儲けの秘訣は、女と口」など心に響く文章や言葉がたくさんでてくるのですが、読み終えて真っ先に感じたことは、


無性にマクドナルドのハンバーガーとフライドポテトが食べたくなった


ということです。

そして、速攻でマクドナルドへハンバーガーとフライドポテトを食べに行きました。





ここで少しだけ投資家目線を。

本を読み終えて無性にマクドナルドのハンバーガーとフライドポテトが食べたくなった紅の鹿。

・・・ということは、



映画『 The Founder 』を観た人は、映画鑑賞後にマクドナルドのハンバーガーとフライドポテトを無性に食べたくなる・・・はず。

よって、

観客がマクドナルドへハンバーガーとフライドポテトを食べにいく
 ↓
マクドナルドの客数増加
 ↓
マクドナルドの売上増加
 ↓
業績向上
 ↓
株価が上昇する

という流れが導き出せました。



また、映画『 The Founder 』を直接見に行かない人でも、『 The Founder 』のTVCMを観たり、映画公開時に本屋で展開されるであろう『 The Founder 』の原作本や関連本フェアでマクドナルドに関連する本を買って読んだり、映画公開時に企画される多種多様なマクドナルドタイアップキャンペーンでマクドナルドの露出が増えることが予想されることから、

マクドナルドへハンバーガーとフライドポテトを食べにいく人が増える
 ↓
マクドナルドの客数増加
 ↓
マクドナルドの売上増加
 ↓
業績向上
 ↓
株価が上昇する

という流れが導き出せました。



上記の流れを信じる人は、

映画が公開される夏までに、つまり春のうちにマクドナルド(MCD)の株式を買いましょう!(笑)

はたして結果は・・・



なお、残念ながら現時点では『 The Founder 』の日本公開日は未定です。