日銀のマイナス金利導入というサプライズで終わった激動の1月相場。

先月に補完措置を導入して間もないため、今回は現状維持だろうと想定していたためにまったく対処できずでした。
けれども、不動産株、その他金融株など昨日株価が二桁%上昇した銘柄をショートしていなかったため、比較的軽微で済んだのが幸いでした。

うまい人は昨日のマイナス金利導入発表後に大きく稼いだのでしょうね。

2月相場については、マイナス金利導入の影響をこれから勉強した上で考えるとして、まずは簡単に1月相場を振り返っておきます。




2016年1月の日経平均株価の月間パフォーマンスは▲7.96%となりました。

その一方、紅の鹿の月間パフォーマンスはプラスとなり、日経平均株価を大きくアウトパフォームできました。昨年の1月よりも良い結果となり、好スタートがきれました。
また、ショートの経験を積みつつ利益を上げることができ、満足度の高いの1か月でした。

過去に当ブログで公開したポジションの中では、次に挙げるポジションのパフォーマンスが際立って良かったですね。


・ラオックスの目標株価ショート
 月間パフォーマンス+22.2% (株価騰落率▲22.2%

・松屋の不定愁訴ショート
 月間パフォーマンス+24.0% (株価騰落率▲24.0%

・薬王堂ロング・サッポロドラッグストアショート
 月間パフォーマンス+13.1% (※ロングとショート合計)
  〔内訳〕
   薬王堂+5.8%(株価騰落率+5.8%
   サッポロドラッグ+7.3%(株価騰落率▲7.3%

・モバイルテレシステムズのロング
 月間パフォーマンス+15.6% (株価騰落率+15.6%


ラオックスは月次売上高の鈍化が市場関係者に浸透してきたのか株価がずるずると下がった印象です。
松屋は第3四半期決算で業績予想の下方修正が発表されたことで株価が急落しました。
なお、9日のブログ記事で書いたようにラオックス、松屋のショートは月の途中で売り増ししました。

薬王堂は第3四半期決算で業績予想の上方修正及び増配が発表されたことが素直に好感されたようです。1月の日本株式市場は大きく下がりましたが、逆行高を演じてくれました。好業績の会社の株価は底堅いですね。その一方、サッポロドラッグストアの株価は日経平均株価と同程度の下げとなりました。

モバイルテレシステムズは、原油相場の反発につられて株価が大きく上昇したもようです。
2016年NISA口座で購入した分もありますので、このまま株価が上昇気流に乗ってほしいところ。
また、今年は昨年に延長された欧米の対露経済制裁の解除にも期待していますが、どうなることやら・・・



いよいよ週明けから2月相場が始まります。

週明けは日経平均株価が大きく上げて寄り付きそうです。
その後はどのように動くのかはわかりません。
20,000円を目指すのか、それとも再び17,000円を割れるのか・・・

ただ、今月の薬王堂のように日経平均株価が下がっている中でも株価が上昇した会社はあります。
また、日経平均株価が上がったとしても株価が下がる会社は必ずあります。

よって、今月のように個別株のロングとショートで利益を上げられるようにしていきたいと思っています。