ラオックス <8202> が急落。午後1時51分に9円(4.79%)安の179円まで売られた。ドイツ証券が25日、目標株価を320円から220円へ引き下げ、悪材料視されている。投資判断は「ホールド(中立)」を継続。  同証券では、中国からの訪日外客は増加基調で来店客数が想定以上だが、客単価の下落が想定よりも大きい状態が続いていると指摘。同証券の営業利益予想を15年12月期で88億円(従来94億円)、16年12月期で101億円(同122億円)などと修正した。  また、株価が大幅に調整していることから下値余地は限定的と見るものの、消費税免税事業を取り巻く不透明要因は多いとしている。(編集:松浦直角)

http://biz.searchina.net/id/1600786より引用




ここで一番注目したい箇所は、16年12月期の営業利益予想です。

ドイツ証券では16年12月期の営業利益予想を従来の122億円から101億円に下方修正しています。

しかしながら、101億円であれば増益予想となり、ラオックスの利益拡大は続くというストーリーです。

よって、もしも16年12月期が減益(予想)となった場合は、目標株価のさらなる引き下げが行われるでしょう。


なお、ドイツ証券は昨年12月に目標株価を380円から320円に引き下げましたが、2か月も経たないうちに目標株価を320円から220円に引き下げています。

引き下げのペースが早いですね!