日経平均株価は今年初の続伸となり、先週金曜日から本日にかけてはショート勢にとって厳しい日となりましたね・・・

紅の鹿も、周りの個人投資家が大儲けしていた先週の金曜日はマイナスのパフォーマンスを記録しました。。。


けれども本日は、ショートのポジションの中で一番ウェイトが大きいラオックスの株価が下落したこと、ショートの松屋が前日比変わらずだったこと、ロングポジションが軒並み上昇したこと等によって本日のパフォーマンスはプラスになりました。

今週は米国FOMC、日銀金融政策決定会合などの重要イベントが予定されていますので、イベントの内容次第では日経平均株価が18,000円に上昇、または16,000円に下落の両方の可能性がでてきます。どちらの結果になったとしても利益を上げられるようにしたいものです。




ところで今週から3月、6月、9月、12月期決算会社の四半期決算発表が本格化します。

今月3日の記事で書きましたが、3月期決算会社の3Qはポジティブサプライズが発生しにくいため、決算跨ぎショットガンショートを実行する絶好の機会といえるでしょう。

年始から先週まで続いた2月、5月、8月、11月期決算会社の四半期決算発表では地合い悪化という追い風があり、決算跨ぎショットガンショートで運良く利益を上げることができました。

今回は決算会社の数が多いので、積極的にショットガンショートを撃っていきたいと考えています。
週末に標的を探していたのですが、今のところは良さげな会社が約30社見つかっています。

これから実際にショットガンショートを何発撃つかはわかりませんが、トータルでプラスを目指したいですね。