こんにちは、紅の鹿です。


現在紅の鹿は、「今期、過去最高益を見込んでいる」かつ「2014年4月11日の株価が年始より上昇している」企業に投資する、という投資方針に基づいて株式投資をしています。

※現在の投資方針を掲げたときのブログ過去記事は、こちら↓
http://cervorosso.blog.jp/archives/1001619834.html



現在の投資方針を採用してから約6か月の期間が過ぎましたが、現在の投資方針の4月11日~10月5日の期間のパフォーマンスは当ブログの過去記事「現在の投資方針の有効性を検証してみた(10月5日時点)」で書いているとおり、主要株価指数を約+30%上回る好成績を残しています。


しかしながら、まだまだこの程度の成績では満足していません。

もう一段上を目指すために、さらなる高みを目指すため、現在の投資方針を改訂することに決めました。




<投資方針(改訂後)>


「下落相場に強く、好業績が見込める」企業に投資する。具体的には、以下の投資基準の両方または片方に適合する企業に投資する。


・投資基準1

「2014年4月11日の株価が年始より上昇している」かつ「今期、過去最高益を見込んでいる」企業に投資する。

・投資基準2

「日経平均株価が急落した2014年10月1日~16日までの期間に株価が上昇している」かつ「好業績が見込める」企業に投資する。





(※補足説明)

上記の投資基準1、2を両方満たしている企業に投資することが一番望ましいです。けれども、どちらか一方の投資基準を満たしている企業でも良しとします。

根底は、下落相場に強い好業績の企業に投資する、ということです。

なお、投資基準1はこれまでの投資方針と同じものであるため、新たに投資基準2を追加した形になります。



今後、投資方針の有効性の検証は、投資基準1と投資基準2にわけて行っていきます。


現時点で投資基準1および投資基準2に適合する銘柄は次のとおりです。


〔投資基準1(=4月11日に採用した投資方針)に適合する銘柄〕

ゲンキートレジャー・ファクトリー、ブロンコビリー、フジオフードシステム、くらコーポレーション、アークランドサービス、アサンテ、寿スピリッツ、トラスト・テック、神戸物産エスフーズ、アートネーチャー、ディップ、VTホールディングス、ペッパーフードサービス(合計15銘柄)


〔投資基準2に適合する銘柄〕

ゲンキートレジャーファクトリー神戸物産エスフーズ、ダイヤモンドダイニング、コメ兵(合計6銘柄)


青文字の会社は、投資基準1、2の両方に適合している銘柄です。
※保有銘柄の極楽湯は、上記の投資基準1、2に適合していませんが、例外扱い(※紅の鹿の業績予想では過去最高益更新見通しのため投資基準1に適合するが、会社業績予想は過去最高益見通しではなく投資基準1に該当しないため現時点では非公式扱い)とさせていただきます。