紅の鹿 
  年初来: +61.21%
   (1月度: +3.53%

   (2月度:
▲0.93%
   (3月度: ▲10.64%      
   (4月度: +9.25% 
   (5月度: +10.27% 
   (6月度: +9.45% 
   (7月度: +29.26% 
   (8月度: +2.60% 

 ※「年初来」は、年初資産に対する収益率。
 ※配当込み、税引き後、追加入金除く。


 
日経平均 
 
  年初来: ▲5.32%
   (1月度: ▲8.45%
   (2月度:
▲0.49% 
   (3月度: ▲0.09% 
   (4月度: ▲3.53% 
   (5月度: +2.29% 
   (6月度: +3.62% 
   (7月度: +3.03% 
   (8月度: ▲1.26% 


現在の投資方針を採用した4月から、5か月連続でパフォーマンスはプラスを記録しました。

先月に+54.5%の急騰を見せたペッパーフードサービスは、8月は+0.7%の微増にとどまりました。
その代わりに、他の保有銘柄の上昇が寄与して、8月は+2.6%の成績に。


また、現在の投資方針を採用した当初から保有していたブロンコビリー、フジオフードシステム、トレジャー・ファクトリーを全株売却しました。

3銘柄すべてが二桁パーセントの含み益であったため、利益確定時に特定口座で控除される税金によって、年初資産比で約▲2.6%パフォーマンスを押し下げています。よって、▲2.6%の影響があったにもかかわらず、今月は+2.6%の成績で終えられたので、まずまず良い結果であったと思います
(※税金控除分のマイナスがなければ、今月は+5.0%前後の成績となっていた。)


この調子で、9月は、6か月連続となるプラスの成績を目指します。