紅の鹿の日記

金と女と自由と名声を手に入れられる飛行艇乗りになるために、飛行艇購入資金・操縦訓練費用・当面の生活費として資産2億円を目指す奮闘記です。「株式投資をしない鹿は、ただの鹿だ」

2007年の東証2部新規上場初値買い投資法

先月、ローリスク・ミドルリターンの投資手法である「東証2部新規上場初値買い投資法」についての記事を書きました。

※過去記事「東証2部新規上場初値買い投資法を実行に移す」はこちら↓
http://cervorosso.blog.jp/archives/1065057252.html


上記の記事を読まれたオカさんから、次のコメントをいただきました(一部抜粋)。

今回の「東証2部新規上場初値買い投資法」についてですが、過去三年の実績をもとにミドルリスク・リターンローリスク・ミドルリターンとのことですが2014年以前の実績については検証や考慮はされないのでしょうか?
過去三年だけだと余りにも期間が短い気がするのですが。突然の質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。
(※取り消し線の箇所はオカさんのタイピングミスと思われるため、紅の鹿が訂正しました)


実は、当記事を書く前に過去10年分のデータを調査・検証済みでした。
過去10年分をすべてのせると記事が長くなりすぎると考えて、3年分のみのデータを載せていました。結論から先に書くと、過去10年すべての年においてプラスのパフォーマンスとなっています。

例えば 、リーマンショック後に倒産した東証2部上場のモリモトという会社があるのですが、倒産したモリモトが新規上場した年である2008年でもプラスのパフォーマンスを残しています。

過去10年といえば、リーマンショックが起こる前からのデータで、リーマンショック、東日本大震災、民主党政権時の円高不況、そしてアベノミクスまでを網羅しているため、個人的には信頼度が高い投資法であると考え、この投資法を実行に移そうと決めたということです。

過去3年のみプラスで4年前がマイナスであれば信頼性は低く、この投資法を実行することはなかったです。

今回、オカさんからご要望がありましたので、過去10年(2007~2016年)のデータを順次公開していきます。

それでは、2007年から始めます。


〔2007年〕

nibu2007

2007年に東証2部に新規上場した会社(※マザーズ、ジャスダック市場から東証2部へ市場変更した会社は含まない)は、全部で7社ありました。

その中で、2017年4月21日現在までに東証1部指定承認のお知らせを発表した会社は、アサックス、永大産業、ユニバース、前田工繊、リンクアンドモチベーション、プレサンスコーポレーションの6社です。この6社についてはお知らせ発表翌日の前場始値と上場初値を比較した株価騰落率をのせています。その一方、コンテックは、まだ東証2部にとどまっています。コンテックについては東証1部指定承認のお知らせを発表するまで株価騰落率は確定せず現在進行中のため、現時点の株価(2017年4月21日終値)で株価騰落率を計算しています。

2007年は、7月に日経平均株価が18,000円台で推移していました。
しかし、翌8月にパリバ・ショック、サブプライムローン問題を発端とした株価急落があり、12月末日には日経平均株価が15,307円と大幅下落となった年です。
さらに翌年9月にはリーマンショックが起こり、日経平均株価が10,000円を割るなど株価が急降下で落ちていく厳しい市況でした。
(2008年12月末日の日経平均株価は8,859円。1年半で日経平均株価は約半分になった。恐ろしい・・・)

そのため、2007年に東証2部に新規上場した上記7社を取り巻く環境は非常に厳しいものでした。
7社中3社が2008年に東証1部指定承認のお知らせを発表していますが、パリバ・ショックやリーマンショックで日本株式市場が大きく下落している最中であったため、この3社の株価騰落率はマイナスで終わっています。

しかしながら、プレサンスコーポレーションの株価が約4.2倍に上昇したことで、2007年の「東証2部新規上場初値買い投資法」のパフォーマンスは、7社単純平均+24.5%となっています

株価が上昇した会社の数が7社中2社しかなくても(=2勝5敗)、そのうち1社の株価が大きく伸びることで7社単純平均ではプラスのパフォーマンスになっているという事例ですね。
また、プレサンスコーポレーションを除いた6社単純平均では▲26.2%のため、東証2部に新規上場した”すべて”の会社に投資することの大切さを教えてくれる事例です。

なお、残り1社が東証1部指定承認のお知らせを発表した時点で、2007年の「東証2部新規上場初値買い投資法」のパフォーマンスが最終確定します。

ミスターマックス(MrMax)の株式は買いどきか否か!?

どーも、紅の鹿です。

北朝鮮情勢などの地政学リスクの警戒が続いている株式市場ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
このような状況では、ファンダメンタルズではなく需給がすべてという意見もありますが、紅の鹿は2017年の投資方針に基づいて株式投資を続けていくのみです。

ということで、本日は、2017年の投資方針に基づき、ミスターマックス(MrMax)のファンダメンタルズ分析及び今後の成長ストーリーに基づいた株式銘柄分析記事を書きます。(※以下、長文になります)




〔分析〕

ミスターマックス(※証券コード:8203)は、東証1部上場の総合ディスカウントストアチェーンです。

一昨日の13日に2017年2月期本決算(※11か月の変則決算)と2018年2月期業績予想を発表しています。
※2017年2月期本決算の詳細はこちら↓
http://www.mrmax.co.jp/corporation/ir/account/archive/pdf/tanshin_2017.pdf
※2018年2月期業績予想の詳細はこちら↓
http://www.mrmax.co.jp/corporation/release/show_pdf.php?id=402


今期(2018年2月期)の業績予想および配当金予想は、次のとおりです。

・売上高: 1,153億円
・営業利益: 22.5億円
・当期純利益: 17億円
・EPS(1株当たり利益): 51.21円
・1株当たり配当金: 16円
・配当性向: 31.2%

現時点(2017年4月14日終値)の株価は420円。
今期予想PERは8.2倍今期予想PBRは0.6倍台配当利回りは3.8%と本決算発表を通過したことで割安感が強まりました。

また、ミスターマックスは株主優待制度を導入していて、1000株以上を6か月以上継続保有していた場合、2月末に2,000円相当の自社プライベートブランド商品詰合せ(※発送は5月)をもらうことができます。
配当金と株主優待を合わせた利回りは4.3%になります。

既存店月次売上高は、7か月連続で前年同月比プラスと好調です。


今回の分析記事では、ミスターマックス(MrMax)の中期経営計画の営業利益と配当利回り・配当性向に焦点を当てます。


(1) 5か年中期経営計画の営業利益

ミスターマックスは、消費税増税前の駆け込み需要の反動減と円安への対応が遅れて2015年3月期に最終赤字に転落しました。そこで、収益改善に向け5か年中期経営計画(2016年3月期~2020年2月期)を策定しました。


tyuuki


tyuuki2


2016年3月期からスタートした5か年中期経営計画は、1年度目の2016年3月期に営業利益5億円、3年度目の2018年2月期に営業利益22億円、最終年度の2020年2月期に営業利益36億円を目指す計画です。

まずはじめに、
5か年中期経営計画の営業利益を順調に達成できているのか、それとも未達であるのかの進捗状況を確認してみます。

(1年度目)
営業利益計画: 5億円
営業利益実績: 15.3億円
結果: 達成

(2年度目)
営業利益計画: 16億円
営業利益実績: 19.3億円
結果: 達成

(3年度目)
営業利益計画: 22億円
営業利益(2018年2月期予想): 22.5億円


1年度目と2年度目は、計画値を上回る数値で着地しています。
進捗状況は良好といえそうです。

3年度目の2018年2月期は、営業利益計画22億円。13日の本決算時に発表された営業利益予想は22.5億円となっていて、中期経営計画の数字とほぼ一致します。

以下から、紅の鹿独自推定になりますが、
2018年2月期の営業利益予想22.5億円は、中期経営計画に合わせただけの保守的な数字であると考えています。
その理由は、次の3つです。

(a) 1年度目、2年度目の2期ともに、5か年中期経営計画の計画数値を上回る数字で着地している。よって、中期経営計画の前倒し達成が続いていることから、3年度目の2018年2月期も計画数値を上振れする可能性が高い。

(b) いちべつしただけではわかりにくいが、2年度目19.3億円で着地、3年度目予想22.5億円となっており、前期比+16.5%の二桁増益予想に見える。しかしながら、2年度目の2017年2月期は11か月の変則決算であったため、そのまま比較しては数字を見誤ってしまう。単純計算にはなるが、2017年2月期が11か月ではなく12か月であったと仮定すると、「19.3億円÷11か月×12か月=21億円」となる。その場合、2年度目の21億円に対して、3年度目22.5億円予想のため、前期比+7.1%と微増益予想にとどまる。

(c) 既存店月次売上高が7か月連続で前年同月比プラスを記録していて、既存店の立て直しが順調に進んでいる。

したがって、(a)、(b)、(c)の3点を考慮すると、2018年2月期の営業利益予想22.5億円は、中期経営計画に合わせただけの保守的な数字であると推定できます。

紅の鹿推定では、3年度目(2018年2月期)の営業利益は25億円前後です。
(※2017年2月期が12か月決算であったと仮定した場合の21億円と比べると前期比+19%になる。)

ついでに、紅の鹿独自推定と会社計画(会社予想)を並べてみましょう。

(3年度目)
営業利益(会社予想): 22.5億円
営業利益(紅の鹿推定): 25億円(※前期比+19%)

(4年度目)
営業利益(会社予想): 非公表
営業利益(紅の鹿推定): 30億円(※前期比+20%)

(最終年度)
営業利益(会社計画): 36億円
営業利益(紅の鹿推定): 36億円(※前期比+20%)

最終年度の営業利益は、紅の鹿推定と会社計画ともに36億円と同じです。
また、紅の鹿推定では、3期平均+20%の増益率となっていて、高すぎない、無理のない、現実的な数字となっています。

以上により、5か年中期経営計画の3年度目(2018年2月期)の営業利益(会社予想)22.5億円は保守的な数字であると考えられます。また、最終年度の営業利益計画36億円は十分達成可能な現実的な数値目標であると考えられます。



(2) 配当利回りと配当性向

ミスターマックスは、長期的に安定した配当を継続することを重視すると同時に、年間の業績に応じた利益還元を実施しています。

5か年中期経営計画がスタートした1年度目の2016年3月期以降の1株当たりの配当金実績および配当性向は、次のとおりです。

・2016年3月期の配当金実績10円 (配当性向33%)
・2017年2月期の配当金実績14円 (配当性向25%)
・2018年2月期の配当金(予想)16円 (配当性向31%)

営業利益の伸びに比例する形で増配が続いていることがわかります。

2017年2月期は配当性向25%となっていて、30%を下回っていますが、これには2つの理由があります。
1つは、2017年2月期が11か月の変則決算であったため、他の決算期より1か月短かったこと。2つ目は、2017年2月期に固定資産の減損に伴う減価償却費の税効果2億73百万円などを法人税等調整額に計上したことにより、当期純利益が押し上げられたことです。
上記2つの特殊要因を除いた場合、2017年2月期の配当性向は30%を超えます。

以上により、5か年中期経営計画の期間中の配当性向は30%以上が維持されると推定できます。



(3) 目標株価

上記(1)、(2)を踏まえた上で、ミスターマックスの3年後の目標株価を算出します。

上記(1)により、5か年中期経営計画の最終年度の営業利益は36億円(※達成可能な現実的な数値)になると推定します。
3年度目の営業利益(会社予想)は22.5億円のため、営業利益は1.6倍になります。

次に、ディスカウントストアチェーンは、株式市場では不人気業界・業種であるため、高いPERは期待できませんし、現実的ではありません。
しかしながら、今期に1996年3月期以来、実に22年ぶりとなる過去最高営業利益更新を目指し、その後も5か年中期経営計画の最終年度まで増益が続く会社であることを考慮すると、PER10倍の評価はされても良いでしょう。
現時点(2017年4月14日終値)の今期予想PERは8.2倍のため、PER10倍まで評価されると株価は1.22倍になります。

よって、3年後に営業利益が1.6倍、PERが1.22倍になると、「1.6倍×1.22倍=1.95」となり約2倍です。
したがって、今から3年後の株価は、現時点の420円から2倍の840円になります。

紅の鹿推定のミスターマックスの3年後の目標株価は840円です。

3年で株価が2倍になるイメージですね。



余談になりますが、配当利回りからの視点も書いておきます。

営業利益が1.6倍になると、1株あたり利益も1.6倍になります。
その場合、配当性向30%で1株あたり配当金は26円になります。
現時点の株価(2017年4月14日終値)は420円のため、3年後の配当利回りは6.2%になります。

もしも、3年後に株式市場の低迷期やリスクオフの進行などによって、PER10倍の評価が受けられなかったとしても、配当利回りが株価を下支えします。

過去に当ブログの「高配当利回り株の先取り投資法」の記事の中で書きましたが、”東証1部上場の高配当利回りの会社の株式は、配当利回り4.0%の水準まで買われる(※配当性向100%以上または今期・来期の業績見通しが減収減益であるなど減配リスクが高い銘柄を除く)”という考え方があります。

東証1部上場のミスターマックスにも当てはまるため、配当利回り4.0%の水準まで買われた場合、1株あたり配当金26円のとき、株価は650円になります。よって、PER10倍の評価が受けられなくても、3年後に株価は+55%上昇します。加えて、3年分の配当金と株主優待を手に入れることができます。


これまで良いことばかりを書いてきましたが、5か年中期経営計画が未達となった場合のリスクを想定しておく必要があります。

例えば、今後、営業利益がほとんど伸びずに3年後の営業利益が今期と同じ22.5億円にとどまる可能性もあるでしょう。中期経営計画は未達です。このとき、株価への影響はどうなるのでしょうか。

ここで株価を下支えするのが、配当利回りです。
3年後の最終年度の営業利益が22.5億円であった場合、1株あたり配当金は16円(※配当性向30%)になります。
配当利回り4.0%が株価下支えラインとして機能するため、株価は400円までしか下がりません。
現時点の株価(2017年4月14日終値)は420円のため、株価下落率は▲4.8%にとどまります。
しかしながら、実際には3年分の配当金を受け取ることができるため、株価下落分を補って、わずかながらプラスの収益をあげられることになります。




長くなりましたので、まとめに入ります。

紅の鹿推定のミスターマックスの3年後の目標株価は840円です。(=年率26%のミドルリターン)

また、5か年中期経営計画が未達となった場合でも、損失額は最小限に抑えられます。(=ローリスク)

よって、ミスターマックスへの投資はローリスク・ミドルリターンであると考えます。



「今、ミスターマックス(MrMax)の株式は買いどきか否か!?」

答え合わせは3年後に。
なお、くれぐれも株式投資は自己責任でお願いします。

東証2部に新規上場したウェーブロックホールディングスを新規購入

先月、ローリスク・ミドルリターンの投資手法である「東証2部新規上場初値買い投資法」についての記事を書きました。

※過去記事「東証2部新規上場初値買い投資法を実行に移す」はこちら↓
http://cervorosso.blog.jp/archives/1065057252.html


昨日にウェーブロックホールディングスが東証2部に新規上場しましたので、「東証2部新規上場初値買い投資法」に基づいてウェーブロックホールディングスの株式を新規購入しました。

ウェーブロックホールディングスは、フルテック、グリーンズに続く3社目となります。

その結果、2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の現時点の進捗状況は次のとおりになりました。


nibu20170411

現時点では、北朝鮮情勢などの地政学リスクの高まりからリスクオフが進み、3社すべての株価が大きく下落しています。

しかしながら、短期の株価の値動きを気にすることなくルールどおりに行動することが何よりも大切であるため、東証1部指定承認のお知らせが発表される日の翌日まで株式を保有し続けます。

今後も当ブログにて不定期にはなりますが、2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の進捗状況をお知らせします。


高配当利回り株の先取り投資法の第1弾、終了

昨年9月3日に、当ブログにてローリスク・ミドルリターンの株式投資手法である「高配当利回り株の先取り投資法」のSRAホールディングスを取り上げてから、早いもので7か月が経過しました。

※過去記事「高配当利回り株の先取り投資法~東証1部上場、8か月後の配当利回り6.63%」はこちら↓
http://cervorosso.blog.jp/archives/1060750416.html


昨年9月に記事にしたときのSRAホールディングスの株価(2016年9月2日終値)は2,187円でした。
現在の株価(2017年4月10日終値)は2,981円まで上昇していて、7か月間で株価は+36.3%上昇しました。
良好な結果といえるのではないでしょうか。


そして、いよいよ来月のゴールデンウイーク明けにSRAホールディングスの本決算発表がやってきますが、一足早く高配当利回り株の先取り投資法を終了することになりました。

その理由は、本日発表された3月度の月次売上高です。
※詳細はこちら↓
http://www.sra-hd.co.jp/Portals/0/ir/ir-news/news/ir-news201703.pdf

残念ながら稼ぎどきの3月の売上高が失速してしまい、今期の業績未達(=売上未達、減収)が確実となってしまいました。

これまでに書いてきましたが、高配当利回り株の先取り投資法は、”東証1部上場の高配当利回りの会社の株式は、配当利回り4.0%の水準まで買われる(※配当性向100%以上または今期・来期の業績見通しが減収減益であるなど減配リスクが高い銘柄を除く)”という前提条件があります。

3月度の月次売上実績の結果、2017年3月期の業績が”減収”であることが決定的になったため、配当利回り4.0%の水準まで買われるという前提条件が崩れてしまいました。

この場合、2018年3月期業績予想が中期経営計画どおりの数値になったとしても、2017年3月期業績が未達となることで、高い目標を発表したのでは?大風呂敷を広げたのでは?と懐疑的な目を向けられることになり、配当利回り4.0%の水準までは買われずに、例えば4.5%前後の水準にとどまる可能性がでてきます。

もし、4.5%の水準までしか買われないとなれば、目標株価が当初の3,625円から3,220円に引き下がることになり、現在の2,981円という株価から上値はほとんどないことになってしまい、ローリスク・ミドルリターンではなく、ローリスク・ローリターンになります。

以上の結果、SRAホールディングスの高配当利回り株の先取り投資法は、7か月で+30%を超える収益を得ることができたという形でいったん終了とさせていただきます。

なお、今後、北朝鮮情勢リスク等によりリスクオフが進み、来月の決算発表までに株価が大きく下落した場合は、ローリスク・ローリターンからローリスク・ミドルリターンに戻りますが。

北朝鮮情勢とブラック・スワン

今日の下げは応えました・・・

日経平均株価が年初来安値を更新。
今年に入ってから株価が堅調に推移していた中小型好業績内需株は、総崩れの様相。


今月に入ってからの株価下落の要因は市場関係者からいろいろと伝わってきますが、個人的には北朝鮮情勢が不穏な感じです。

北朝鮮情勢が「ブラック・スワン」になった場合に備えて、資金・ポートフォリオ管理およびリスクコントロールにはくれぐれも気をつけたいところ。

ツイッターでもつぶやきましたが、今月は先月までと比べてボラティリティが高くなりそうですが、短期リバ取りという甘い誘惑には負けずに自分の運用方針・ルールを守っていきます。
短期リバ取りには紅の鹿の優位性はないということを肝に銘じて。

そして、信用を使ったナンピン買いはもってのほか。
買いポジションは現金(キャッシュ)の範囲内で。


北朝鮮情勢が「ブラック・スワン」になったとしても生き残れるように。

スポンサードリンク
自己紹介
紅の鹿。個人投資家。
スタジオジブリの映画「紅の豚」をこよなく愛する。

2005年に株式投資を開始しました。
2013年11月23日にlivedoorブログ「紅の鹿の日記」を開設。

2014年4月11日~2015年4月10日の1年間、「下落相場に強く、好業績が見込める企業に投資する」(※具体的には、以下の投資基準の両方または片方に適合する企業に投資する)という投資方針に基づいて株式投資を行い、1年間のパフォーマンスが+100%超えを記録しました。
・投資基準1:「2014年4月11日の株価が2014年1月1日より上昇している」かつ「今期、過去最高益を見込んでいる」企業に投資する
・投資基準2:「日経平均株価が急落した2014年10月1日~16日までの期間に株価が上昇している」かつ「好業績が見込める」企業に投資する

2014年10月29日から信用取引を開始。
2015年4~5月には、FPG株への投資で失敗。信用取引を封印。

2015年5月22日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を立ち上げ。

2015年7月24日に信用取引を解禁して、地方の食品スーパー5社へ集中投資を行う。

2015年8月24日に、数日前に公募増資を発表していたノジマの株式を買い増しするために食品スーパー5社の株式を売却。8月26日にノジマの公募増資の中止が決定。

2015年10月1日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を「紅の鹿の日記」へ移管・統合。

2015年10月からファンダ個別株投資・ベアETFヘッジ法(※ファンダメンタルズ分析に基づいて個別株を購入したときに、個別株を購入した金額と同額のベアETFも購入する投資手法)を実行に移す。高配当利回り株投資法、決算跨ぎ空売り投資法、アノマリー投資法なども実行に移す。

2015年12月に億り人(=株式投資で1億円を稼いだ個人投資家)になる。

2016年1月から個別株ショート(空売り)の勉強および実践に注力する。

2016年2月下旬から外国株式の高配当利回り株投資(配当貴族投資など)を実行する。
2016年3月末から配当成長株投資を本格化。

2016年6月に配当成長株投資を中止。ファンダ個別株投資に再び資金を集中させる。
年始からの複数のしくじり投資により、2016年8月に資産が8,000万円まで落ち込む。

2016年11月、投資資産1億円に回復(※パートナーエージェント、ゲンキーのおかげ)。
2016年12月31日、株式投資資産額1.07億円。

2017年の投資方針は「優位性がある投資手法」。具体的には、時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株。

2017年3月、株式投資資産額1.16億円。
2017年3月、東証2部新規上場初値買い投資法を実行する。
 ※当ブログはリンクフリーです。
 ※当ブログにはフィクションが含まれています。
 ※株式投資は自己責任でお願いします。

最新記事
記事検索
お気に入り株式投資ブログRSS
  • ライブドアブログ