紅の鹿の日記

金と女と自由と名声を手に入れられる飛行艇乗りになるために、飛行艇購入資金・操縦訓練費用・当面の生活費として資産2億円を目指す奮闘記です。「株式投資をしない鹿は、ただの鹿だ」

2013年12月13日の株式投資結果

紅の鹿 ▲0.56% 
(2013年9月1日来 ▲0.44%

日経平均 +0.40% 
(2013年9月1日来 +14.99%



日は売買なし。

主力6銘柄
のうち、エー・ピーカンパニーが+4.08%の2,144円に上昇しました。その一方、ユナイテッドが▲2.33%の3,350円、アドウェイズが▲2.99%の2,786円に下落しています。

mixi株は昨日の記事での予想通り、3日連続のストッ
プ安▲16.50%となりました。週明けの月曜日に4日連続のストップ安となるのでしょうか。おそろしや~。


さて、本日の日経新聞朝刊に興味深い記事が書いてありました。主な内容は次のとおりです。

『投資信託協会が12日発表した11月の概況によると、個人投資家が証券口座に預けた資金を運用する「マネー・リザーブ・ファンド」(MRF)と呼ばれるファンドの純資産残高が9兆7656円と過去最高になった。MRFは証券口座から引き出されず、投資家が次の投資機会をうかがう資金との性質もある。1月にNISAが始まれば、この待機資金が新たな投信や株式などの購入に向かうだろう。』

株式をたくさん保有している紅の鹿にとって、非常に心強い内容です。優遇証券税制の廃止に伴う換金売りが終わりNISAが始まる1月以降に再び株式市場に資金が流入し、株価の上昇が期待できそうです。



~  本日の Pick Up 株主優待株  ~

本日の13時に 9612 ラックランドが株主優待制度導入を発表し、ストップ高(+18.18%
の650円の終値となっています。

株主優待内容は、3,000円相当の地域物産品です。東日本大震災で被災した石巻や女川の物産品を選択できます。年間配当は15円です。
よって、総合(配当+優待)利回りは6.92%になります。

今期過去最高益を見込んでおり、総合利回りが高く、今月が権利月となるため週明けの月曜日も人気しそうです。
東証2部上場で優待新設とくれば、当然東証1部上場を狙っていると思われます。

紅の鹿もさっそく週明け月曜日に100株成行買い注文をしました!
欲しい人はお早めに~。ただし、高値掴みにはご注意を。

2013年12月12日の株式投資結果

紅の鹿 ▲0.48% 
(2013年9月1日来 +0.12%

日経平均 ▲1.12% 
(2013年9月1日来 +14.59%



本日は売買あり。
3178 チムニーを1,255円で100株購入。

主力6銘柄のうち、
ネクスが+2.73%の715円に上昇しました。その一方、コロプラが▲0.49%の2,864円、ユナイテッドが▲2.14%の3,430円に下落しました。アドウェイズは前日比変わらずでした。

mixi株が2日連続のストップ安▲19.84%となりましたね。明日もストップ安になる可能性が高そうです。やはり思惑で高騰した銘柄に手をだしたら危険!!
忘れずに心に刻んで今後の投資に活かします。


3178 チムニーを100株購入した理由は、東証1部を目指している東証2部企業であり、かつ12月が配当&株主優待の権利月だからです。
今日、昼休みに株価チェックしたところ1,250円の買い板が厚かったので、1,250円から下には下がらないかなと思い、権利月まであと約2週間ありますが誘惑に負けて買ってしまいました。
結局、1,248円まで下げてしまいましたが・・・
(当初は、最終権利日に買う予定だったのですが早まりました…)



さて、本日の日経新聞朝刊に書いてあったのですが、NISA口座で株式取引が開始になるのは、来年のお正月休み明けの1月6日(月)ではなく、12月26日(木)からのようですね。
間違えないように注意しましょう!

紅の鹿がNISA口座で買おうと思っている株式については、取引開始前に一度、このブログの別記事で取り上げたいと思います。



そして、いよいよ
明日は最新の四季報発売日です。
四季報の内容を受けて、急騰または急落する銘柄が続出するかもしれません。
明日は残念ながら仕事なので、四季報のチェックは週末にします。



~  本日の Pick Up 株主優待株  ~

12月末日決算の会社の権利付最終売買日は12月25日ですが、12月に株主優待制度を設けている一番有名な企業は、2702 日本マクドナルドホールディングスです。マクドナルドの株主優待がほしくて株を始めた人も多いのではないでしょうか。

12月9日に発表された11月度前年比既存店売上高は▲10.4%と苦戦していますが、優待人気に支えられてか株価は2,818円の高値圏をキープしています。

株主優待内容は、100株保有でマクドナルドの優待食事券(ハンバーガー類、サイドメニュー、ドリンクの無料引換券が6枚ずつで1冊)が年間で2冊(6月・12月)もらえます。300株保有で年間6冊、500株保有で年間10冊です。総合利回り(配当+優待)は、約3.2%です。(※優待食事券1冊3,000円換算)

なんと、500株保有していれば、


1年間で各種ハンバーガーセットを60個(60回)食べることができます!!


絶対太りますね(笑)



なお、紅の鹿は100株のみ保有しています。
お店が全国各地にあって非常に使い勝手が良いため、優待が届いたらいつも財布の中に入れて持ち歩いていますよ~。

2013年12月11日の株式投資結果

紅の鹿 ▲1.89% 
(2013年9月1日来 +0.60%

日経平均 ▲0.62% 
(2013年9月1日来 +15.98%



本日は売買あり。
4709 インフォメーション・ディベロップメントを580円で100株購入。

主力6銘柄のうち、アドウェイズが▲3.62%の2,872円、コロプラが▲6.56%の2,878円、ユナイテッドが▲2.91%の3,505円に下落しました。その他3銘柄もマイナスとなり、主力6銘柄はすべてマイナスの1日でした。

mixi株がストップ安となり、最近急騰していた新興市場の株式が一斉に売られた1日となりました。
mixi株は保有していませんが、今後の動きには要注目です。

4709 インフォメーション・ディベロップメントを100株購入した理由は、昨日引け後に東証2部への鞍替えを発表したからです。


さて、あさっての金曜日に最新版の四季報が発売されます。
紅の鹿は今回は紙の四季報は購入せず、保有銘柄および気になる会社については、楽天証券が提供している会社四季報でチェックする予定です。
四季報の内容によって、株価が急騰または急落する場合がありますので、ひととおり目を通しておきましょう~。

今週末は、四季報とにらめっこの方も多いでしょうね(笑)



~  本日の Pick Up 株主優待株  ~

本日引け後に6082 ライドオン・エクスプレスが株主優待制度の新設を発表しています。マザーズ上場から数日での発表となりました。
優待内容は、自社店舗(宅配寿司「銀のさら」など)で利用可能な優待券5,000円分です。権利月は3月になります。
株価は2,733円のため、優待利回りは1.83%となります。ちょっと物足りない数字です。
すぐにでも欲しいとはなりませんね。しばらくは様子見します。

2013年12月10日の株式投資結果

紅の鹿 +0.03% 
(2013年9月1日来 +2.49%

日経平均 ▲0.25% 
(2013年9月1日来 +16.60%



本日は売買あり。
6059 ウチヤマホールディングスを2,528円で100株購入。
3097 物語コーポレーションを3,135円で100株購入。

主力6銘柄のうち、アドウェイズが+2.62%の2,980円となり連日の年初来高値更新となっています。その一方、ユナイテッドは▲1.10%の3,610円、コロプラは▲3.90%の3,080円に下落しています。

ゲーム関連銘柄の株価が急騰していましたが、コロプラは蚊帳の外でした。


今日は会社の昼休みに株価チェックをしたときに、つい最近公募増資を発表して株価が下落していたウチヤマホールディングスと物語コーポレーションを100株ずつ購入しました。本当は、新株の受け渡し日まで購入を控える予定でしたが、我慢できずでした。

ウチヤマホールディングスは、東証1部を目指している東証2部銘柄収集の一環としての保有です。
物語コーポレーションは公募増資により20%の希薄化となりますが、公募増資発表後に株価は約20%下げましたので、これ以上の下落はないかなと思い購入しました。




~  本日の Pick Up 株主優待株  ~

本日引け後に3064 MonotaROが11月度の月次業績を発表しています。売上高は対前年同月比122.1%となり、3か月連続で120%を超えました。10月29日に業績下方修正を発表してから株価は低迷中ですが、そろそろ反発なるでしょうか。高PER(56.09)のため買いずらいですが・・・

株主優待制度は、権利月が今月で、100株以上保有で、「MonotaRO」ブランド約3,800点、「男前MonotaRO」ブランド約200点、「大阪魂」ブランド約99,200点の中から、お好みの商品を3,000円選ぶことができます。たくさんあって選びがいがありますよ~。

以前、紅の鹿は、文房具類(コピー用紙、クリアホルダー、スティックのり、修正液、封筒など)をいただきました。

2013年12月9日の株式投資結果

紅の鹿 +3.68% 
(2013年9月1日来 +2.45%

日経平均 +2.29% 
(2013年9月1日来 +16.89%



本日は売買あり。
3079 ディーブイエックスを1,851円で100株購入。
1420 サンヨーホームズを692円で100株購入。

主力6銘柄のうち、アドウェイズが+20.80%の2,904円のストップ高となりました。コロプラは+7.05%の3,205円、ユナイテッドは+4.73%の3,650円に上昇しました。その一方、ジャパンマテリアルは▲1.91%の2,157円に下がりました。

今日は東証1部に資金が集中して新興市場は弱いかなと思っていましたが、マザーズ指数が+3.78%
となるなど全面高の1日でした。株を買っていた人は皆ホクホクの1日でしたでしょうね。


その結果、紅の鹿の9月1日以来の投資成績がついにプラスに転じました!
(日経平均の上昇率に比べると物足りないですが・・・)

9月1日以来の投資成績は、最低限、プラスの状態でお正月を迎えたいものです。


そして、東証1部を目指している東証2部の企業の株をコツコツと集めていますが、本日は、ディーブイエックスとサンヨーホームズを100株のみ購入しました。ディーブイエックスは現在はジャスダック上場ですが、12日から東証2部に変更になります。
なお、ディーブイエックスの株主優待は100株保有でクオカード1,000円(権利月3月)です。
サンヨーホームズは株主優待制度はありませんが、某投資ブログで、「個人投資家向け説明会で社長が優待新設を検討していると話された。」と書いてあったので、近いうちに優待の新設が期待できそうです。



~  本日の Pick Up 株主優待株  ~

9896 JKホールディングスが先週金曜日引け後に公募増資を発表して、本日▲7.01%の557円に急落しました。公募増資と同時に増配が発表され、配当金は年間で12円予定(下期は7円に増配)となっています。
株主優待内容は100株保有でクオカード1,000円分が年1回(権利月3月)です。
総合(配当+優待)利回りは、3.97%です。
業績は好調で、今期は過去最高益を見込んでいるため、総合利回りが4%を超える550円以下の株価であれば買ってもよいかもしれません。

スポンサードリンク
自己紹介
紅の鹿。個人投資家。
スタジオジブリの映画「紅の豚」をこよなく愛する。

2005年に株式投資を開始しました。
2013年11月23日にlivedoorブログ「紅の鹿の日記」を開設。

2014年4月11日~2015年4月10日の1年間、「下落相場に強く、好業績が見込める企業に投資する」(※具体的には、以下の投資基準の両方または片方に適合する企業に投資する)という投資方針に基づいて株式投資を行い、1年間のパフォーマンスが+100%超えを記録しました。
・投資基準1:「2014年4月11日の株価が2014年1月1日より上昇している」かつ「今期、過去最高益を見込んでいる」企業に投資する
・投資基準2:「日経平均株価が急落した2014年10月1日~16日までの期間に株価が上昇している」かつ「好業績が見込める」企業に投資する

2014年10月29日から信用取引を開始。
2015年4~5月には、FPG株への投資で失敗。信用取引を封印。

2015年5月22日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を立ち上げ。

2015年7月24日に信用取引を解禁して、地方の食品スーパー5社へ集中投資を行う。

2015年8月24日に、数日前に公募増資を発表していたノジマの株式を買い増しするために食品スーパー5社の株式を売却。8月26日にノジマの公募増資の中止が決定。

2015年10月1日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を「紅の鹿の日記」へ移管・統合。

2015年10月からファンダ個別株投資・ベアETFヘッジ法(※ファンダメンタルズ分析に基づいて個別株を購入したときに、個別株を購入した金額と同額のベアETFも購入する投資手法)を実行に移す。高配当利回り株投資法、決算跨ぎ空売り投資法、アノマリー投資法なども実行に移す。

2015年12月に億り人(=株式投資で1億円を稼いだ個人投資家)になる。

2016年1月から個別株ショート(空売り)の勉強および実践に注力する。

2016年2月下旬から外国株式の高配当利回り株投資(配当貴族投資など)を実行する。
2016年3月末から配当成長株投資を本格化。

2016年6月に配当成長株投資を中止。ファンダ個別株投資に再び資金を集中させる。
年始からの複数のしくじり投資により、2016年8月に資産が8,000万円まで落ち込む。

2016年11月、投資資産1億円に回復(※パートナーエージェント、ゲンキーのおかげ)。
2016年12月31日、株式投資資産額1.07億円。

2017年の投資方針は「優位性がある投資手法」。具体的には、時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株。

2017年3月、株式投資資産額1.16億円。
2017年3月、東証2部新規上場初値買い投資法を実行する。
 ※当ブログはリンクフリーです。
 ※当ブログにはフィクションが含まれています。
 ※株式投資は自己責任でお願いします。

記事検索
お気に入り株式投資ブログRSS
  • ライブドアブログ