紅の鹿の日記

金と女と自由と名声を手に入れられる飛行艇乗りになるために、飛行艇購入資金・操縦訓練費用・当面の生活費として資産2億円を目指す奮闘記です。「株式投資をしない鹿は、ただの鹿だ」

2013年株式投資 総括

あけおめ!


さて、2013年が終わりましたので、2013年の株式投資による運用成績を総括します。



年初来
 +164.2%  (年初資産に対する収益率。配当込み、税引き後、追加入金除く。)



個人投資家のブログやTwitterをみていると、もっと凄い成績を上げられている方がたくさんおられますが、信用取引を使わずに現物取引のみでこの結果を残せたことには非常に満足!!!

悔やむべくは、日経平均が上昇した11月以降の波に乗れずに9月以降の成績がマイナスとなったことですね。
ただ、その中でもいろいろと実験的な試みもして経験を積むことができたのは今後に生きるかなと思っています。



<2013年の収益貢献度ベスト3>

1位  2497 ユナイテッド
2位  8728 マネースクウェア・ジャパン
3位  2489 アドウェイズ



資産のピークは、ユナイテッドが年初来高値の9,320円まで上昇した7月17日の場中でした。
結局、ユナイテッドの株をはじめて売却(一部売却)したのが、6,730円まで下がったとき。

やはり売り時というのは難しい・・・


ただ、2013年の収益の7割はユナイテッドで稼ぎました。
株価が3桁のときに購入していたのが大きかったですね。

ユナイテッドさまさまの1年でした。



マネースクウェア・ジャパンは、黒田日銀総裁就任により円安が進むと予想し、FX業者が儲かると考えて買い進みました。GWあたりまでは順調に株価が上昇して、2013年序盤の利益確保に貢献しました。
マネースクウェア・ジャパンを一部利確した資金でユナイテッドを購入できたわけで、マネースクウェア・ジャパンの株価上昇がなければ、ユナイテッドを購入できなかったかもです。



そして、株主優待株の中にも株価が2倍以上に上昇した銘柄も多かったのですが、株価が上昇すると総合利回りが悪くなるのが優待株投資の欠点ですね・・・

利回りが悪くなって売却した銘柄も多かったなぁ。

株主優待株は、優待がもらえる最低単元しか持っていない銘柄がほとんどだったため、収益の貢献度はそこまで大きくはありませんでした。



それにしても2013年は、出来過ぎの1年でした。
この結果に浮かれずに今年も株式投資を楽しみたいと思います。


そして飛行艇購入資金として資産1億円を目指します!

2014年1月1日の株式投資結果

紅の鹿 +0.69%
(2013年9月1日来 ▲4.67%

日経平均 休場 
(2013年9月1日来 +21.68%



日は売買なし。

本日は、アメリカ株のみの結果(米国市場2013年12月31日の結果)です。

ツイッターが+5.08%の63.65ドルと3日ぶりに反発しました。フェイスブックが+1.77%の54.66ドル、プライスラインが+0.82%の1162.40ドルに上昇しました。その一方、テスラ・モーターズは▲1.35%の150.38ドルと下げました。

2013年最終取引日(日本時間2014年1月1日)のダウは、1万6576.66ドルと連日の史上最高値の更新を達成しています。2014年も期待が持てそうですね。



紅の鹿の2013年の株式投資が終了しました。
2013年9月1日来の成績は、日経平均を26.35%アンダーパフォームする散々な結果に・・・

ただ、1年を通した成績では日経平均をアウトパフォームすることができ、株式投資を初めて以来最高の成績を得ることができたので、非常に恵まれた1年になりました。

2013年の総括はのちほど別記事にて。




さて、年も明けましたね。


あけましておめでとうございます。



米国市場は日本より早く1月2日(日本時間1月3日)からスタートしますので、
幸先良いスタートをきれたら良いなと思っています。

引き続き株式投資及びこのブログを続けていきますので今年もよろしくお願いします。





~  本日の Pick Up 株主優待株  ~

日本市場が休場のため、本日はお休みです。

2013年12月31日の株式投資結果

紅の鹿 ▲0.80%
(2013年9月1日来 ▲5.36%

日経平均 休場 
(2013年9月1日来 +21.68%



日は売買なし。

本日は、アメリカ株のみの結果です。

ツイッターが▲5.08%の60.51ドルと続落しています。フェイスブックが▲3.12%の53.71ドル、アマゾンが▲1.18%の393.37ドルに下げました。その一方、テスラ・モーターズは+0.87%の152.44ドルと反発しました。


ダウは、1万6504.29ドルと2営業日ぶりに史上最高値を更新しましたが、インターネットビジネス関連企業の株価は軟調でした。

紅の鹿は、2014年も引き続きインターネット関連市場の拡大が急速に進むと考えており、その恩恵を受ける企業を主力銘柄として保有しています。インターネットビジネス関連企業の株価は急騰・急落しやすいので、短期の動きに一喜一憂しすぎないようにします。


さて、某サイトで2014年上場予定の企業の記事がのっていましたが、紅の鹿がぜひとも株式を購入したい会社が3社ありました。
LINE、メタップス、Squareです。
3社ともインターネットビジネス関連の企業ですね。
Squareは、ツイッター社の共同創業者の一人であるジャック・ドーシーが創業した米国の会社で、スマートフォンやタブレットでクレジットカード決済を可能にするサービスを提供しています。



~  本日の Pick Up 株主優待株  ~

日本市場が休場のため、本日はお休みです。

2013年12月30日の株式投資結果

紅の鹿 +0.98%
(2013年9月1日来 ▲4.56%

日経平均 +0.69% 
(2013年9月1日来 +21.68%



日は売買なし。

本日は、日本株のみの結果です。

コロプラが+2.07%の2,960円、アドウェイズが+5.22%の2,925円に上昇しました。その一方、ソフトバンクは▲0.22%の9,200円と調整しています。


2013年最後の1日は、全面高の1日でしたね。保有している株主優待株も軒並み上昇していました。

結局、日経平均は1年間で56%上昇しました。
株式投資をしていた人にとっては、ほんとうにめぐまれた良い1年になりました。

すでにTwitterやブログで今年の成績を公表されている個人投資家もおられますが、紅の鹿は米国株を保有しているため、今夜と12月31日深夜の2日間の米国株市場が終わるまで2013年収支が確定しません(-_-;)



そして、今年最後の株主優待が一昨日に到着しました。

コロワイドの優待で選択した福井県のお米食べくらべ3品種(2kg×3品種)です。




新米です。

味の違いを楽しみながらいただきますよ!!!




~  本日の Pick Up 株主優待株  ~

2178 トライステージが、先週の金曜日引け後に発表した第3四半期が好調だったため+16.68%
の1,350円と急伸しました。
紅の鹿は4日前の12月26日までトライステージを保有していたのですが、一足早く損切りしてしまいました。無念・・・

株主優待制度の内容は、年2回(2月、8月)クオカード1000円分(年間2,000円分)です。
総合(配当+優待)利回りは2.96%になります。

主力銘柄損益状況(2013年12月29日時点)

紅の鹿が保有する主力8銘柄(日本株3銘柄、アメリカ株5銘柄)の平均取得単価、現在値、評価損益率(%)は次のとおりとなっています。


(1) コロプラ 3,154円, 2,900円, ▲8.05%
(2) アドウェイズ 2,748円, 2,780円, +1.16% 
(3) ソフトバンク 8,826円, 9,220円, +4.46% 
(4) テスラ・モーターズ 151.96ドル, 151.12ドル, ▲0.55% 
(5) アマゾン 400.29ドル, 398.08ドル, ▲0.55% 
(6) プライスライン 1183.00ドル, 1170.31ドル, ▲1.07% 
(7) フェイスブック 58.32ドル, 55.44ドル, ▲4.93% 
(8) ツイッター 72.65ドル, 63.75ドル, ▲12.25% 

   ※NISA口座のテスラ・モーターズは省略。



週間では、コロプラが
+2.5%、アドウェイズが+4.7%、ソフトバンクが+3.4%となりました。 
アメリカ株は週の途中での購入のため省略します。

NISA口座では、テスラ・モーターズの株式を購入しました。
944,473円分の利用となっており、残りの非課税枠は55,527円となっていました。

非課税枠は無駄にしたくないので、55,527円以内で買える良さげな株式を探さねば。



主力銘柄の入れ替えが無事終了しました。
2014年は、日本株3銘柄、アメリカ株5銘柄で勝負しますよ~!!

スポンサードリンク
自己紹介
紅の鹿。個人投資家。
スタジオジブリの映画「紅の豚」をこよなく愛する。

2005年に株式投資を開始しました。
2013年11月23日にlivedoorブログ「紅の鹿の日記」を開設。

2014年4月11日~2015年4月10日の1年間、「下落相場に強く、好業績が見込める企業に投資する」(※具体的には、以下の投資基準の両方または片方に適合する企業に投資する)という投資方針に基づいて株式投資を行い、1年間のパフォーマンスが+100%超えを記録しました。
・投資基準1:「2014年4月11日の株価が2014年1月1日より上昇している」かつ「今期、過去最高益を見込んでいる」企業に投資する
・投資基準2:「日経平均株価が急落した2014年10月1日~16日までの期間に株価が上昇している」かつ「好業績が見込める」企業に投資する

2014年10月29日から信用取引を開始。
2015年4~5月には、FPG株への投資で失敗。信用取引を封印。

2015年5月22日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を立ち上げ。

2015年7月24日に信用取引を解禁して、地方の食品スーパー5社へ集中投資を行う。

2015年8月24日に、数日前に公募増資を発表していたノジマの株式を買い増しするために食品スーパー5社の株式を売却。8月26日にノジマの公募増資の中止が決定。

2015年10月1日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を「紅の鹿の日記」へ移管・統合。

2015年10月からファンダ個別株投資・ベアETFヘッジ法(※ファンダメンタルズ分析に基づいて個別株を購入したときに、個別株を購入した金額と同額のベアETFも購入する投資手法)を実行に移す。高配当利回り株投資法、決算跨ぎ空売り投資法、アノマリー投資法なども実行に移す。

2015年12月に億り人(=株式投資で1億円を稼いだ個人投資家)になる。

2016年1月から個別株ショート(空売り)の勉強および実践に注力する。

2016年2月下旬から外国株式の高配当利回り株投資(配当貴族投資など)を実行する。
2016年3月末から配当成長株投資を本格化。

2016年6月に配当成長株投資を中止。ファンダ個別株投資に再び資金を集中させる。
年始からの複数のしくじり投資により、2016年8月に資産が8,000万円まで落ち込む。

2016年11月、投資資産1億円に回復(※パートナーエージェント、ゲンキーのおかげ)。
2016年12月31日、株式投資資産額1.07億円。

2017年の投資方針は「優位性がある投資手法」。具体的には、時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株。

2017年3月、株式投資資産額1.16億円。
2017年3月、東証2部新規上場初値買い投資法を実行する。
 ※当ブログはリンクフリーです。
 ※当ブログにはフィクションが含まれています。
 ※株式投資は自己責任でお願いします。

最新記事
記事検索
お気に入り株式投資ブログRSS
  • ライブドアブログ