紅の鹿の日記

金と女と自由と名声を手に入れられる飛行艇乗りになるために、飛行艇購入資金・操縦訓練費用・当面の生活費として資産2億円を目指す奮闘記です。「株式投資をしない鹿は、ただの鹿だ」

2017年の東証2部新規上場初値買い投資法(2017年6月9日時点)

今年に入って、ローリスク・ミドルリターンの投資手法である「東証2部新規上場初値買い投資法」についての記事を書きました。

※過去記事「東証2部新規上場初値買い投資法(過去10年データ一覧)」はこちら
http://cervorosso.blog.jp/archives/1065690919.html



それでは早速ですが、現時点の2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の進捗状況をみてみましょう。

2017年に東証2部に新規上場した会社は、フルテック、グリーンズ、ウェーブロックホールディングスの3社です。
その結果、2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の現時点の進捗状況は次のとおりになりました。

nibu20170609

上場初値と比べてフルテックとグリーンズの株価は下落していますが、ウェーブロックホールディングスの株価が大きく上昇したことによって、3社単純平均パフォーマンスは+14.3%となっています。

しばらくは何もすることがなさそうです。

2017年に東証2部に新規上場する4社目の会社の登場は何月になるのでしょうか。


なお、過去10年のデータからこの投資法の優位性が示されているため、短期の株価の値動きを気にすることなくルールどおりに行動することが何よりも大切です。

規律と忍耐をもって。

※今後も当ブログにて不定期にはなりますが、2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の進捗状況をお知らせします。


2017年の東証2部新規上場初値買い投資法(2017年5月26日時点)

今年に入って、ローリスク・ミドルリターンの投資手法である「東証2部新規上場初値買い投資法」についての記事を書きました。

※過去記事「東証2部新規上場初値買い投資法(過去10年データ一覧)」はこちら
http://cervorosso.blog.jp/archives/1065690919.html



それでは早速ですが、現時点の2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の進捗状況をみてみましょう。

2017年に東証2部に新規上場した会社は、フルテック、グリーンズ、ウェーブロックホールディングスの3社です。
その結果、2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の現時点の進捗状況は次のとおりになりました。

nibu20170526

上場初値と比べてフルテックとグリーンズの株価は下落していますが、ウェーブロックホールディングスの株価が大きく上昇したことによって、3社単純平均パフォーマンスは+15.5%となっています。

5月2日時点では3社単純平均パフォーマンスが▲12.3%大幅マイナス、5月12日時点では▲3.9%のマイナス、5月22日時点では+0.2%の微プラスでしたが、このたび+15.5%とパフォーマンスが大きく伸びてきました。
1社目のフルテックの新規上場から約2か月が経過しましたが、順調なスタートが切れたと思っています。

さて、最近になって来月に新規上場する会社が続々と発表されていますが、残念ながら現時点では来月以降に東証2部に新規上場する会社は0社です。
2017年に東証2部に新規上場する4社目の会社の登場が待たれますね。


なお、過去10年のデータからこの投資法の優位性が示されているため、短期の株価の値動きを気にすることなくルールどおりに行動することが何よりも大切です。

規律と忍耐をもって。

※今後も当ブログにて不定期にはなりますが、2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の進捗状況をお知らせします。


2017年の東証2部新規上場初値買い投資法(2017年5月22日時点)

今年に入って、ローリスク・ミドルリターンの投資手法である「東証2部新規上場初値買い投資法」についての記事を書きました。

※過去記事「東証2部新規上場初値買い投資法(過去10年データ一覧)」はこちら
http://cervorosso.blog.jp/archives/1065690919.html



それでは早速ですが、現時点の2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の進捗状況をみてみましょう。

2017年に東証2部に新規上場した会社は、フルテック、グリーンズ、ウェーブロックホールディングスの3社です。
その結果、2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の現時点の進捗状況は次のとおりになりました。

nibu20170522

上場初値と比べてフルテックとグリーンズの株価は下落していますが、ウェーブロックホールディングスの株価が大きく上昇したことによって、3社単純平均パフォーマンスは+0.2%となっています。

5月2日時点では3社単純平均パフォーマンスが▲12.3%大幅マイナス、5月12日時点では▲3.9%のマイナスでしたが、このたびプラ転しました。

なお、過去10年のデータからこの投資法の優位性が示されているため、短期の株価の値動きを気にすることなくルールどおりに行動することが何よりも大切です。

規律と忍耐をもって。

※今後も当ブログにて不定期にはなりますが、2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の進捗状況をお知らせします。


2017年の東証2部新規上場初値買い投資法(2017年5月12日時点)

今年に入って、ローリスク・ミドルリターンの投資手法である「東証2部新規上場初値買い投資法」についての記事を書きました。

※過去記事「東証2部新規上場初値買い投資法(過去10年データ一覧)」はこちら
http://cervorosso.blog.jp/archives/1065690919.html



2017年に東証2部に新規上場した会社(3社)の決算が出揃った区切りの良い時期ですので、現時点の2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の進捗状況をみてみましょう。

2017年に東証2部に新規上場した会社は、フルテック、グリーンズ、ウェーブロックホールディングスの3社です。

その結果、2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の現時点の進捗状況は次のとおりになりました。

nibu20170512

フルテックとグリーンズの株価は、決算発表後もほとんど動かず。
その一方、好決算を発表したウェーブロックホールディングスの株価は大きく上昇しました。

5月2日時点では、3社単純平均パフォーマンスは▲12.3%と大幅マイナスでしたが、現時点(5月12日終値)では▲3.9%まで改善しました。

なお、過去10年のデータからこの投資法の優位性が示されているため、短期の株価の値動きを気にすることなくルールどおりに行動することが何よりも大切です。

規律と忍耐をもって。

※今後も当ブログにて不定期にはなりますが、2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の進捗状況をお知らせします。


2017年の東証2部新規上場初値買い投資法(2017年5月3日時点)

今年に入って、ローリスク・ミドルリターンの投資手法である「東証2部新規上場初値買い投資法」についての記事を書きました。

※過去記事「東証2部新規上場初値買い投資法(過去10年データ一覧)」はこちら
http://cervorosso.blog.jp/archives/1065690919.html



昨日に過去10年のデータをまとめ終えた区切りの良い時期ですので、現時点の2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の進捗状況をみてみましょう。

2017年に東証2部に新規上場した会社は、フルテック、グリーンズ、ウェーブロックホールディングスの3社です。

その結果、2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の現時点の進捗状況は次のとおりになりました。


nibu20170503

現時点では、3社すべての株価が下落しています。

しかしながら、過去10年のデータからこの投資法の優位性が示されているため、短期の株価の値動きを気にすることなくルールどおりに行動することが何よりも大切です。

規律と忍耐をもって。

※今後も当ブログにて不定期にはなりますが、2017年の「東証2部新規上場初値買い投資法」の進捗状況をお知らせします。


スポンサードリンク
自己紹介
紅の鹿。個人投資家。
スタジオジブリの映画「紅の豚」をこよなく愛する。

2005年に株式投資を開始しました。
2013年11月23日にlivedoorブログ「紅の鹿の日記」を開設。

2014年4月11日~2015年4月10日の1年間、「下落相場に強く、好業績が見込める企業に投資する」(※具体的には、以下の投資基準の両方または片方に適合する企業に投資する)という投資方針に基づいて株式投資を行い、1年間のパフォーマンスが+100%超えを記録しました。
・投資基準1:「2014年4月11日の株価が2014年1月1日より上昇している」かつ「今期、過去最高益を見込んでいる」企業に投資する
・投資基準2:「日経平均株価が急落した2014年10月1日~16日までの期間に株価が上昇している」かつ「好業績が見込める」企業に投資する

2014年10月29日から信用取引を開始。
2015年4~5月には、FPG株への投資で失敗。信用取引を封印。

2015年5月22日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を立ち上げ。

2015年7月24日に信用取引を解禁して、地方の食品スーパー5社へ集中投資を行う。

2015年8月24日に、数日前に公募増資を発表していたノジマの株式を買い増しするために食品スーパー5社の株式を売却。8月26日にノジマの公募増資の中止が決定。

2015年10月1日にlivedoorブログ「紅の鹿投信」を「紅の鹿の日記」へ移管・統合。

2015年10月からファンダ個別株投資・ベアETFヘッジ法(※ファンダメンタルズ分析に基づいて個別株を購入したときに、個別株を購入した金額と同額のベアETFも購入する投資手法)を実行に移す。高配当利回り株投資法、決算跨ぎ空売り投資法、アノマリー投資法なども実行に移す。

2015年12月に億り人(=株式投資で1億円を稼いだ個人投資家)になる。

2016年1月から個別株ショート(空売り)の勉強および実践に注力する。

2016年2月下旬から外国株式の高配当利回り株投資(配当貴族投資など)を実行する。
2016年3月末から配当成長株投資を本格化。

2016年6月に配当成長株投資を中止。ファンダ個別株投資に再び資金を集中させる。
年始からの複数のしくじり投資により、2016年8月に資産が8,000万円まで落ち込む。

2016年11月、投資資産1億円に回復(※パートナーエージェント、ゲンキーのおかげ)。
2016年12月31日、株式投資資産額1.07億円。

2017年の投資方針は「優位性がある投資手法」。具体的には、時間軸は、短期ではなく、12か月以上の中長期。株式銘柄選別は、テーマ株ではなく、小売・外食・サービス株または増配が期待できる高配当利回り株。

2017年3月、株式投資資産額1.16億円。
2017年3月、東証2部新規上場初値買い投資法を実行する。
 ※当ブログはリンクフリーです。
 ※当ブログにはフィクションが含まれています。
 ※株式投資は自己責任でお願いします。

最新記事
記事検索
お気に入り株式投資ブログRSS
  • ライブドアブログ